膝の痛み リウマチ 

膝の痛み リウマチ

膝関節症と関節リウマチの違い
膝関節症と関節リウマチ
膝関節症と同じように、関節に痛みや腫れが起こる病気に「関節リウマチ」があります。
関節に起こる症状は似ていますが、その原因や病気の進み方には違いがあり、その治療法もそれぞれ異なります。
膝関節症は、膝関節の異常によって痛みを発症する疾病です。確かに膝関節症も重篤な状態になれば、歩行困難など日常生活に支障をきたします。
しかし膝関節症のように膝関節の痛みのみならず、全身の関節が痛む・変形する疾病があります。その疾病こそ、慢性関節リウマチなのです。

膝関節症と関節リウマチ症状の違い
慢性関節リウマチの初期症状は膝関節症と同じように、「関節にこわばり感があり、動かしにくい」「微熱・倦怠感が続く」状態から始まります。
しかし、膝関節から痛みを発症することはありません。初めに痛みを発症する部位として…手の指・手首・肘等々、上半身の比較的小さな関節から起こります。
慢性関節リウマチが進行すると、至る所に存在する全身の関節が痛みだし、関節が変形していきます(多発性の慢性関節炎・左右対称に発症します)。

また膝関節症は、ご高齢の方に発症しやすい傾向にあります。慢性関節リウマチの場合、思春期〜閉経前後まで、幅広い女性層に発症する傾向にあります。
そして膝関節症の原因は、関節軟骨の擦り減りによるものとされていますが…実は慢性関節リウマチは、はっきりした原因がまだわかっていないのです。
(一種の自己免疫疾患・ストレス・女性ホルモン分泌の影響が関係していると考えられています。)

さらに慢性関節リウマチの病状進行は、人によって違います…(知らない間に軽減する人・進行も早く慢性化する人)…
もちろん慢性関節リウマチの進行を食い止めるには、早期発見・早期治療が重要です。
ここで慢性関節リウマチの診断基準チェックポイントを明記します。1つでも症状があれば、慢性関節リウマチの疑いがあります。

朝起きた時、手足の関節が妙に動かしにくい。
手の指・手首の関節が、腫れている。
全身で3ヵ所以上、関節が腫れている
左右対称に腫れている関節がある。
膝・肘にコブ状の腫れものがある(熱を持っている)。
血液検査でリウマトイド因子陽性という結果が出てしまった。
レントゲン写真で、関節の変化(変形)が見られる。
(リウマトイド因子陽性…免疫グロブリン(タンパク質)に対する自己抗体…慢性関節リウマチの75〜90%の患者様から検出されています)

慢性関節リウマチが末期症状になると→全身の関節が侵される(変形する)→まったく身動きできなくなる状態になる場合も…そのためには、関節の症状を見逃すことは元より、定期的に診察(診断)を受診することが大切です。
また慢性関節リウマチの症状として、「良くなる→悪くなる→(繰り返し)」…結果として、ゆっくりと悪化していくこともわかっています。それ故、患者様の精神的要因も大きく関わってきます。患者様を支えるという意味においても、ご家族の慢性関節リウマチに対する理解も重要視されます。

関節リウマチが疑われる症状リウマチが疑われる症状
膝の痛みや、それに関連する症状として、以下のような特徴が見られる場合は関節リウマチが発症している可能性があります。
膝のほか、指、手首、ひじなど、全身の多くの関節がこわばり、動かしにくいといった症状がみられる
→初めに手や手首の関節から始まり、徐々に全身の関節に広がっていくケースが多い
→発症初期には、朝起きてから1、2時間、手がこわばって握ることができないという症状が良く見られる
・指、手首、ひざなど、左右両方に腫れや痛みがある
・安静時でも痛みを感じ、動くとさらに強く痛む

その他の症状として、
「熱が出て、全身がだるくなる」、「膝に水がたまって腫れる」、「ひざの皿(膝蓋骨)の表面に指先くらいの大きさのしこり(皮下結節)ができる」、「強く痛んだり弱く傷んだりと痛みが一定でない」
などがあります。

似たような症状を示す病気に、「変形性関節症(変形性膝関節症、変形性股関節症)」があります。

病気の原因と治療の違いウマチが疑われる症状
変形性関節症は、主に関節にかかる負担や関節の使いすぎによって関節の軟骨がいたみ、そこから病気が進んでいきます。このため、薬物療法で症状をやわらげながら、運動療法で関節の周りの筋肉を鍛えて関節の機能を保つことが大切です。また、関節を守るために、装具を使うこともあります。
関節リウマチは、免疫の異常が強く関係しており、関節の滑膜に起きた炎症が周囲に広がっていきます。治療では、免疫の異常を抑える薬を使って、炎症や関節の破壊を抑えることが行われます。

つらい関節痛を克服するにはトラブルの根本へ働きかけることが大切です。
すなわち、「鎮痛」「血行促進」「免疫機能正常化」という3方向からのアプローチが重要となります。そこで役立つのがキャッツクローです。
キャッツクローは、インカ帝国時代からの伝承薬で、特徴は、リウマチ,変形関節炎からくる関節痛の緩和,鎮静する作用です。
その他にも抗酸化,免疫活性化作用が示唆されています。
今日では、優れた鎮痛作用、リウマチやガン・エイズといった難病に対する研究から世界的に認められている、メディカルハーブです。
1994年、WHO(世界保健機関)がキャッツクローを公式に薬用植物として認定しています。
また、アメリカでは、「免疫活性を向上させる」ことは、特許として認められています。
原産国ペルーではフジモリ大統領がキャッツクロー保護法を成立し、同時にキャッツクローの育成も奨励したおかげで、世界中で利用することが可能となっています。





関節の痛みをサポート
価格:6,300円(税込み)
送料:無料
決済手数料:無料
         名称:キャッツクロースーパーDX
内容量: 100カプセル(30g)
目安:1日3回、食後30分以内に、水又は100%オレンジジュースで1回につき1〜2カプセルを目安にお飲みください。
原料:キャッツクロー
原産地:ペルー
成分:キャッツクロー樹皮粉末
製造会社:ビダ・ナチュラル社(ペルー)
品質保証:ペルー厚生省
検査:社団法人 日本食品衛生協会 食品衛生研究所
食品衛生登録商品
植物由来カプセル(NPcaps)
カテゴリー
膝の痛み
膝の痛み 症状
膝の痛み 原因
膝の痛み 治療
膝の痛み 半月版損傷
膝の痛み リウマチ
膝の痛み 痛風
コンテンツ
膝蓋軟骨軟化症
たな障害
関節鼠
膝蓋骨脱臼
キャッツクローの知識
キャッツクローとは
キャッツクローの働き
キャッツクローのこだわり
  キャッツクローの栽培地
キャッツクローの加工会社
当店のご案内
お問い合わせ
法律に関する表示
お試し用お申し込み
お支払いと送料
ご購入
個人情報の保護
会社概要

                                     Copyright c 2005 a-supplement.Co Ltd, All rights reserved