冷え性と呼吸・運動
冷え性の原因のひとつは、運動不足にあります。といっても過激なエクササイズは必要ありません。新陳代謝を高め、エネルギーが燃えやすい体にすればいいのです。
病気に傾いた体をケアするのが呼吸や運動の役割です。
     冷え性と呼吸・運動

冷え性改善と複式呼吸

呼吸の第一は、吸うことではなく吐ききること。
現代人は、息が浅くなっているといわれます。
冷え性がの人が多くなったり、ゼンソクの人がふえているのも、この「胸で息をする」浅い呼吸と関係がありそうです。
呼吸でたいせつなのは、まず体内の汚れた空気を吐き出すこと。
吐ききってしまえば、空気(酸素)は自然に吸い込まれてきます。

ゆっりとした複式呼吸は、自律神経をととのえます。
自律神経は、体じゅうの機能を意思にかかわりなく調節していますが、その自律神経の機能のうち、ただひとつ私たちの意思どおりになるのが呼吸です。
つまり、呼吸を深く安らかに調整できれば、心臓を動かしたり、血管を収縮・拡張させたり、汗をだしたり抑えたりする自律神経の機能を、順調に働かせるようになります。
複式呼吸は、自律神経をコントロールする最も確かな方法です。

冷え性は体のゆがみが原因

冷え性改善の骨盤体操は更年期世代だけでなく、若い女性にもおすすめです。
骨盤の周辺は、女性にとって最もケアしなければいけない体の中心です。
冷え性のひとは骨盤の血の流れをよくすることは最重要ポイントです。
骨盤には関節がたくさんあり、それは伸びたり縮んだりして、よくゆがむことがあります。
するとその周囲にある神経や血管、骨盤内にある卵巣や子宮などの臓器にまで悪い影響を与え、機能を低下させます。

ハイヒールは冷え性の原因
ハイヒールをはくと、強制的にかかとが押し上げられ、つま先が押し下げられます。
すると、体はその状態でバランスを保とうとするため、足の関節に無理に力が加わります。
その結果、足くびやひざの関節、骨盤などにゆがみを起こし、腰痛や肩こり、月経痛などの原因ともなります。

ハイヒールを
はきつづけると、足の脛骨(すねの骨)が微妙に前方へずれ、その影響でふくらはぎから腰にかけての筋肉が硬直して、血液の流れが悪くなって冷え性になることもあります。
ハイヒール
は冷え防止のためにはあまりおすすめできないはき物です。

冷え性改善は全身ストレッチ
骨格のゆがみにはストレッチが効果的。ストレスにも効きます。
ハイヒールの影響は、骨盤や足くび、ひざの関節、腰椎、股関節などの骨格のゆがみ、といった形で出ることがあります。
こうした足や腰のゆがみは、毎日エクササイズをつづけて矯正してやると、冷え性は改善されていきます。

    冷え性ガイド
冷え性知識

冷え性とは

 冷え性はとらえどこのない病気、現代人の体の不調におおきくかかわってきます。

冷え性の原因

 体が冷えると、血液の循環が悪くなり、そして体のバランスをくずしていきます。

冷え性と自律神経

 人間の体には、本来微妙な体温調節機能が備わっていますが、冷えはその調節機能を乱します。

冷え性と女性

  女性と冷えの関係、それは、冷えをためがちな女性の体のメカニズムと関係があります。

冷え性と男性

 冷えは女性だけではありません、男性にも冷え性は現れます。


冷え性解消

冷え性と食事

 摂取したエネルギーは、体の中でよく燃えるようにするのが、冷えを防ぐ食べ物です。

冷え性と入浴

 正しい冷えのとり方、温まり方、汗の出し方を知って、体のしんから冷えを治しましょう。

冷え性と運動・呼吸

 冷えの原因のひとつは、運動不足、新陳代謝を高め、エネルギーが燃えやすい体にしましょう。



冷え性症状

冷え性のトラブル

 冷えは、自律神経の働きを乱し、体じゅうにさまざまなトラブルを起こします。

冷え性とホルモンバラス

  冷えとホルモンとは、相関関係にあるといっていいほど、お互いに深く影響し合っています。




マカ冷え性の改善に期待されています
マカには新陳代謝を活性化し体全体の生命力を強くする細胞賦活作用や、自律神経のバランスを保つ女性ホルモン(エストロゲン)の効果をもつ他、すぐれた抗酸化作用で血管を若く保つだけでなく、弾力性ある血管で老化を防ぎ冷え性の緩和に期待されています。     >>>冷え性緩和に期待されるマカのご案内


冷え性知識
冷え性
冷え性の原因
冷え性と自律神経
冷え性と女性
冷え性と男性
冷え性解消
冷え性と食事
冷え性と入浴
冷え性と運動・呼吸
冷え性症状
冷え性のトラブル
冷え性とホルモンバランス
     マカの知識
マカについて
マカの栽培地
マカの加工会社
当店のご案内
お問い合わせ
法律に関する表示
お支払いと送料
ご購入
お試し用お申し込み
個人情報の保護
会社概要


                       Copyright c 2005 a-supplement.Co Ltd, All rights reserved