冷え性対策の食べ物
食べすぎ、飲みすぎは冷えにもよくありません。摂取したエネルギーは、体の中でよく燃えるようにするのが、冷え性にならない食べ方です。ここでは体を冷やす食べ方、体を温める食べ方にについて説明いたします。
     冷え性と食事

冷え性を防ぐ基本は「寒・温」の食べ物を知ることから

現代生活は、どうしても体が陰性に傾きやすく、冷え性の原因となるので、陽性のものをとって体温を温める必要があります。
しかし、陽性のものだけ食べていると、陰性のものに対する抵抗力が失われてしまいます。
体を温めるものを中心にして、冷やすものを少しだけ食べる、という食事を心がけましょう。

食品を選ぶ目安としては、次のように考えるといいでしょう。
夏(暑い土地)にできる野菜は、涼をとるのに適しています。
冬(寒い土地)にできる野菜は、体を温めるものが多いようです。
旬の食べ物を食べるのは、自然の摂理にもかなっています。
農薬を使ったものや、添加物入りの食物は、最も陰性の食物です。

冷え性にはウーロン茶、紅茶はおすすめです。

ウーロン茶は体を温めてくらます。そのメカニズムについてははっきりと解明されていませんが、半発酵茶のウーロン茶、発酵茶の紅茶が温の性質であることから考えて、なんらかの形で発酵が関係していると思われます。
なお、冷え性ぎものかたは、必ず熱いお茶を飲むことを。冷やして飲んだのでは、体を温める効果は期待できません。

冷え性のかたのおやつは、さつまいもがおすすめです。

砂糖は、体を冷やす寒涼食の代表。
冷え性のかたにはおすすめできない食品です、どうしてもおやつがを食べたいときは、さつまいもがおすすめです。
さつまいもは脾・胃を補い、血行をよくして、胃を温め、五臓を肥やします。
つまり、胃をはじめとする消化器を丈夫にして、体に元気をつけ、血行を促進することから、冷え性や貧血のも効果的、というわけです。

冷え性の予防はスパイスの薬効で。

多くのスパイスには、体を温める効果があります。
冷え性の予防のために、毎日の食事にじょうずにとり入れたいものです。
主なスパイスの特徴をあげてみます。

ういきょう
胃腸の調子をととのえる働きがあります。
腎や膀胱系にも働くため、冷えて下腹部が痛むときや、膀胱炎などにも効きます。
解毒作用、去痰作用、鎮痛作用もあります。
こしょう
胃腸を温め、調子をととのえます。
特に気が逆上しているのしずめる働きがあるため、冷え性による使用か不良で嘔吐がはげしいときに効きます。
筋肉のこりを除く作用もありますので、かぜの初期にもいいものです。

さんしょう
胃腸を温めて食欲を進めるとともに、魚や肉の毒を消す作用があります。
また、消炎、利尿、鎮痛作用、かぜを治す、などの働きがあります。
とうがらし
最も体を温める作用が強いスパイスです。
特に消化器系を温めて、食欲を増進させる効果があります。
また、除湿作用があるので、梅雨どきや夏の蒸し暑いころ食べると、発汗を促して新陳代謝を活発にします。
このほかにもサフラン、ハッカ、しようが、しそといった香りの強いものが冷え性には効果があります。


冷え性の解消食材はねぎ

冷え性には温・辛の性質を持った食べ物がいいのですが、その代表がねぎなのです。
辛の食物には、肺や大腸の働きを高める作用がありますので、体に抵抗力をつけ、寒けが体に侵入するのを防ぎます。
そのうえ温の性質が働くので、体のしんからポカポカと温めてくれます。
冷え性の予防のために、ねぎをみそ汁などに入れ、積極的に食べるようにしましょう。


    冷え性ガイド
冷え性知識

冷え性とは

 冷え性はとらえどこのない病気、現代人の体の不調におおきくかかわってきます。

冷え性の原因

 体が冷えると、血液の循環が悪くなり、そして体のバランスをくずしていきます。

冷え性と自律神経

 人間の体には、本来微妙な体温調節機能が備わっていますが、冷えはその調節機能を乱します。

冷え性と女性

  女性と冷えの関係、それは、冷えをためがちな女性の体のメカニズムと関係があります。

冷え性と男性

 冷えは女性だけではありません、男性にも冷え性は現れます。


冷え性解消

冷え性と食事

 摂取したエネルギーは、体の中でよく燃えるようにするのが、冷えを防ぐ食べ物です。

冷え性と入浴

 正しい冷えのとり方、温まり方、汗の出し方を知って、体のしんから冷えを治しましょう。

冷え性と運動・呼吸

 冷えの原因のひとつは、運動不足、新陳代謝を高め、エネルギーが燃えやすい体にしましょう。



冷え性症状

冷え性のトラブル

 冷えは、自律神経の働きを乱し、体じゅうにさまざまなトラブルを起こします。

冷え性とホルモンバラス

  冷えとホルモンとは、相関関係にあるといっていいほど、お互いに深く影響し合っています。




マカ冷え性の改善に期待されています
マカには新陳代謝を活性化し体全体の生命力を強くする細胞賦活作用や、自律神経のバランスを保つ女性ホルモン(エストロゲン)の効果をもつ他、すぐれた抗酸化作用で血管を若く保つだけでなく、弾力性ある血管で老化を防ぎ冷え性の緩和に期待されています。     >>>冷え性緩和に期待されるマカのご案内


冷え性知識
冷え性
冷え性の原因
冷え性と自律神経
冷え性と女性
冷え性と男性
冷え性解消
冷え性と食事
冷え性と入浴
冷え性と運動・呼吸
冷え性症状
冷え性のトラブル
冷え性とホルモンバランス
     マカの知識
マカについて
マカの栽培地
マカの加工会社
当店のご案内
お問い合わせ
法律に関する表示
お支払いと送料
ご購入
お試し用お申し込み
個人情報の保護
会社概要


                       Copyright c 2005 a-supplement.Co Ltd, All rights reserved