男性ホルモン、女性ホルモン、ホルモンバランスのやくわり
 男性ホルモン、女性ホルモン、ホルモンバランスについて説明しています
姿は見えないが、体をコントロールする凄いホルモン


 ホルモン
ホルモンは体内にある細胞でしか作られない化学物質で、その数は70種類以上存在するとも言われています。
私たちの体には、病気にかからないように外敵から身を守り、体の機能を調節するシステムが3つあります。
神経系
 体を動かしたり視覚や触覚などにかかわります。
免疫系
 体外から侵入した病原菌などと対抗します。
内分泌系
 ホルモンを作り出して全身のコントロールします。

 内分泌系
環境変化や体調の変化に対応するためのメッセージを、脳から全身に伝える役割があります。このメッセージは神経系とは異なり、体のさまざまな機能を刺激する物質によって伝えられるのですが、この物質がホルモンです。また、ホルモンが働かないと、体はまともに動かなくなってしまいます。

 男性ホルモン
男性特有の体つきや思考回路に発育させるホルモンのこと。テストステロン、アンドロステネジオン、デヒドロエピアンドロステロンの3種類の総称として「アンドロゲン」と呼ばれる。健康な男子の場合、1日におよそ7mg程度の分泌があるといわれています。
『男性ホルモンの働きは 』
1.男性特有の筋肉質な体のラインにする
2.たんぱく質を筋肉や内臓に変える助けをする
3.皮脂の分泌を促す
4.体毛の発育を促す
5.性欲を高める  

 女性ホルモン
女性ホルモンは、女性特有の体つきや体のリズムを司るものです。エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類があります。エストロゲンは排卵の準備をするホルモンで生理の終わりごろから排卵前にかけて分泌が高まります。プロゲステロンは排卵後に分泌され、排卵を抑制するはたらきがあり、女性の体内で分泌される一生分の女性ホルモンの量はおよそスプーン1杯程度ともいわれています。これほど微量でこれだけの威力を発揮する化学物質は他にはちょっと見当たらなようです。
<女性ホルモンの分泌状態 >
まず月経周期における正常な女性ホルモンの分泌状態を知っておかなければなりません。まず、右のグラフを見て下さい。これは正常な性周期における女性ホルモンの分泌状態を表したものです。
<ホルモンのバランスとは >
ホルモンは脳、下垂体、甲状腺、副腎、膵、卵巣、精巣、消化管、脂肪細胞などから分泌され、それぞれのホルモンが適度に作用するこ とで、健康が維持されています。
ホルモンが多すぎても、少なくても体調が悪くなります。このホルモンが適度に合成され分泌されるよう精密に調節されており、これをホルモンバランスと呼びます。ホルモンバランスが崩れると、病気になります。ホルモンバランスに影響を及ぼすものとして、ストレスがあります。ホルモンは自律神経、代謝(血糖、脂質他)、神経活動、免疫にお互い影響しあいます。ですから、自律神経失調症や糖尿病、高脂血症、高血圧、自己免疫病、不眠、イライラ、皮膚病やアレルギーなどにもホルモンは強く影響します。女性の生理が順調かどうかは健康のバロメーターになりますが、生理不順や不妊、更年期などは卵巣からでる女性ホルモンの作用や卵巣機能だけでなく、それを調節する脳や下垂体ホルモンによるホルモンバランスの影響を強く受けます。更年期障害もそうです。また、甲状腺ホルモンも影響を及ぼします。
『女性ホルモンの働きは 』
1.女性特有の丸みをおびた体のラインにする
2.女性の生理や妊娠をコントロールする
3.肌や髪を美しく保つ
4.骨を丈夫にする
5.自律神経を安定させる
6.記憶力を保つ
7.食欲を抑制する

 男性ホルモンや女性ホルモンはどこで作られる
男性ホルモンは副腎、睾丸。女性ホルモンは卵巣 。

 男性にも女性ホルモンがあるのでしょうか
男性にも女性ホルモンがあります。コレステロールから弱男性ホルモンと呼ばれるものが作られ、これから女性ホルモンが作られます。男性ホルモンも女性ホルモンも構造はよく似ており、酵素の微妙なはたらきによって全く違うはたらきをする2つのホルモンが誕生します。男性の体内の女性ホルモン量は、女性に比べておよそ半分程度です。

 視床下部から分泌されるホルモン
脳下垂体前葉・中葉ホルモン といいます。

 脳下垂体から分泌されるホルモン
1.脳下垂体前葉
1)成長ホルモン 成長の促進(タンパク質の合成を促進し、骨・筋肉・内臓の成長促進) (過剰→巨人症・末端肥大症、欠乏→こびと症)
2)甲状腺刺激ホルモン 甲状腺ホルモン(チロキシン)の分泌促進  
3)副腎皮質刺激ホルモン 副腎皮質からの糖質コルチコイドの分泌促進
4)生殖腺刺激ホルモン (1) ろ 胞 刺 激 ホ ル モ ン 卵巣・精巣の成熟促進。ろ胞ホルモンの分泌促進
(2)黄 体 形 成 ホ ル モ ン 排卵の誘起・黄体の形成、男性ホルモンの分泌促進  
5)黄体刺激ホルモン(プロラクチン) 乳腺の発達と泌乳、黄体ホルモンの分泌促進
2.中 葉  
色素胞刺激ホルモン(インテルメジン) 魚類・両生類・ハ虫類では黒色素果粒の分散、ほ乳類では黒色色素(メラニン)の合成
3.後 葉
1)抗利尿ホルモン(バソプレシン) 腎細管での水分の再吸収促進。毛細血管・小動脈の収縮(血圧の上昇) 〔欠乏→尿崩症〕
2)子宮収縮ホルモン(オキシトシン) 子宮筋の収縮。乳汁の放出促進
 
 甲状腺ホルモンとは
甲状腺からチロキシンが分泌される。 物質代謝の促進。両生類では変態の促進 〔過剰→バセドウ病、欠乏→クレチン病・粘液水腫〕

 副甲状腺ホルモンとは
副甲状腺からパラトルモンが分泌される。骨に作用し、Ca2+ の血液中への放出促進。腎臓に作用し、P3+ の排出増加 〔欠乏→テタニー病〕
 副腎から分泌されるホルモンとは
1.髄 質  
(1)アドレナリン 肝臓・骨格筋でのグリコーゲンの糖化(血糖量増加)、心臓はく動促進。血圧上昇 〔欠乏→血糖量低下〕
2.皮 質  
(1)糖質コルチコイド 肝臓でのタンパク質の糖化促進(血糖量増加)
(2)鉱質コルチコイド 腎細管でのNa+ の再吸収と K+ の排出促進

 膵臓から分泌されるホルモンとは
1.β 細胞
(1)インシュリン 組織での糖の酸化(呼吸)促進と糖のグリコーゲンへの合成促進(血糖量上昇) 〔欠乏→糖尿病〕 (ランゲルハンス島)
2.α 細胞)
(1)グルカゴン 肝臓・骨格筋でのグリコーゲンの糖化(血糖量増加)

 ホルモン分泌量低下による身体への影響
・新陳代謝の低下、肥満・筋肉量の実質的な低下  ・糖尿病、ガン、高血圧、骨粗鬆症などの疾病の出現
・免疫力の低下、不全による感染症の増加  ・コラーゲンに異常、肌の老化  ・食欲減退
・精神活動と脳の機能低下  ・疲労、便秘、睡眠異常、頭髪の脱毛、月経異常  ・高血圧、心臓病、関節炎、など

 ホルモンを健康な状態に保つマカ

マカには、体内でホルモンをつくるときに不可欠なアミノ酸がたくさん含まれています。しかもマカのアミノ酸はきわめて良質で、その組成のバランスが非常に優れているといわれています。特にアルギニンは、ホルモンをコントロール中枢である脳の視床下部や下垂体の機能を活性化するのに不可欠なアミノ酸です。したがってアルギニンがからだの中に十分にあれば、必要なホルモンがバランスよく生成され、自律神経も正常に維持されていきます。

ホルモンを健康な状態に保つマカ

私たちは、何よりもお客様の安全とご満足を大切に致したいと思っております。
天然100%の副作用がない健康食品でも、
私たちの経験では、人により合う、合わないもあるようです
初めてマカをお飲みになる方
いきなり商品をお求めになることが心配の方へ
他社商品をお飲みになられて実感が持てない方へ
一度安い価格のお試し用でお試しいただくことをお勧めしております。
ご自分に合うかどうか試されてから、ご判断されても遅くはございません。
 


マカの良さをご実感頂く為に
マカお試用定価2.040円を特別価格1.200円にてご準備いたしております
マカサポートDXのお試用お申し込みはこちらから

試用お申し込みの皆様に
内容量380mg×30カプセルとマカの小冊子をプレゼントしています
*服用目安1日6〜9カプセル(*3日〜5日の目安で服用下さい)


マカサポートDX純粋100%

 



一回目のお届け時に左の詰め替え容器をお送りいたします
アルミ袋のパッツクより、詰め替えてご愛飲ください

弊社は環境問題及びコスト削減を目的に詰め替え容器のご愛用をお願いいたしております

ホルモンバランスを調整し、 精力増強や活力増進します

 目安:1日3〜6カプセルほど
 成分:微粒子のチューベの根
 容量:100カプセル(38g)
 使用目安:1ヶ月ほど
 副作用:なし                
 価格 6.800円
 表示価格は消費税込み価格

2回目以降のご注文では、アルミ袋パックにて、お届け致しますので、ガラス容器に詰め替えてご愛飲くださいませ

健康食品:ビタミン・ミネラルの補給1カプセル当たりの栄養成分表示
エネルギー:1.06Kcal 
たんぱく質:42.3mg 
脂質:4.9mg  
炭水化物:256.2mg 
ナトリュウム:0.1mg  
添加物:無添加 
原産地:ペルー
製造会社:ビダ・ナチュラル社
品質保証:ペルー衛生省(ペルー衛生省食品衛生登録商品)
品質保証期間:2007年5月 
植物由来カプセル(NPcaps)
輸入検査:社団法人 日本衛生協会 食品衛生研究所  輸入許可:東京免疫所
注意:当ホームページは、エ-サプリメント によって、制作、管理、運営されております。
よって、内容、画像などを権利者に無断で複製、改変、第三者への譲渡、販売、頒布など、行うことを固く禁止致します。
Copyright c 2005 a-supplement.Co Ltd, All rights reserved