不妊、不妊原因、不妊検査、不妊治療、マカ不妊について
不妊情報
女性不妊
不妊検査
不妊治療と排卵障害
不妊治療と卵管障害
不妊治療と頚管障害
不妊治療と着床障害
男性不妊
マカ不妊
マカの関連情報
更年期障害
生理不順・生理痛
若返り・老化防止
ストレス
シミ・シワ・肌荒れ
自立神経ホルモン
眼精疲労
精力減退
物忘れ
マカのこだわり
マカの選びのポイント
マカの栽培地
マカの製造会社
マカのはたらき
 
ショッピングのご案内
商品のお届け
お支払い方法
ご購入
お試し用
プライバシーの保護

 不妊、不妊原因、不妊検査、不妊治療、マカ不妊について説明しています
 不妊特集
|不妊検査男性不妊マカ不妊
|不妊治療と排卵障害不妊治療と卵管障害|不妊治療と頚管障害不妊治療と着床障害

 不妊
 
 
10組のうち2組もの夫婦が不妊症だといわれる現在。もはや、他人事とは言えなくなってきました。早期発見・早期治療のためにも、不妊症がどんなものかをきちんと理解しておきましよう。一般的に、不妊症とは「2年以上も子作りに専念しているのに妊娠しない状態」のことをいいます。日本にはこういうご夫婦が約100万組おられ、この数字は10組に1組の不妊に悩んでいることになり、また不妊治療において安心できる情報が公開されないものが現状のようです。
 原発性不妊  妊娠を望んでいるが、過去に一度も妊娠していない場合。
 続発性不妊  過去に妊娠・出産したことはあるが、その後は妊娠していない場合。
 習慣性流産  3回以上流産を繰り返している場合。
 不育症  習慣性流産、早産、死産を繰り返す場合。
 不妊原因
妊娠までには、「射精」「排卵」「受精」「着床」という4つのステップがありま、これらが一つでもクリアできなければ、妊娠はしません。
妊娠の成り立ち
卵巣から卵子が排出される。(排卵)
排出された卵子が卵管内に進入する。
精巣(睾丸)でつくられた受精能力のある精子が男子の生殖器から排出される。(射精)
排出された精子が子宮腔を通り、卵管内にまで進入する。
卵管内で精子と卵子がであい、精子が卵子の中に進入して両者の核が合一する。(受精)
受精した卵子(受精卵)が卵管内から子宮腔内に運ばれる。
子宮内膜に受精卵を受け入れる準備が完成していて、そこに受精卵が定着する。(着床)
 7つの段階が順調に進むことによって初めて妊娠が成立します。
不妊原因は女性にもあります
男性側の不妊原因は、精子に関するものがほとんで、それに比べ、女性の不妊の原因は卵巣・卵管・子宮など原因はさまざまです。ただし、比率でいうと、男性側の不妊原因が1/3、女性側の不妊原因が1/3、両者の場合が1/3なので、決して女性に不妊の原因が多いというわけではありません。
不妊になりやすい体質とは〜肥満〜冷え性
肥満はホルモンのバランスを崩し、排卵障害を引き起こす可能性があり不妊の原因になります。また、冷え性による血行不順も同様です。ホルモンの分泌量を減らし、排卵に悪影響を与えます。
見落としがちな「心あたり」
生理不順や流産のほかにも、不妊の原因はあります。『最近、おりものが多いかも。』『小学生の頃、盲腸の手術したなあ。』『若い頃、クラミジアにかかった。』といった事も、実は不妊の原因になるのです。
 










 不妊原因と種類
脳下垂体のトラブル
排卵障害の原因で一番多いのは、ホルモン異常によるもの。ホルモンの分泌は脳が指令しますが、そこにトラブルがあると情報がうまく伝わらなくなります。
高プロラクチン血症
プロラクチンとは、乳汁を出すためのホルモンのこと。この数値が高くなると、体が妊娠した状態に近くなるため排卵や着床が妨害されます。妊娠していないにも関わらず母乳が出る場合は、この可能性も考えられます。
抗精子抗体
通常、病原菌が体内に侵入しようとすると、それをシャットアウトするための抗体ができます。ところが、精子をシャットアウトしてしまう抗体ができる場合もあり、妊娠を困難にしてしまいます。
子宮頚管炎
子宮頚管は、排卵前になると粘液を分泌し、精子の進入を促します。しかし、細菌やクラミジアなどによる炎症があると、粘液の分泌量も減り、妊娠しにくくなるケースがあります。
子宮筋腫
不妊の原因となりやすいのは、子宮の内側に向かって発生する場合や、子宮が変形するほど大きくなる場合。卵管を圧迫し、精子が卵巣に進入できなくなる場合もあります。
子宮内膜症
子宮内膜と同じ組織が、子宮以外の場所にできる病気。発生場所はさまざまです。子宮内膜は生理時にはがれて月経血として排出されますが、子宮以外の場所にできた内膜は排出されず、徐々に周囲組織と癒着。クラミジアなどによる癒着と比べ、はがれにくいのが特徴です。また、卵巣などに古い出血が溜まる(チョコレート嚢腫)場合もあります。
子宮腺筋症
「子宮内膜症」の一種で、強い生理痛が特徴。子宮の内側にある腺組織が、子宮の筋肉の中に発生します。
子宮奇形
先天的なもので、まれに見うけられます。いくつかの種類があり、必ずしも不妊を招くものではありませんが、子宮内膜の発育が悪くなると妊娠しづらくなります。また、妊娠しても子宮が大きくならない場合は、流産の原因になることがあります。
子宮腔癒着症
何らかの原因で子宮壁に傷がつくと、他の部分と癒着することがあります。着床の妨げになるだけでなく、妊娠しても子宮の伸縮が悪くなり、流産してしまうケースも。中絶や手術の経験がある場合は、要注意です。
卵管の炎症
細菌や淋菌、クラミジアなどにより炎症を起こすと、卵管が癒着して不妊の原因となります。特に、クラミジアはほとんど自覚症状がないので注意が必要です。
卵巣機能低下
何万個もあった原始卵胞が、まったく無くなると閉経を迎えます。ただし、年齢的には若くても、卵巣がうまく機能しない場合は排卵しなくなることがあります。
卵巣嚢腫
卵巣のできもの。卵子を卵管に取り込めない、子宮へ運ぶことができない場合は、不妊の原因となります。卵管や卵巣の周りが癒着した場合も同様です。
多嚢胞卵巣症候群
卵巣の膜が固くなり、その内側に排卵できない未熟な卵が溜まってしまいます。これにより、月経周期の長期化や無月経を招くことも。また、男性ホルモンが増え、毛深くなったり、太ったりすることもあります。
骨盤腹膜炎
細菌やクラミジアによる炎症が、子宮、卵管を経て骨盤腹膜に達すると、下腹腔内に膿が溜まってしまいます。慢性化すると周囲臓器と癒着し、不妊の原因となります。
 不妊検査と治療
不妊は、さまざまな検査を通して排卵・受精・着床の問題を一つひとつ調べ、不妊の治療方法を決定していきます。もちろん、基礎体温や頚管粘液など、検査を受けなくても自分でチェックできる項目もあります。
<不妊治療の詳しい説明はこちらから>
不妊治療と排卵障害<>不妊治療と卵管障害<>不妊治療と頚管障害<>不妊治療と着床障害
不妊検査
ホルモン値検査
血液や尿中のホルモン量と、その変化を測定。生理や排卵期で大きく変化するホルモン分泌の特性を利用して、排卵や卵巣・子宮内膜などの状況を判断します。
性感染症検査
クラミジアや淋病などに代表される性感染症の検査を実施。また、月経血を培養することで最近増加している性器結核もチェックします。
頚管粘液検査
排卵期に子宮頚管から分泌される粘液を採取し、乾燥させてから顕微鏡で観察。正常な場合は“シダの葉”状の結晶が現れます。粘液量が少ない、粘度が高い場合は、精子が子宮に進入しにくくなります。
ヒューナーテスト
抗精子抗体検査の一つ。排卵期にSEXし、その3〜5時間後に検査を実施します。精子と頚管粘液の相性をみるもので、頚管粘液を採取し、精子の状態を顕微鏡でチェックします。
子宮卵管造影検査
細いチューブで子宮内に造影剤を流し込み、子宮の奇形や卵管の通りなどをレントゲンで確認。また、油性の造影剤を使用すると卵管の通りが一時的に良くなり、妊娠しやすくなるようです。
卵管通気検査
炭酸ガスを子宮内に送り込み、卵管の通りをチェック。左右の卵管を経て腹腔内に排出される空気音を聴診器で聴き取り、同時に卵管内の圧力を測定します。
卵管通水検査
炭酸ガスの代わりに、ホルモン剤を含んだ生理食塩水を子宮内に注入。これにより卵管が拡大し、妊娠の確率が高まるケースもあります。
子宮内膜組織検査
排卵後の子宮内膜組織を採取し、着床しやすい状態かどうかを顕微鏡で確認。異常がある場合は古い内膜を掻き出しますが、これにより妊娠しやすくなるようです。
超音波検査
卵巣嚢腫や子宮内膜症、子宮筋腫などの有無を確認。排卵期であれば、卵胞の大きさもチェックできます。経膣式と経腹式の2種類がありますが、不妊検査で使用されるのはほとんど経膣式です。
子宮鏡検査
子宮筋腫や子宮内膜ポリープ、子宮奇形などの有無を確認。ファイバースコープや硬性鏡を子宮口に挿入し、モニターでチェックします。
腹腔鏡検査
へその下を1センチ程度切り、ガスを注入して腹部を膨らませた上でライトのついた内視鏡を挿入。モニターを見ながら、下腹部の1〜2カ所に鉗子を挿入して検査します。超音波や子宮卵管造影よりも確実な検査方法で、異常を見つけた時点で治療できるという利点もあります。
精子不動化試験
抗精子抗体検査の一つ。女性の血液(血清)に精子を加えて様子を確認します。この抗体は女性にも男性にもできる可能性があるので、パートナーとともに検査を受けましょう。

不妊治療
排卵誘発
排卵誘発剤を服用(または注射)。黄体機能などを改善するために使われるケースもあります。さまざまな種類があり、治療目的によって複数を組み合わせて使用することも多いようです。注意:排卵誘発剤の投与により、場合によっては多胎妊娠や卵巣が一時的にはれる状態(卵巣過剰刺激症候群)を起こすことがあるため、このような治療の場合予防のため通院が頻回になることがあります。
タイミング指導
超音波で卵胞の発育具合を確認したり、尿・血液検査などで排卵日を特定。排卵のタイミングに合わせてSEXをするように指示を受けます。その際、排卵誘発剤を使用することもあります。
人工授精
排卵日を特定し、採取した精液を選別(または濃縮)して子宮内に直接注入。タイミング指導を数回受けても妊娠しない場合に実施します。排卵誘発剤も併用することで、精子と卵子の出会う確率をさらに高めます。
体外受精
精子と卵子をそれぞれ採取し、培養器内で受精させて子宮内にもどす方法。最近では、受精卵を長時間にわたって培養し、さらに発育した状態での移植も行われています。あまった受精卵は、妊娠しなかった場合を想定して液体窒素の中で冷凍保存されます。
顕微授精
精子を卵子の細胞質内に直接注入する方法。精巣組織の一部を取り出し、精子を採取して行うケースもあります。たった一つの精子でも受精が可能なので、精子の数や運動性に問題がある場合などに有効です。
腹腔鏡手術
腹腔鏡検査で卵管や卵巣の癒着などが見つかった場合、同時に治療も実施。腹腔内を洗浄するので、有害な物質も洗い流されます。開腹手術に比べ、術後の痛みが軽く、傷口も目立ちません。また、開腹手術のように、新たな癒着が生じる心配もありません。
 不妊サプリメント
原因のわからない不妊は生殖器官にとくに障害がないにもかかわらず妊娠できない、これは治療がむずかしい不妊です。このような不妊に世界中が注目し期待されているのがマカです。
不妊検査や不妊治療にふみ出せない人や治療の効果があらわれない人たちにとって、マカは力強い味方です。 マカには「アミノ酸の母」とよばれるリジンが大量に含まれています。リジンには女性の受胎能力の循環を調節する働きがあり、妊娠しやすいからだをつくるといわれています。

 静岡市 山口様 女性 37歳 (不妊症)
結婚して2年たっても子どもができなかったので、33歳のころから不妊治療を始めました。人工授精を20回しましたがそれでも妊娠する気配はありませんでした。もうこのまま子どもは諦めないといけないかと思い始めたころ、マカポートDXを知りました。1日6カプセルずつ飲み始めたところ、驚いた事に、約6ヶ月で妊娠兆候が明らかになり現在9ヶ月目です。マカサポートDXのおかげです。

 甲府市 加藤様 女性 31歳(不妊症)
10代のころから生理痛がひどく、周期も不安定でした。生理なると痛みばかりか腰痛もともない貧血で立ちくらみまでするありさまです。しかたなく薬を飲んで痛みをまぎらわしていました。結婚して4年が経ちますが妊娠の気配がありません。そんな時インターネットでマカの事を知りました。マカサポートDXはホルモンバランスを整え、排卵を促進する効果があると知り、とりあえずマカポートDXを飲んで様子をみて、産婦人科で検査を受けてみようと思いました。マカサポートDXを飲み始めて1ヵ月後驚いたのは月の生理痛が、いままでになく楽だったことです。また、腰痛も感じませんでした。このとき、マカサポートDXの手応えを感じました。
それからマカサポートDXを飲み始めて3ヶ月ほど経ったとき生理がこないうえに、胸が張っています。まさか、とは思いましたが、念のやめ病院で検査を受けたところ、妊娠していたのです。マカサポートDXにはただ驚くばかりです。こんなに早く妊娠できるとは夢にも思いませんでした。



      ホルモンバランスを正常化する副作用がなく純粋100%のマカのご紹介
私たちは、何よりもお客様の安全とご満足を大切に致したいと思っております。
天然100%の副作用がない健康食品でも、
私たちの経験では、人により合う、合わないもあるようです
初めてマカをお飲みになる方
いきなり商品をお求めになることが心配の方へ
他社商品をお飲みになられて実感が持てない方へ
一度安い価格のお試し用でお試しいただくことをお勧めしております。
ご自分に合うかどうか試されてから、ご判断されても遅くはございません。
 


マカの良さをご実感頂く為に
マカお試用定価2.040円を特別価格1.200円にてご準備いたしております
マカサポートDXのお試用お申し込みはこちらから

試用お申し込みの皆様に
内容量380mg×30カプセルとマカの本をプレゼントしています
*服用目安1日6〜9カプセル(*3日〜5日の目安で服用下さい)


マカサポートDX純粋100%



一回目のお届け時に左の詰め替え容器をお送りいたします
アルミ袋のパッツクより、詰め替えてご愛飲ください

弊社は環境問題及びコスト削減を目的に詰め替え容器のご愛用をお願いいたしております

 ホルモンバランスを調整し、 精力増強や活力増進をする

 目安:1日3〜6カプセルほど
 成分:微粒子のチューベの根
 容量:100カプセル(38g)
 使用目安:1ヶ月ほど
 副作用:なし                
 価格 6.800円
 表示価格は消費税込み価格

2回目以降のご注文では、アルミ袋パックにて、お届け致しますので、ガラス容器に詰め替えてご愛飲くださいませ

 
健康食品:ビタミン・ミネラルの補給1カプセル当たりの栄養成分表示
エネルギー:1.06Kcal 
たんぱく質:42.3mg 
脂質:4.9mg  
炭水化物:256.2mg 
ナトリュウム:0.1mg  
添加物:無添加 
原産地:ペルー
製造会社:ビダ・ナチュラル社
品質保証:ペルー衛生省(ペルー衛生省食品衛生登録商品)
品質保証期間:2007年5月 
植物由来カプセル(NPcaps)
輸入検査:社団法人 日本衛生協会 食品衛生研究所  輸入許可:東京免疫所
 
注意:当ホームページは、エ−サプリメント によって、制作、管理、運営されております。
よって、内容、画像などを権利者に無断で複製、改変、第三者への譲渡、販売、頒布など、行うことを固く禁止致します。
Copyright c 2005 a-supplement.Co Ltd, All rights reserved