冷え性のトラブル
体を冷やすことで血行不良がおこり、内臓のさまざまな疾患につながります。
たとえば頭痛・肩こり・腰痛・便秘・下痢・生理痛・生理不順・肌荒れなどは冷え性が原因になっています。
     冷え性のトラブル

頭痛・肩こり

体が冷えると、心臓から遠いところにある手足や腰の血行が悪くなり、血液が上半身に集中してしまいます。
そのため、指先が冷たくなったり腰痛などが起こります。
また、疲労物質が上半身の筋肉にたまり、頭痛・肩こりを引き起こす原因にもなります。

生理痛・生理不順

冷えはあらゆる内臓の働きを乱します。特に下半身は冷えやすく、女性は男性よりも体が冷えやすいのです。
そして、女性の骨盤内にある子宮や卵巣は排卵を可能にするために特に血液を多く必要とします。
体が冷えると体内の血液循環が悪くなるため骨盤内の血流も不足して、子宮・卵巣が正常に働かなくなり、生理不順を引き起こします。
また、運動不足、睡眠不足、ストレスも冷えを招いて骨盤内の血流不足の原因となってしまいます。

腰痛
腰は体の要です。冷えによる血行不良やストレスから腰痛になることも少なくありません。
また、仙骨部分(骨盤のうしろ、お尻の割れ目の上のあたり)の冷えから腰痛になることもあります。

肌荒れ
体が冷えると真っ先に手足の血行が悪くなり、やがて全身の血行不良に発展します。
その結果、老廃物の処理がスムーズにできなくなり、細胞の活動が衰えるために、肌荒れ・シミ・シワなどの原因になります。

便秘・下痢  

冷えによって腸の働きが鈍り、それが便秘を引き起こすことがあります。
冷えで便秘になる人は、腸が丈夫な人。逆に腸が弱い人は下痢の症状が現れます。


    冷え性ガイド
冷え性知識

冷え性とは

 冷え性はとらえどこのない病気、現代人の体の不調におおきくかかわってきます。

冷え性の原因

 体が冷えると、血液の循環が悪くなり、そして体のバランスをくずしていきます。

冷え性と自律神経

 人間の体には、本来微妙な体温調節機能が備わっていますが、冷えはその調節機能を乱します。

冷え性と女性

  女性と冷えの関係、それは、冷えをためがちな女性の体のメカニズムと関係があります。

冷え性と男性

 冷えは女性だけではありません、男性にも冷え性は現れます。


冷え性解消

冷え性と食事

 摂取したエネルギーは、体の中でよく燃えるようにするのが、冷えを防ぐ食べ物です。

冷え性と入浴

 正しい冷えのとり方、温まり方、汗の出し方を知って、体のしんから冷えを治しましょう。

冷え性と運動・呼吸

 冷えの原因のひとつは、運動不足、新陳代謝を高め、エネルギーが燃えやすい体にしましょう。



冷え性症状

冷え性のトラブル

 冷えは、自律神経の働きを乱し、体じゅうにさまざまなトラブルを起こします。

冷え性とホルモンバラス

  冷えとホルモンとは、相関関係にあるといっていいほど、お互いに深く影響し合っています。




マカ冷え性の改善に期待されています
マカには新陳代謝を活性化し体全体の生命力を強くする細胞賦活作用や、自律神経のバランスを保つ女性ホルモン(エストロゲン)の効果をもつ他、すぐれた抗酸化作用で血管を若く保つだけでなく、弾力性ある血管で老化を防ぎ冷え性の緩和に期待されています。     >>>冷え性緩和に期待されるマカのご案内


冷え性知識
冷え性
冷え性の原因
冷え性と自律神経
冷え性と女性
冷え性と男性
冷え性解消
冷え性と食事
冷え性と入浴
冷え性と運動・呼吸
冷え性症状
冷え性のトラブル
冷え性とホルモンバランス
     マカの知識
マカについて
マカの栽培地
マカの加工会社
当店のご案内
お問い合わせ
法律に関する表示
お支払いと送料
ご購入
お試し用お申し込み
個人情報の保護
会社概要


                       Copyright c 2005 a-supplement.Co Ltd, All rights reserved