股関節症の原因 股関節
  股関節症の原因
股関節症の原因はの大半は、生まれつきの股関節になんらかの問題があることです。
ある日突然かかる病気ではなく、元からあった股関節の異常が年月を経て悪化し発症します。
   2次性股関節症

股関節症は、欧米ではその半数は原因がわからない1次性のものが多いのですが、日本では1次性はとてもまれです。
日本でもっとも問題となっているのは、なんらかなの病気や異常が原因で起こる2次性のものです。
また、引き金となっているのが、先天性股関節脱臼や先天性臼蓋形成不全です。
どちらの場合も、股関節が正常な形をしておらず、それが原因で変形を起こし、やがて股関節を壊してしまいます。

   股関節症の原因と先天性股関節脱臼

先天性股関節脱臼は生まれつき股関節が脱臼したり、ずれているものです。
圧倒的に女の赤ちゃんに多くみられる病気です。

股関節は、足の大腿骨の骨頭とその受け皿である骨盤の寛骨
臼のくぼみ蓋)からなります。
ところが、先天性股関節脱臼は骨盤の
臼蓋が発育不全で、きちんとしたくぼみができていません。
そのために股関節に正しい状態で骨がはまらず、骨頭が外側にはみだいています。

   股関節症の原因と臼蓋形成不全
先天性股関節脱臼の人は、生まれつき股関節の脱臼が起こっているため、乳児期に治療を受けたことがわかっています。
ところが、股関節脱臼の治療を受けたことがない人でも、股関節に発育異常をみることがあります。
それがいわゆる先天性臼蓋形成不全 です。
先天性臼蓋形成不全では股関節の蓋のくぼみが浅く、大腿骨の骨頭が十分にはまっていません。
そのため、股関節がはずれてしまい、変形性股関節症を引き起こすのです。


足をひきずるのは、痛みや筋力の低下が原因
足をひきずって歩く跛行は、そのほとんどが痛みや筋力の低下によるものです。
たとえば、左右どちらかの足を捻挫したときに、痛むほうの足をかばって、歩くときに地面に足をついて体重を支える時間をなるべく短くしようとします。
これと同じで、関節の異常によって痛みがあると、足をかばうためにひきずり足歩行になるのです。

骨盤を支えられなくなる
ひきずり足歩行の原因はもうひとつあります。関節に異常があると、股関節を動かす筋肉の筋力低下が起こるのです。
なかでも、おしりの外側にある中殿筋という筋肉が弱くなります。すると、骨盤をしっかりと支えることができず、体が左右または上下に揺れます。

   日常の動作が不自由になります
股関節の変形が進行してくると、痛みが強くなるにともなって、なめらかな関節の動きがなくなります。
その結果、日常のさまざまな動作がうまくできないなど、動きの制限が起こります。

股関節が変形して動作が制限されます
股関節の形に異常があると、年月を経て、ますます変形が進んでしまいます。関節を形成する骨や軟骨がすり減ったり、周囲の組織や筋肉の付着部分にあたる腱が傷つけられたり、むりに引っ張られたりして痛みが増してきます。

うまく動かないため日常に支障がでてきます
股関節の動かせる範囲が小さくなってくるため、当然ながら股関節が関係した動作がうまくできなくなります。また、日常のさまざまな動作が制限されてきます。



リウマチガイド
股関節
股関節症
股関節の症状
変形性股関節症
股関節の原因
股関節の治療
股関節が痛む病気
キャッツクローの知識
キャッツクローとは
キャッツクローの働き
キャッツクローのこだわり
  キャッツクローの栽培地
キャッツクローの加工会社
当店のご案内
お問い合わせ
法律に関する表示
お試し用お申し込み
お支払いと送料
ご購入
個人情報の保護
会社概要

                       Copyright c 2005 a-supplement.Co Ltd, All rights reserved