妊娠しやすい日と排卵日
排卵日を特定できるようになれば妊娠のコントロールはしやすくなります。排卵日のサインを知る方法は、基礎体温表をつける、排卵日後の出血、おりもの、排卵痛、唾液を調べる、排卵検査薬でサインを知る、などです。 
    妊娠しやすい日と排卵日

 妊娠しやすくなる方法
何でも食べて、規則正しい生活をすることです。それに排卵日をしっかりと確認することです。広く見積もっても、排卵日の前3日から、後1日しか妊娠できません。
 妊娠しやすい時期
ズバリ、排卵日とその前後です。より厳密にいうと、排卵日の3日前〜排卵日の1日後くらいの時期です。 卵子は、およそ24時間生き続けます。精子は、およそ3日間生き続けます。
したがって、排卵日の3日前にセックスした精子は、生き続けて、排卵日に、めでたく受精する可能性があり、また、排卵日の1日後にセックスした場合、卵子がまだ生きているので、受精する可能性が出てくるのです。 こうしたことから、排卵日を中心にして、前3日、後1日、合計5日間が、最も妊娠しやすい時期になるわけです。
 排卵日は、どうやって知るのでしょう
基礎体温法
排卵日を知る方法はさまざまありますが、最も一般的で、また、確実性の高い方法が、基礎体温法です。基礎体温法では、毎日基礎体温をはかり、それをグラフにすることによって、排卵日を特定します。2,3ヶ月測定するうちに、基礎体温表にある特徴が出てくるはずです。
つまり、体温が高い時期と、体温が低い時期が、それとなく区別できるようになるでしょう。
これが、いわゆる「高温期」、「低温期」と呼ばれているものです。一般的に、月経が始まってから2週間ほどは「低温期」が続きます。そして、この「低温期」の最後のところで、グッと、さらにまた体温が下がってから、その翌日から、どんどん体温が上がっていきます。つまり、ここからが「高温期」になるわけです。ところで、「低温期」の最後に、いったんさらに体温が下がる日、この日が、排卵日になるのです。
子宮頚管粘膜法
子宮頚管粘膜は時期によって粘度がかわります。月経4から5日後から粘りのある粘液が出てきます。その2から3日後からサラサラの粘液が出てきて、排卵直前に、糸を引くぐらいの粘度の高い粘液になります。
中間痛
中間痛は卵巣から排卵する時におきるものです左右の下腹部が痛くなってくる、あるいは左右どちらかにキュッとした痛みがおこります。妊娠を希望している人にとって、排卵日は特別大切な日となります。きちんと計算して、排卵日をみつけましょう。
LH検査法
血液中のホルモンであるLHの値は排卵前に急激に上昇し、そして下降します。この急激な下降によって排卵がおこります。LHが一定値を超えることで24時間内の排卵を予測できます。尿中LHの判定薬は薬局で7日分3000円くらいで購入できます。
超音波断層法
超音波で卵胞を測定し、排卵時の大きさ(18から24mm)と現在の大きさの差から排卵日を割り出す方法です。超音波の機械を膣に入れて検査します。痛みや副作用はないようです。
ホルモン測定法
卵胞ホルモンとを測定します。卵胞ホルモンがピークになるとLHサージが起きて、続いて排卵が起きます。排卵日の計算方法は、いくつかありますけど、それぞれに合った方法で試してみてください。いくつかの計算方法を併用されると、より一層妊娠の確率が高くなります。

妊娠しやすいからだずくり
 妊娠しやすい体質にするためには栄養のバランスが必要です
ビタミンや ミネラルなどの栄養素は、私たちが健康で、はつらつと暮らしていくためには不可欠です。そのため栄養素が不足すると、「疲れやすい」「カゼをひきやすい」「なかなか眠れない」「イライラしやす」などの不快症状を引き起こす原因になってしまうのです。それだけだはありません。生体機能そのものの乱れも生じ、ホルモンの分泌やバランスを悪化させてしまいますから、不妊症も栄養素不足が引き起こす症状の一つであるとも考えられます。生殖機能のリズムを正し、妊娠しやすい体質にするためには、栄養バランスをととのえることもたいせつです。
 体がさびついては妊娠ができなくなります
ビタミンやミネラルなどの栄養素には、細胞の若さを保ち、ホルモンを活性化させるなどの働きがあります。もし、これらの栄養素が不足すると、体内は酸化しさびつき、全身の機能が老化してしまいます。その結果、血液循環も悪くなり、ホルモン分泌も衰えがちに。妊娠もむずかしくなってしまうのです。食事だけで必要な栄養素を摂取できない場合、サプリメントで補うことをおすすめいたします。栄養がまんべんなく行き届けば、コンディションがととのえられ、健康体を維持。妊娠に必要なホルモンも十分つくれるようになり、生殖機能の活性化も期待できます。

妊娠できない原因
 環境ホルモンの影響
妊娠できない原因は、まだ特定されていなせんが、大気の汚染や食生活(インスタント食品など)食品の保存や着色物質の他、ポリ袋やプラスチック容器に入ったものを、電子レンジで温めるとプラスチックが熱されたときに浸出する化学物質や、ほとんどの殺虫剤に使用されている内分泌撹乱化学物質、いわゆる環境ホルモンと呼ばれる一連の化学物質が動物の生殖システム(妊娠)に大きな影響をもたらしている場合多いようです。
 ホルモンバランスの崩れ
女性の妊娠できない原因のほとんどの場合は、子宮内の血液の循環が悪く血液がスムーズに流れておりませんし、ホルモンの分泌が悪く、大きくて立派な卵子が成長しないことが妊娠をさまたげているようです。又、黄体の機能が悪いため子宮内膜の状態が悪くせっかくの受精卵が子宮内膜に着床しにくくなって妊娠を難しくしているようです。 脳にある下垂体にホルモンの分泌を指示する視床下部は、自律神経のコントロールもしているので、ストレスなどの影響を受けやすく、そのためにホルモンのバランスをくずします。

妊娠するためには
男性の精子の数と精子の運動能力の向上、及び女性のホルモン分泌を促進し、健全な立派な卵子を成長せせること、また10ヶ月間胎児を育てていけるだけの体内環境を整えることが、不可欠と思われます。

妊娠したい
妊娠しやすいからだずくりのためには男女ともひごろから気をつけたいことがいくつかあります。意識して努力しましょう。

妊娠と排卵日
妊娠するためには、自分の排卵日を正確に知ることが最も大切です。排卵の前後が最も妊娠しやすい時期だからです。

妊娠基本検査 ・妊娠検査
基本検査は、ほとんどのご夫婦がうけるものです。 基本検査の結果次第で今後の検査や治療が決まりますから、早いうちに受けておくことがたいせつです。

妊娠しやすいからだ
太りすぎもやせすぎもそれぞれ不妊の原因になります。「太りすぎ」はホルモンのバランスが崩れ、「やせすぎ」は生理の異常がでてきます。

二人目妊娠
一人目はすぐ妊娠できたのに、二人目はできない。これを「二人目に不妊」といいます。「不妊かも」と思えば思うほど妊娠が遠ざかります。

妊娠基礎体温
妊娠と基礎体温は大きな関係があり、妊娠するために3ヵ月、基礎体温表をつけ自分の基礎体温のパターンを知りましょう。妊娠のために大いに役立ちます。

妊娠のしくみ
妊娠は大きく分けて「排卵」「受精」 「着床」という三段階のプロセスがあります。どれもスムーズに進むころが大切です。

妊娠しやすい食事
妊娠しやすいからだづくりためには最も大事です。栄養のバランスを考え、からだの内側から改善することを考えましょう。

妊娠生活
ゆったりとした服装、女性には冷えにも注意が必要です。体内の血行を良くすることを意識しましょう。血行がわるくなると、妊娠機能に影響を与えます。

妊娠と女性ホルモン
女性のライフサイクルに大きく関わっているのが卵巣から分泌される女性ホルモンです。排卵や月経が周期的に起こるのは妊娠と出産の準備です。


妊娠ガイド
妊娠知識
妊娠したい
妊娠基礎体温
妊娠と排卵日
妊娠しくみ
妊娠基本検査・妊娠検査
妊娠しやすい食事
妊娠しやすいからだ
妊娠生活
二人目妊娠
妊娠と女性ホルモン
 コウノトリの羽の知識
コウノトリの羽
コウノトリの安全性
当店のご案内
お問い合わせ
法律に関する表示
お支払いと送料
ご購入
個人情報の保護
会社概要
                       Copyright c 2005 a-supplement.Co Ltd, All rights reserved