膝蓋軟骨軟化症

膝蓋骨の病気が多いのが、膝蓋軟骨軟化症と膝蓋骨骨折です。
膝蓋軟骨軟化症
膝蓋骨の大腿骨との間にある関節軟骨が軟化し変形する病気です。
膝の使いすぎが原因で起こる病気で、長距離ランナーに多くみられるところから、ランナー膝ともいいます。
スポーツ障害の一種しても考えられますが、ほかに膝蓋骨のケガが原因で関節軟骨が傷ついても起こります。また、膝蓋大腿関節脱臼や亜脱臼、X脚など生まれつきな膝蓋骨の関節になんらかの問題を持つ人に発症するケースも多いようです。
そのほかにも関節軟骨の栄養障害も原因になります。また、20才前後の若い女性に多く発症するのもこの病気の特徴といえます。

膝蓋軟骨軟化症の症状
関節軟骨が変形して軟化するためにかに足のような状態となり、膝に力が入らなくなると同時に痛みを感じます。
また、膝の違和感も発生し、特に階段を上がるときなどには膝がゴリゴリと音を立てます。

膝蓋軟骨軟化症の治療
休養と運動療法、薬物療法が中心で、手術は膝の変形がはげしい場合や痛みが治らない場合のみ行われます。
膝を休めることがたいせつなので、スポーツをやってる人は練習を休み患部に負担がかかることを避けます。
同時に運動療法を行い、大腿四頭筋を鍛えることも重要です。また、痛みと炎症を抑える内服薬と、サポーターなど補装具で膝蓋骨の動きを安定させます。
この病気には先天的な要素が深くかかわっています。生まれつき膝蓋骨に変形などのトラブルがある人は、スポーツなど行わなくても発症する可能性があります。
日ごろから膝の異常に注意するように心がけましょう。

つらい関節痛を克服するにはトラブルの根本へ働きかけることが大切です。
すなわち、「鎮痛」「血行促進」「免疫機能正常化」という3方向からのアプローチが重要となります。そこで役立つのがキャッツクローです。
キャッツクローは、インカ帝国時代からの伝承薬で、特徴は、リウマチ,変形関節炎からくる関節痛の緩和,鎮静する作用です。
その他にも抗酸化,免疫活性化作用が示唆されています。
今日では、優れた鎮痛作用、リウマチやガン・エイズといった難病に対する研究から世界的に認められている、メディカルハーブです。
1994年、WHO(世界保健機関)がキャッツクローを公式に薬用植物として認定しています。
また、アメリカでは、「免疫活性を向上させる」ことは、特許として認められています。
原産国ペルーではフジモリ大統領がキャッツクロー保護法を成立し、同時にキャッツクローの育成も奨励したおかげで、世界中で利用することが可能となっています。





関節の痛みをサポート
価格:6,300円(税込み)
送料:無料
決済手数料:無料
         名称:キャッツクロースーパーDX
内容量: 100カプセル(30g)
目安:1日3回、食後30分以内に、水又は100%オレンジジュースで1回につき1〜2カプセルを目安にお飲みください。
原料:キャッツクロー
原産地:ペルー
成分:キャッツクロー樹皮粉末
製造会社:ビダ・ナチュラル社(ペルー)
品質保証:ペルー厚生省
検査:社団法人 日本食品衛生協会 食品衛生研究所
食品衛生登録商品
植物由来カプセル(NPcaps)
カテゴリー
膝の痛み
膝の痛み 症状
膝の痛み 原因
膝の痛み 治療
膝の痛み 半月版損傷
膝の痛み リウマチ
膝の痛み 痛風
コンテンツ
膝蓋軟骨軟化症
たな障害
関節鼠
膝蓋骨脱臼
キャッツクローの知識
キャッツクローとは
キャッツクローの働き
キャッツクローのこだわり
  キャッツクローの栽培地
キャッツクローの加工会社
当店のご案内
お問い合わせ
法律に関する表示
お試し用お申し込み
お支払いと送料
ご購入
個人情報の保護
会社概要


                        Copyright c 2005 a-supplement.Co Ltd, All rights reserved