冷え性と入浴
冷え性改善に毎日の入浴が冷え性に負けない体をつくります。お湯の温度ひとつでも、入浴効果は違ってきます。
正しい冷えのとり方、温まり方、汗の出し方を知って、体のしんから冷え性を改善しましょう。
     冷え性と入浴

冷え性改善の入浴

シャワーよりは湯ぶねに入る。
シャワーには、水圧で肩や腰などを部分的にマッサージする効果がありますが、体を温めるという面からみると、ほとんど効果はありません。
一年じゅうシャワーだけという人は、体のしんが温まっていないので、しだいに冷え性なってしまいます。

お湯は、ぬるめにする。
熱い湯は、交感神経を刺激して血管を収縮させ、体の表面だけを急激に温めてバリアをつくってしまいます。
体のしんが温まらないので、ふろから上がってから冷めるのも早いのです。
体温より少し高い38度〜40度くらいの、ぬるめのお湯にじっくり入れば、体のしんが温まり、汗も出て代謝がよくなり湯冷めもしません。

下半身を中心に温める。
肩まですっぽり入る全身浴は、冷えた足元より、上半身だけが先に温まってしまいがち。
そうなると、もう足元が温まることはありません。
体のエネルギーである「気」は、下から上がっていって、いったん上がると下がりません。
上だけ熱いのぼせは、けっして体が温まった状態とはいえません。

ふろ上がりは、下から着る。
温まった体を冷やさないためには、すぐくつ下、ズボンなどをはいて下半身から体温をが逃げないようにしてください。
暑いときは、上半身は裸でもかまいません。
逆に、足は素足のままガウンだけはおるスタイルでは、上が温かく下が冷たい状態ですので、かぜをひきやすくなります。

冷え性改善の半身浴

冷え性に最も効果があるのが、ぬるめのお湯の半身浴(腰湯)です。
半身浴は、汗がよく出ますので、水はけのいい体づくりに有効です。
夏のクラー対策にもいちばん。
冷え性の人は水太りになっているケースも多いのですが、半身浴を根気よくつづけると、体重が減ってきます。

生まれつ虚証の人は、胃腸が弱くやせているひとが多いもの。
半身浴は、体をしんから温めて内臓の働きをととのえます
こういうタイプは、半身浴をつづけているうちに体重がふえてきます。

つらい月経痛、更年期障害による不定愁訴などは、下腹部の血のめぐりをよくする半身浴がいちばん。
ホルモンバランスのくずれによってできたシミなども、半身浴で代謝がよくなると、色がしだいに薄くなっていきます。

ぬるめのお湯は、交感神経の働きを高めます
血管が広がり、筋肉がリラックスして、血液が全身にスムーズにめぐるようになります。
お湯の温かさがじんわりと、体の中を通って冷え性を改善します。
ストレスで疲れた神経をやわらげ
、安眠を誘います。

冷え性改善と足湯
下痢、腹痛、頭痛、月経痛などがあって体調がわるい、かぜぎみのとき、またはケガをして入浴ができないというときは、足湯で冷え性を改善してください。
足湯のコツ
バケツに38〜40度ほどの、ぬるめのお湯を入れます。
お湯の量は、足を入れたとき足首の上くらいになる程度。コップ半分のあら塩を加えます。
あら塩のアクは、体の老廃物を湯の中に引っぱり出してくれます。

いすにすわって、両足の指先から静かに、湯に入れていきます。

5分たったら、ひざがしらの下にある足の三里ツボの高さまで湯がくるように、同じ38〜40度くらいのぬるま湯を足していき、さらに5分つけます。

足をつけている時間は、合計で10分くらいから始めてください。
足をつけて5分ほどで、全身がポカポカと温まり、汗が出て気持ちよくなります。

汗をかうので、上半身は薄着にして、すぐ汗をふけるようにしておいてください。


あら塩の足湯が終わったら、いったんタオルでふき、もう一度、こんどはぬるま湯だけつけて足の塩分を落とし、再度タオルでよくふきます。

毎日やる場合は、まず3週間つづけてみてください。足先や腰の冷えが、しだいにとれていって、足が疲れにくくなります。

冷え性改善足の裏こすり
足の裏のブラシこすりは、自分でせきる手軽な冷え性改善ツボ療法です。
足の裏には、さまざまなツボが集中しています。
ツボは、体の不調につながる入り口ですから、ここを刺激してやれば、経路のナットワークを通して、内臓の調子をととのえたり、自律神経やホルモンのバランスをよくしてやることもできるわけです。
といっても、ツボ療法は素人にはなかなかむずかしそうです。
でも、こんな方法だったらだれにもできるのではないでしょうか。
それが、足の裏こすりです。
ブラシや軽石、たわしなどで足の裏をまんべんなくこするだけでいい方法です。

    冷え性ガイド
冷え性知識

冷え性とは

 冷え性はとらえどこのない病気、現代人の体の不調におおきくかかわってきます。

冷え性の原因

 体が冷えると、血液の循環が悪くなり、そして体のバランスをくずしていきます。

冷え性と自律神経

 人間の体には、本来微妙な体温調節機能が備わっていますが、冷えはその調節機能を乱します。

冷え性と女性

  女性と冷えの関係、それは、冷えをためがちな女性の体のメカニズムと関係があります。

冷え性と男性

 冷えは女性だけではありません、男性にも冷え性は現れます。


冷え性解消

冷え性と食事

 摂取したエネルギーは、体の中でよく燃えるようにするのが、冷えを防ぐ食べ物です。

冷え性と入浴

 正しい冷えのとり方、温まり方、汗の出し方を知って、体のしんから冷えを治しましょう。

冷え性と運動・呼吸

 冷えの原因のひとつは、運動不足、新陳代謝を高め、エネルギーが燃えやすい体にしましょう。



冷え性症状

冷え性のトラブル

 冷えは、自律神経の働きを乱し、体じゅうにさまざまなトラブルを起こします。

冷え性とホルモンバラス

  冷えとホルモンとは、相関関係にあるといっていいほど、お互いに深く影響し合っています。




マカ冷え性の改善に期待されています
マカには新陳代謝を活性化し体全体の生命力を強くする細胞賦活作用や、自律神経のバランスを保つ女性ホルモン(エストロゲン)の効果をもつ他、すぐれた抗酸化作用で血管を若く保つだけでなく、弾力性ある血管で老化を防ぎ冷え性の緩和に期待されています。     >>>冷え性緩和に期待されるマカのご案内


冷え性知識
冷え性
冷え性の原因
冷え性と自律神経
冷え性と女性
冷え性と男性
冷え性解消
冷え性と食事
冷え性と入浴
冷え性と運動・呼吸
冷え性症状
冷え性のトラブル
冷え性とホルモンバランス
     マカの知識
マカについて
マカの栽培地
マカの加工会社
当店のご案内
お問い合わせ
法律に関する表示
お支払いと送料
ご購入
お試し用お申し込み
個人情報の保護
会社概要


                       Copyright c 2005 a-supplement.Co Ltd, All rights reserved