関節鼠の症状と治療

関節鼠は関節の中を動き回る骨片や軟骨片を鼠にたとえてつけられた病名です。
関節鼠
関節鼠は、正式には、「関節遊離体」といい、関節の中ではがれた軟骨や骨のかけら(遊離体)が関節の中を動き回る病気です。エックス線撮影をすると、軟骨や骨のかけらが映るので、発見は容易です。
関節鼠を起こすものとして、骨軟骨骨折、遊離性骨軟骨炎、骨軟骨腫などがあります。
骨軟骨骨折による関節鼠は、スポーツなどで転倒したときに膝を打撲し、関節の骨と軟骨が骨折してはがれるものです。
遊離性骨軟骨炎は、関節の骨の組織が栄養不足で壊死し、その上についている関節軟骨とともにはがれることで生じます。20代の人や成長期の子どもに起こります。
骨軟骨腫は、滑膜に腫瘍ができて、そらが骨や変わってはがれるものです。

関節鼠の症状
遊離体が関節軟骨のすき間に入り込むと、痛みがあらわれたり、関節を曲げたり伸ばしたりしにくくなります。場合によっては、手で関節にふれると、遊離体を感じることができます。

関節鼠の治療
骨軟骨骨折や遊離性骨軟骨炎では、関節鏡を用いて遊離体を除去するか、はがれた骨や軟骨が大きい場合は、切開手術で元に戻して固定します。
骨軟骨腫では、関節鏡や切開手術で遊離体をシ除去します。

つらい関節痛を克服するにはトラブルの根本へ働きかけることが大切です。
すなわち、「鎮痛」「血行促進」「免疫機能正常化」という3方向からのアプローチが重要となります。そこで役立つのがキャッツクローです。
キャッツクローは、インカ帝国時代からの伝承薬で、特徴は、リウマチ,変形関節炎からくる関節痛の緩和,鎮静する作用です。
その他にも抗酸化,免疫活性化作用が示唆されています。
今日では、優れた鎮痛作用、リウマチやガン・エイズといった難病に対する研究から世界的に認められている、メディカルハーブです。
1994年、WHO(世界保健機関)がキャッツクローを公式に薬用植物として認定しています。
また、アメリカでは、「免疫活性を向上させる」ことは、特許として認められています。
原産国ペルーではフジモリ大統領がキャッツクロー保護法を成立し、同時にキャッツクローの育成も奨励したおかげで、世界中で利用することが可能となっています。





関節の痛みをサポート
価格:6,300円(税込み)
送料:無料
決済手数料:無料
         名称:キャッツクロースーパーDX
内容量: 100カプセル(30g)
目安:1日3回、食後30分以内に、水又は100%オレンジジュースで1回につき1〜2カプセルを目安にお飲みください。
原料:キャッツクロー
原産地:ペルー
成分:キャッツクロー樹皮粉末
製造会社:ビダ・ナチュラル社(ペルー)
品質保証:ペルー厚生省
検査:社団法人 日本食品衛生協会 食品衛生研究所
食品衛生登録商品
植物由来カプセル(NPcaps)
カテゴリー
膝の痛み
膝の痛み 症状
膝の痛み 原因
膝の痛み 治療
膝の痛み 半月版損傷
膝の痛み リウマチ
膝の痛み 痛風
コンテンツ
膝蓋軟骨軟化症
たな障害
関節鼠
膝蓋骨脱臼
キャッツクローの知識
キャッツクローとは
キャッツクローの働き
キャッツクローのこだわり
  キャッツクローの栽培地
キャッツクローの加工会社
当店のご案内
お問い合わせ
法律に関する表示
お試し用お申し込み
お支払いと送料
ご購入
個人情報の保護
会社概要


                       Copyright c 2005 a-supplement.Co Ltd, All rights reserved