膝の痛み 原因

膝の痛み 原因
膝の痛み 原因
膝蓋骨の大腿骨との間にある関節軟骨が軟化し変形する病気です。
膝の使いすぎが原因で起こる病気で、長距離ランナーに多くみられるところから、ランナー膝ともいいます。
スポーツ障害の一種しても考えられますが、ほかに膝蓋骨のケガが原因で関節軟骨が傷ついても起こります。また、膝蓋大腿関節脱臼や亜脱臼、X脚など生まれつきな膝蓋骨の関節になんらかの問題を持つ人に発症するケースも多いようです。
そのほかにも関節軟骨の栄養障害も原因になります。また、20才前後の若い女性に多く発症するのもこの病気の特徴といえます。

さまざまな悪化要因
膝関節症は、過大な荷重が膝にかかることで関節軟骨が徐々に傷み、構造が破壊されることから始まりますが、なぜ関節軟骨が破壊されるのか、その原因については、まだはっきり解明されていません。
また、次のような人は膝関節症になりやすく、さらに進行・悪化しやすい傾向があります。
ただし、これらは原因ではありませんから、すべての人が膝関節症になるというわけではありません。
体重が重い人
スポーツや肉体労働で膝を酷使した人
O脚やX脚の人
背骨や骨盤、股関節、足関節などが変形している人
太ももの筋力が低下している人
半月板や靭帯の損傷などや、慢性関節リウマチ、痛風、偽痛風などによる膝の関節炎で、関節軟骨が傷んだ人

過度の活動やスポーツによる原因
階段の上り下りや山登り、ジョキング、各種スポーツなどをしすぎると、膝関節症が悪化することがあります。
歩くことと走ることでは、膝にかかる負担の大きさが違います。理論的に計算すると、平地を歩くだけでも体重の約3〜8倍もの垂直方向の圧縮力が膝にかかり、階段の上り下りやジョキングになると、さらにその何倍もの負担が膝にかかることになります。
健康な成人が1か月に200キロメートル以上ジョキングすると、膝が痛んだり、膝に関節液がたまる頻度が明らかに高まることが知られ

膝をひねると、膝関節症は悪化しやすい
階段の上り下りや山登り、ジョキングなどでは、膝を捻挫する可能性が高まります。外力がかかり、動かせる範囲以上に関節が動いて靭帯などの軟部組織が傷つくことを捻挫といいますが、捻挫すると、関節軟骨は傷つきやすくなります。
砂利道やすべりやすい道、段差があるところを歩くときや、正座やあぐらから立ち上がるとき、横座りすりときは注意が必要です。
また、ジャンプ、ストップ、ダッシュ、サイドステップ(横に足を踏み出すこと)、ジグザクに走るなどのスポーツの多い動作も、膝をひねりやすいため、十分注意しなければなりません。

体重の増加による原因
膝は、座っているとき以外は常に体重を支えているわけですから、体重が増えるにつれて膝の負担も増加し、関節軟骨が傷みやすくなり、膝関節症の進行も早まります。
平地を歩いているときで体重の3〜8倍、階段の上り下りや走っているときでは、その何倍もの荷重が膝にかかります。このため、体重が1キログラム増えるだけで、平地を歩くときでも3キログラム以上、階段の上り下りやジョキングで6キログラム以上の負担が増えることになるのです。

太ももの筋肉が体重を支えている
高いところから飛び下りるときには、だれでも着地する瞬間には膝を軽く曲げます。
着地に合わせてゆっくり膝を曲げることで、膝にかかる衝撃を緩和しているわけですが、このときもっとも要求されるのが、膝を伸ばす筋力、つまり太ももの前面にある大腿四頭筋の筋力です。膝を伸ばす筋力が十分に備わっていないと、着地した瞬間の体重を支えられず、膝が折れてしまいます。もちろん、大腿四頭筋の筋力が必要になるのは、高いところから飛び下りるときだけではありません。
歩くときや走るときなど、何をするときでも、常に大腿四頭筋は体重を支えるという重要な役割を担っています。
大腿四頭筋の筋肉が衰えると、膝を曲げながら体重を支えることができないために、膝を伸ばしたまま歩くようになります。そのため、膝の同じ箇所に大きな力が繰り返しかかり、その部分の関節軟骨が傷つき、また劣化して、膝関節症が発症したり、悪化するきっかけとなります。

O脚やX脚は変形・傷みも増悪させる
O脚変形やX脚変形は、膝にかかる圧力を偏らせて膝関節症を発症させ、膝の痛みを起こす原因になります。
たとえばO脚変形は、主に膝の内側に体重が集中するため、その部分の関節軟骨が傷を受けたり劣化しやすくなり、しだいにすり減ってきます。
その結果、ますますO脚変形が顕著になり、膝関節症は悪化していきます。
一方、X脚変形の場合も膝の外側に体重が集中しやすいため、 ますますX脚変形が進み、膝関節症が悪化します。
膝関節症の場合は、病気が進行する過程で、膝の内側や外側に負担が集中しやすいため、O脚変形やX脚変形が起きやすいという特徴があります。膝にこのような変形がいったん起こると、変形はより進み、痛みもますます激しくなるとい悪循環が起こります。


つらい関節痛を克服するにはトラブルの根本へ働きかけることが大切です。
すなわち、「鎮痛」「血行促進」「免疫機能正常化」という3方向からのアプローチが重要となります。そこで役立つのがキャッツクローです。
キャッツクローは、インカ帝国時代からの伝承薬で、特徴は、リウマチ,変形関節炎からくる関節痛の緩和,鎮静する作用です。
その他にも抗酸化,免疫活性化作用が示唆されています。
今日では、優れた鎮痛作用、リウマチやガン・エイズといった難病に対する研究から世界的に認められている、メディカルハーブです。
1994年、WHO(世界保健機関)がキャッツクローを公式に薬用植物として認定しています。
また、アメリカでは、「免疫活性を向上させる」ことは、特許として認められています。
原産国ペルーではフジモリ大統領がキャッツクロー保護法を成立し、同時にキャッツクローの育成も奨励したおかげで、世界中で利用することが可能となっています。




関節の痛みをサポート
価格:6,300円(税込み)
送料:無料
決済手数料:無料
         名称:キャッツクロースーパーDX
内容量: 100カプセル(30g)
目安:1日3回、食後30分以内に、水又は100%オレンジジュースで1回につき1〜2カプセルを目安にお飲みください。
原料:キャッツクロー
原産地:ペルー
成分:キャッツクロー樹皮粉末
製造会社:ビダ・ナチュラル社(ペルー)
品質保証:ペルー厚生省
検査:社団法人 日本食品衛生協会 食品衛生研究所
食品衛生登録商品
植物由来カプセル(NPcaps)


カテゴリー
膝の痛み
膝の痛み 症状
膝の痛み 原因
膝の痛み 治療
膝の痛み 半月版損傷
膝の痛み リウマチ
膝の痛み 痛風
コンテンツ
膝蓋軟骨軟化症
たな障害
関節鼠
膝蓋骨脱臼
キャッツクローの知識
キャッツクローとは
キャッツクローの働き
キャッツクローのこだわり
  キャッツクローの栽培地
キャッツクローの加工会社
当店のご案内
お問い合わせ
法律に関する表示
お試し用お申し込み
お支払いと送料
ご購入
個人情報の保護
会社概要

                       Copyright c 2005 a-supplement.Co Ltd, All rights reserved