冷え性と自律神経
人間の体には、本来絶妙な体温調節機能が備わっていますが、「冷え」はその調節機能を乱し、そのためにさまざまな症状があらわれます。暑いとき、寒いときでは自律神経の働きも変わります。冷え性と自律神経は深い関係にあるのです。
     冷え性と自律神経

自律神経のみだれは冷え性のサイン

体には、絶妙な体温調節装置があります。
私たちが37度前後の体温を維持できているのは、この装置(自律神経系)のおかげです。
たとえば、外気温が下がり寒くなると、皮膚にあるセンサーは、この情報をキャッチして脳(視床下部)にある体温調節中枢に伝えます。
これを受けて体温調節中枢は、体内でつくられる熱の量や放出する量を調整します。

自律神経には、交感神経と、副交感神経とがあり、呼吸、血圧、発汗、排尿、排便など、体じゅうの機能を活発にしたり抑えたりして、生命を維持しています。

自律神経とは、体じゅうに張りめぐらされたコードのようなもので、オンとオフをきりかえながら、体の機能を調節していますが、冷えに長年さらされつづけていると、この切りかえ装置に乱れ生じ、その結果、広汎に自律神経の不調症状があらわれるのです。

冷え性の人にいちばん多いのがこの自律神経失調タイプ。
自律神経失調症とまではいかないまでも、何らかの原因で交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまっているために、血行が悪くなっているのです。

自律神経がうまく機能しなくなる(自律神経失調症)ため、脳内の自律神経から体温調節のための指令が体の各器官にうまく送られなくなります。

自律神経は、喜怒哀楽などの感情をコントロールする神経中枢(交感神経、副交感神経)
の影響を受けているため、強いストレスが続くと上手に機能しなくなることがあります。

自律神経は、女性ホルモンの分泌をコントロールする神経とも密接な関係にありこのため、出産・閉経時などに自律神経のバランスが崩れ、冷え性になる女性が多いのです。

冷え性は、体じゅうのバランスのくずれ

冷え性は、体の中の血液の循環が悪くなっても起こりまし、水のバランスがくずれ、余分なところに水がとどこうることによっても起こります。
さらにまた、臓器の働きが落ちたりホルモンのバランスがくずれて新陳代謝が悪くなっても起こります。

体じゅうが冷えきっていくと、自律神経が乱れて、さまざまな症状が起きてきます。
乱れの原因となって冷え性を解消しない限り、症状は治らないのです。


    冷え性ガイド
冷え性知識

冷え性とは

 冷え性はとらえどこのない病気、現代人の体の不調におおきくかかわってきます。

冷え性の原因

 体が冷えると、血液の循環が悪くなり、そして体のバランスをくずしていきます。

冷え性と自律神経

 人間の体には、本来微妙な体温調節機能が備わっていますが、冷えはその調節機能を乱します。

冷え性と女性

  女性と冷えの関係、それは、冷えをためがちな女性の体のメカニズムと関係があります。

冷え性と男性

 冷えは女性だけではありません、男性にも冷え性は現れます。


冷え性改善

冷え性と食事

 摂取したエネルギーは、体の中でよく燃えるようにするのが、冷えを防ぐ食べ物です。

冷え性と入浴

 正しい冷えのとり方、温まり方、汗の出し方を知って、体のしんから冷えを治しましょう。

冷え性と運動・呼吸

 冷えの原因のひとつは、運動不足、新陳代謝を高め、エネルギーが燃えやすい体にしましょう。



冷え性症状

冷え性のトラブル

 冷えは、自律神経の働きを乱し、体じゅうにさまざまなトラブルを起こします。

冷え性とホルモンバラス

  冷えとホルモンとは、相関関係にあるといっていいほど、お互いに深く影響し合っています。




マカ冷え性の改善に期待されています
マカには新陳代謝を活性化し体全体の生命力を強くする細胞賦活作用や、自律神経のバランスを保つ女性ホルモン(エストロゲン)の効果をもつ他、すぐれた抗酸化作用で血管を若く保つだけでなく、弾力性ある血管で老化を防ぎ冷え性の緩和に期待されています。     >>>冷え性緩和に期待されるマカのご案内


冷え性知識
冷え性
冷え性の原因
冷え性と自律神経
冷え性と女性
冷え性と男性
冷え性改善
冷え性と食事
冷え性と入浴
冷え性と運動・呼吸
冷え性症状
冷え性のトラブル
冷え性とホルモンバランス
     マカの知識
マカについて
マカの栽培地
マカの加工会社
当店のご案内
お問い合わせ
法律に関する表示
お支払いと送料
ご購入
お試し用お申し込み
個人情報の保護
会社概要


                       Copyright c 2005 a-supplement.Co Ltd, All rights reserved