動脈硬化症、動脈硬化症予防、動脈硬化症改善
サメ軟骨の情報
動脈硬化症
骨粗鬆症
乾癬症
変形関節症
サメ軟骨のこだわり
サメの生息地
サメ軟骨の製造会社
サメ軟骨の はたらき
 
ショッピングのご案内
商品のお届け
お支払い方法
ご購入
お試し用
プライバシーの保護


 動脈硬化症
 
 

身体のすみずみまで栄養を行き届かせている動脈。動脈をはじめとする血管は弾力性に富んでいますが、年をとるとともに血管も老化現象が起こります。弾力性が失われて硬くなったり、内部にさまざまな物質が沈着して血管の通り道が狭くなり、流れが滞るような状態を「動脈硬化」といいます。
また、動脈硬化が起こることが原因で、身体にさまざまな症状が現れているものを「動脈硬化症」といいます。

 動脈硬化の種類
動脈硬化には、どの動脈に起こるか、またその起こり方によって3つのタイプに分けることができます。
アテローム(粥状)硬化 大動脈や脳動脈、冠動脈などの比較的太い動脈に起こる動脈硬化をいいます。しかし、どのような起こり方をするのかは不明な点が多いのですが、動脈の内膜にコレステロールなどの脂肪からなるドロドロした粥状物質がたまってアテローム(粥状硬化巣)ができ、次第に肥厚することで動脈の内腔が狭くなるといわれています。
中膜硬化
動脈の中膜に石灰質がたまって骨化します。中膜が壊れやすくなり、血管壁が破れることもあります。大動脈や下肢の動脈、頚部の動脈に起こりやすい動脈硬化です。
細動脈硬化
脳や腎臓の中の細い動脈が硬化して血流が滞る動脈硬化です。高血圧症が長く続いて引き起こされることの多いのが特徴です。

 動脈硬化の危険因子
動脈硬化の危険因子にはさまざまな要素があり、加齢や性差、遺伝的要因なども危険因子の一つと考えられています。しかしその多くは、生活の乱れを正すことで予防できるものもあります。また因子がいくつも重なると、動脈硬化の危険性が高くなると考えてもよいでしょう。
高脂血症
血液の中に含まれている脂肪には、「コレステロール」「リン脂質」「遊離脂肪酸」「中性脂肪」があります。いずれの脂肪も、細胞膜やホルモンを作ったり、エネルギー源のひとつでもあり、身体が正常に働くためには欠かせない成分です。しかし、それぞれの脂肪が血液中に平均的に含まれているときは問題ありませんが、どれかの値が正常よりも高い場合を「高脂血症」といいます。
なかでも病気の原因となるのが、「コレステロール」と「中性脂肪」で、それぞれ「高コレステロール血症」「高中性脂肪血症」とよんでいます。
高血圧
血圧は、血液が体内を循環するときに血管壁にかかる抵抗(圧力)をいいます。高血圧は、年をとって血管が硬くなったり動脈硬化によって血管の内腔が狭いと、強い圧力で血液を流さなければなりません。これが高血圧で、この状態が長く続くと血管壁がもろくなり動脈硬化が起こる原因になるのです。
糖尿病
糖尿病は、膵臓のインスリン分泌作用の障害で血液中の糖分の濃度が高い状態なる病気です。慢性の高血糖が続くと高血圧や高脂血症などの合併症が起こりやすくなり、それによって動脈硬化が進行します。
肥満
食生活の偏りによって引き起こされる肥満は、高脂血症や高血圧、糖尿病などの病気の原因となり、それにより動脈硬化が促進されるといった悪循環の元となります。
痛風
血液中の尿酸値が高くなる痛風では、高脂血症を伴っている場合が多く、動脈硬化の危険因子とされています。
食事や嗜好品
肉類や乳製品などに偏った食事や、大食い、不規則な時間での食事などは、高脂血症、高血圧、肥満を招きます。さらに喫煙は血管に悪影響を与え、アルコール類は高脂血症や糖尿病、肥満、痛風などの原因となります。
運動不足
運動不足はエネルギー消費量が減少し、余分なエネルギーの蓄積が肥満を引き起こします。
ストレス
精神的・肉体的ストレスは血圧を上昇させたり、偏食、嗜好品の多量摂取につながり、ひいては肥満やそのほか動脈硬化の要因となる病気の原因となります。
加齢や性差
老化は皮膚などを衰えさせるように、血管の柔軟性を失わせます。動脈硬化は10歳代から始まるといわれていますが、とくに中高年以降は病気になる確率も高くなり、動脈硬化の危険性がより高まります。
また、男性のほうが女性よりも動脈硬化の進む傾向が見られますが、女性も閉経後はホルモンの関係で動脈硬化の危険性が高まります。
遺伝
高血圧や高脂血症など遺伝的になりやすいといわれています。また、食生活などは親から子へと影響を与えやすく、それによって動脈硬化の誘因となる病気などを招いているともいえます。

 動脈硬化の起こりやすい部位と病気
動脈硬化は全身の動脈で起こりますが、その部位によって病気とその症状が異なります。動脈硬化のおもに起こりやすい部位と病気をご紹介します。
動  脈
病  名
症     状
脳動脈、頚動脈
脳梗塞、脳出血、
老年性痴呆症など
脳に酸素や栄養を運ぶ動脈が脳動脈や頚動脈です。動脈硬化によって血流が途絶えて起こるのが脳梗塞、もろくなった血管が破裂して出血を起こすのが脳出血です。脳血管障害による痴呆症は、脳の動脈硬化により脳梗塞や脳出血が起こり脳のある部分が障害を受けてボケなどの症状が現れることをいいます。
冠動脈
狭心症、心筋梗塞など
心臓に酸素や栄養を運んでいる冠動脈。動脈硬化によって内腔が狭くなり血流量が減ると心臓が酸素不足に陥り、胸の痛みや息苦しさを伴う発作を起こします。これが狭心症です。さらに、冠動脈の動脈硬化の部分が血栓で完全に詰まった状態になった場合を心筋梗塞といい、激しい胸痛や呼吸困難、脈の乱れを起こします。
胸部大動脈や
腹部大動脈
 大動脈瘤
動脈硬化が原因となって動脈の一部がふくれて瘤のようなものがつくられることを動脈瘤といい、できる部位によって胸部大動脈瘤や腹部大動脈に分けられます。瘤のできた部分が破裂して大出血を起こしショック状態になり、短時間で死亡することもある危険な病気です。
腎動脈
 腎硬化症
高血圧が長期間続くと腎臓の中の細い動脈の硬化が起こり、腎臓機能が衰えて硬化と萎縮を起こし、機能障害となります。
末梢動脈
閉塞性動脈硬化症
下肢の動脈に硬化が起こり血流が滞ると、下肢のしびれや疼痛などの症状が現れます。なかでも間欠性跛行(かんけつせいはこう)といって、動脈硬化によって酸素が不足し歩くと痛みあり、少し休むと血流が戻って痛みがおさまる症状が特徴的です。症状が進行すると足指に栄養が行き届かなくなり、壊死することもあります。

 動脈硬化の検査と診断
動脈硬化が心配されるときには、まず危険因子の第一にあげられる「高脂血症」かどうかを判断するために血液検査で血清中の脂肪量を測定します。

 動脈硬化を予防するには
動脈硬化は目に見えないところで、静かに進行していき、症状として現れたときに注意しても遅すぎるものです。
食事や運動など、日頃の生活習慣を改めていくことが動脈硬化を防ぐ近道です。
【食事】
動脈硬化を促進させる肥満や高血圧、高脂血症を防ぐために、「毎日規則正しい時間にとる」「栄養バランスを考え偏食や過食しない」ようにして食事を摂ることを心がけましょう。
【運動】
身体に無理をかけない適度な運動(ウォーキング、水泳、水中ウォーキング、体操など)を、楽しく長く続けることが大切です。

サメ軟骨コンドロイチンのはたらき

総合的に動脈硬化を予防、改善
サメ軟骨コンドロイチン硫酸は、血液中にコレステロールが増えるのを防ぐ一方で、血管壁にコレステロールが沈着するのを抑える
働きがあります。つまり、血液の清浄と血管の強化という二つの側面から、動脈硬化の阻止に働きます。さらに、サメ軟骨コンドロイチン硫酸は軽いながらも血栓を防ぐ働きがあるので、その補給は血栓性の疾患を防ぐうえでも有効です。

                          サメ軟骨コンドロイチンのご紹介     

私たちは、何よりもお客様の安全とご満足を大切に致したいと思っております。
天然100%の副作用がない健康食品でも、
私たちの経験では、人により合う、合わないもあるようです
初めてサメ軟骨をお飲みになる方
いきなり商品をお求めになることが心配の方へ
他社商品をお飲みになられて実感が持てない方へ
一度安い価格のお試し用でお試しいただくことをお勧めしております。
ご自分に合うかどうか試されてから、ご判断されても遅くはございません。
 


サメ軟骨DXの良さをご実感頂く為に
  サメ軟骨DX お試用定価2,400円を特別価格1,400円にてご準備いたしております

サメ軟骨DXのお試用お申し込みはこちらから

今ならお試し用申し込みの皆様に
内容量350mg×20カプセルですとサメ軟骨の小冊子をプレゼントしています
*服用目安1日6〜9カプセル(*3日〜5日の目安で服用下さい)



サメ軟骨DX純粋100%
サメ軟骨DX純粋100%のご注文はこちらから
純粋サメの軟骨 100%
健康食品:コンドロイチン1カプセル当たりの栄養成分表示
エネルギー: 0.76Kcal 
たんぱく質:105mg  
脂質:7mg   
炭水化物:14mg 
ナトリュウム:0.75mg     
添加物:無添加 
原産地:ペルー
製造会社:ビダ・ナチュラル社
品質保証:ペルー衛生省(ペルー衛生省食品衛生登録商品)
品質保証期間:2009年5月 
植物由来カプセル(NPcaps)
輸入検査:社団法人 日本衛生協会 食品衛生研究所  輸入許可:東京免疫所
注意:当ホームページは、エーサプリメント によって、制作、管理、運営されております。
よって、内容、画像などを権利者に無断で複製、改変、第三者への譲渡、販売、頒布など、行うことを固く禁止致します。
Copyright c 2005 a-supplement.Co Ltd, All rights reserved