膝の痛み

膝の痛み

 膝の痛み

膝に痛みの内容はさまざまです。「歩くと痛む」人もいれば、「走ると痛む」人もいます。そのほか、「階段の上がり下りのときに膝が痛む」「膝がを曲げると痛くて正座できない」「座って安静にしていても痛い」など、さまざまな状況で痛みが起こっています。このように「膝の痛み」は千差万別ですが、多くの人は、年齢や疲れで痛むと勝手に判断しているようです。


膝の痛み 歩くと痛い・走ると痛い
「歩くと膝が痛む」人もいれば「歩いても痛みはないが、走ると痛む」人もいます。
歩くことと走ることの違いは、膝のにかかる負担の大きさです。
膝が受ける衝撃は、歩いているときよりも走っているときのほうが数倍強いため、膝の故障の程度が軽い場合は、「走ると痛いが、歩くだけなら痛みはない」ということが起こります。
一方、歩くだけでも膝がいたい場、膝の故障の程度は、走ると痛い人よりも重いといえます。

膝の痛み 階段の上がり下がりや、立ったり座ったりすりときに痛む
歩いているときは痛みがないのに、階段を上り下りするときや、立ったり座ったりするときに痛むという人も大勢います。
これらの動作はごく日常的なものですが、走るときと同様、膝にかかる負担は平地を歩いているときよりもはるかに大きいため、歩いても膝は痛まないのに、階段を上り下りするときや、立ったり座ったりする動作で膝が痛むということが起こります。


膝の痛み 正座ができない
正座ができなくなって初めて膝の異常に気づく人も少なくありません。
正座は膝を十分に曲げないとできないわけですが、正座できない症状にもいろいろあります。「膝を曲げると痛む」「膝は曲げられるが体重をかけると痛む」「短時間の正座はできるが長時間はできない」などの場合があります。
症状が進み、膝の関節が固まってしまって、曲げようとしても曲げられなくなることもあります。また、正座はできても、正座しようとするときや、立ち上がるときに痛む場合もあります。
膝にかかる負担は正座そのものよりも、正座しようとするときや正座から立ち上がるときのほうが大きいため、このようなことが起こるのです。

膝の痛み 静かにしていても痛い
膝を動かしたときに起こる痛みを「可動時痛」といいます。
変形膝関節症の初期は、歩いているときやスポーツをしているときに痛みだしても、動くのやめてしばらく安静にしていれば、やや痛みは消えていきます。
症状が進むと、休んでもすぐ痛みがとれないようになりますが、それでも徐々に痛みは軽くなります。
しかし慢性関節リウマチなどの病気では、膝を動かす・動かさないにかかわらず、痛みは起こります。
このように、安静にしていても起こる痛みを「安静時痛」といいます。


膝の痛み 膝が重くて階段が上りにくい
膝の痛みはそれほどのないのに階段を上がるときなどに膝や脚が重く感じることがあります。
これは、膝のまわりの筋肉、とくに太ももの筋肉が低下したことによる症状です。
膝になんらかの故障やいたみがあると、膝をあまり使わなくなるため筋力が低下します。
また、一度膝の痛みを経験すると、たとえ現在は痛みがなくても、また痛むのではないかという不安から、無意識に筋肉に力を入れないようになります。
膝に障害が起こると、痛みがあってもなくても太ももの筋肉が細くなり、筋肉が低下していまうのです。

膝の痛み 膝を使うことに不安を感じる
ある特定の動作をしたときに膝が痛んだり、膝がずれたりすると、その後同じ動作をしようとするときに、「また膝が痛むのではないか」「また膝がずれるのではないかと」といった不安を感じつい膝をかばってしまうことがあります。
痛みに対する不安は多くの場合、変形性膝関節症や半月板損傷、関節ねずみなどの局所な障害が原因です。
一方、ずれることの不安は、靭帯を損傷しているための膝のぐらつきや、半月板損傷などによるひざくずれが原因です。
このような障害があると太ももの筋肉がやせてきますが、不安のために膝をあまり使わなくなると、さらに脚全体の筋力が低下していかます。

膝の痛み 膝をまっすぐに伸ばせない
脚は膝を伸ばしたときに、横から見てまっすぐに伸びているのがふつうですが、膝の痛みが続くと、膝を徐々にまっすぐ伸ばすことができなくなります。
ところが多くの人は、膝がまっすぐ伸ばせないことに気づきません。
日常生活では、膝がまっすぐに伸びなくてもあまり不便を感じないせいかもしれませんが、膝を完全に伸ばせるかどうかは、膝の健康にとってたいへん重要なことで、膝を診断するうえでの一つのバロメーターになります。
膝関節は、まっすぐに伸ばしたときにかっちりとかみ合うようにできています。
膝をまっすぐに伸ばせば、ほとんど力をいれずに立っていられますが、これは、膝を伸ばしているときがもっとも安定するからです。
膝をまっすぐに伸ばせないと、立っているときや歩くときなどに、膝によけいな負担がかかり、変形性膝関節症などの病気を悪化させることになります。
キャッツクローお試用膝の変形にには「O脚」と「X脚」があります。
O脚は、立ったときに両方の膝が「O」の字のように曲がっている状態です。
またX脚は、逆に両方の膝の内側が接して、脚が「X」の字のように曲がっている状態をいいます。日本人の場合は、ほとんどがO脚に変形します。
膝がO脚に変形すると、膝の下の骨(脛骨)が内向きに曲がってくるため、膝を完全に伸ばすことができませ。さらに変形性膝関節症の悪化に伴って膝の骨が増殖し、膝の変形が進んで膝が大きくなったように感じたり、O脚の程度もより激しくなったりします。
X脚も同様で、脛骨が外側に曲がってきて、変形性膝関節症の悪化に伴い、X脚の程度もより増してきます。

膝の痛み 膝が腫れている・膝が腫れて曲げにくい
「膝の痛み」と同時に「膝の腫れ」がおこることがあります。患者さんによっては、膝の痛みよりも膝の腫れのほうが気になることもあるようです。
変形性膝関節症の場合は、病期の進行度とはあまり関係なく、膝に水がたまって腫れることがあります。
膝がパンパンになるほどひどく腫れると、膝が曲がりにくくなったり、歩くのに不便を感じたりします。
膝の腫れの原因は、関節炎のために関節の中に水がたまる「関節水症」か、捻挫のときのように関節のまわりの組織がむくむ「腫張」のためです。


つらい関節痛を克服するにはトラブルの根本へ働きかけることが大切です。
すなわち、「鎮痛」「血行促進」「免疫機能正常化」という3方向からのアプローチが重要となります。そこで役立つのがキャッツクローです。
キャッツクローは、インカ帝国時代からの伝承薬で、特徴は、リウマチ,変形関節炎からくる関節痛の緩和,鎮静する作用です。
その他にも抗酸化,免疫活性化作用が示唆されています。
今日では、優れた鎮痛作用、リウマチやガン・エイズといった難病に対する研究から世界的に認められている、メディカルハーブです。
1994年、WHO(世界保健機関)がキャッツクローを公式に薬用植物として認定しています。
また、アメリカでは、「免疫活性を向上させる」ことは、特許として認められています。
原産国ペルーではフジモリ大統領がキャッツクロー保護法を成立し、同時にキャッツクローの育成も奨励したおかげで、世界中で利用することが可能となっています。



関節の痛みをサポート
価格:6,300円(税込み)
送料:無料
決済手数料:無料
         名称:キャッツクロースーパーDX
内容量: 100カプセル(30g)
目安:1日3回、食後30分以内に、水又は100%オレンジジュースで1回につき1〜2カプセルを目安にお飲みください。
原料:キャッツクロー
原産地:ペルー
成分:キャッツクロー樹皮粉末
製造会社:ビダ・ナチュラル社(ペルー)
品質保証:ペルー厚生省
検査:社団法人 日本食品衛生協会 食品衛生研究所
食品衛生登録商品
植物由来カプセル(NPcaps)
カテゴリー
膝の痛み
膝の痛み 症状
膝の痛み 原因
膝の痛み 治療
膝の痛み 半月版損傷
膝の痛み リウマチ
膝の痛み 痛風
コンテンツ
膝蓋軟骨軟化症
たな障害
関節鼠
膝蓋骨脱臼
キャッツクローの知識
キャッツクローとは
キャッツクローの働き
キャッツクローのこだわり
  キャッツクローの栽培地
キャッツクローの加工会社
当店のご案内
お問い合わせ
法律に関する表示
お試し用お申し込み
お支払いと送料
ご購入
個人情報の保護
会社概要


Copyright c 2005 a-supplement.Co Ltd, All rights reserved