骨粗鬆症、骨粗鬆症予防、骨粗鬆症治療について
サメ軟骨の情報
骨粗鬆症
乾癬症
動脈硬化症
変形関節症
サメ軟骨のこだわり
サメの生息地
サメ軟骨の製造会社
サメ軟骨の はたらき
 
ショッピングのご案内
商品のお届け
お支払い方法
ご購入
お試し用
プライバシーの保護


 骨粗鬆症、骨粗鬆症予防、骨粗鬆症症状、骨粗鬆症治療、骨粗鬆症検査について説明しています

 骨粗鬆症
 
 

骨粗鬆症は、骨がスカスカになって折れやすくなる病気として、いまでは、ほとんどの人が知っています。骨粗鬆症は、閉経後の女性がかかることの多い病気ですので、高齢がすすめば、必然的に患者が増えるのは当然ですが、最近では若い女性にも急増しているのです。ダイエットと運動不足が原因で骨がスカスカになったケース、妊娠や授乳で骨がボロボロになったケース、スポーツ選手で、ハードな減量とトレーニングから月経が止まり、骨折しやすくなったケースなど若い女性の骨粗しょう症は、めずらしことではなくなってきました。


 骨粗鬆症になる割合は
骨粗鬆症は圧倒的に女性に多い病気で、女性では閉経期の40〜50歳代から急激に骨量が減少し、60歳代では2人に1人、70歳以上になると10人に7人が骨粗鬆症を起こすような状態になっています。 一方、男性では60歳過ぎから徐々に増え、70歳以上では10人に4人足らずです。現在、日本には1,000万人以上の骨粗鬆症患者がいると推定されています。

 なぜ、骨量が減少するのか
骨の構成成分であるカルシウムは、食事によって摂取され、腸で吸収されて血液中に入り、骨に運ばれ骨が作られます(骨形成)。その一方で、骨はしなやかさを保つために、古くなった骨の成分を壊し(骨吸収、骨破壊)、新陳代謝を行っています。 また、からだの中のカルシウムの約1%は骨や歯以外の細胞や血液中に存在して、神経や筋肉の興奮、あるいは血液凝固(血を固める働き)などで非常に重要な役割を果しています。そのため、血液中のカルシウムが足らなくなると、不足分を骨のカルシウムで補うことになります(骨吸収、骨破壊)。 このように、骨はからだを支える他に、カルシウムの貯蔵庫としての役割を担い、骨は作られる一方で絶えず破壊を繰り返しています。骨量の減少は、このような骨形成、骨吸収のバランスが崩れた結果なのです。 骨量の減少には以下にあげるようなさまざまな因子が関係してきます。

1.加齢:歳をとるとともに、からだの中のホルモンが変化し、骨量が減少します。その他、胃酸分泌の低下や腸の吸収能の低下、腎臓での尿へのカルシウム排泄の増加なども原因となります。
『骨粗鬆症に関係するホルモンとその作用』
ホルモン
作         用
女性ホルモン
エストロゲン
エストロゲンは骨形成を進め、また骨吸収を抑えます。しかし閉経前後からエストロゲン分泌が激減し骨量が減少します。
カルシウム
調節ホルモン
副甲状腺ホルモン
通常は、副甲状腺ホルモンは血液中のカルシウムが不足すると分泌され、骨吸収を促進します。しかし、高齢者ではカルシウムの摂取不足により血液中のカルシウム濃度が低下するため、副甲状腺ホルモンが分泌されて骨吸収が進みます。
カルシトニン
カルシトニンは骨吸収を抑えます。しかし、高齢者ではカルシトニンの分泌が低下するため骨吸収が進みます。

2.女性、閉経:女性の最大骨量は男性より低く、また閉経後の数年間は急激に骨量が減少します。そのため、女性は男性より骨粗鬆症になる危険性が高く、より若い年齢から骨粗鬆症が見られます(男性では、女性ホルモンと同様、男性ホルモンが骨形成を進めています。しかし、男性ホルモンは女性ホルモンほど加齢によって減少しません。)

3.遺伝:家族に骨粗鬆症にかかったひとがいる場合、骨粗鬆症になる可能性が高いです。

4.カルシウム不足:カルシウムは少なくとも1日600mg、成長期の若いひと、閉経を迎えたひとなど1,000〜1,500mgが必要です。高齢者では淡泊なものを好み、食事量も減ってくることから、カルシウムの摂取量が減りがちです。

5.ビタミンD不足:腸におけるカルシウムの吸収にはビタミンDの作用が必要なため、ビタミンDが不足するとカルシウムを吸収することができません。

6.日光浴不足:ビタミンDは、腸でのカルシウムの吸収に不可欠なビタミンです。そして、皮膚の中で日光の紫外線にあたって、はじめて、その役を果すことができるようになります(活性ビタミンD)。そのため、日光に当たらないとうまくカルシウムを吸収することができません。

7.運動不足:筋肉だけでなく、骨の強さを保つためにも運動は非常に大切です。運動といっても、スポーツとは限らず、日常生活の自然な動作や生活様式も、骨や筋肉の維持に影響します。

8.喫煙、飲酒、カフェイン:喫煙は胃腸の働きを悪くしてカルシウムの吸収を悪くし、過量のカフェインは尿へのカルシウムの排泄を増やします。また、過量のアルコールはカルシウムの吸収を減らして、排泄を増やします。

9.食塩、糖分:食塩や糖分を摂りすぎると、カルシウムの尿への排泄が増加し、からだの中のカルシウムが不足することになります。

10.ストレス:過度のストレスは、腸におけるカルシウムの吸収を妨げます。

 骨粗鬆症症状
骨粗鬆症は自覚症状が少ない病気です。そのなかで代表的な症状としては、骨折と、それに伴う痛みなどが中心になります。骨粗鬆症による骨折のほとんどは脊柱(背骨)、大腿骨(太ももの骨)、あるいは、橈骨(手首から肘にかけての親指側の骨)に起こります。
橈骨(トウコツ)の骨折
転んで手をついた際に起こる骨折です。橈骨(手首)の他、腕の付け根の骨(上腕骨頸部)を骨折することもあります。
大腿骨の骨折(大腿骨頸部骨折)
男女ともに60歳以後、歳をとるとともに転倒などによる大腿骨折を起こします。 大腿骨の骨折を起こすと寝込むことが多く、そのため運動不足などから,さらに骨量が減少するという悪循環に陥り、高齢者では「寝たきり」の原因になることが少なくありません。
脊柱(セキチュウ)の骨折(圧迫骨折)
・脊柱の変形、身長の短縮:重いものを持ったり、転んだりして普段より少し余計な力がからだに加わっただけで、椎骨(脊柱を構成している一つひとつの骨)が変形します。
・慢性の腰痛:椎骨の変形が徐々に生じると、背骨やその両側の筋肉が次第に痛むようになります。痛みは、寝返りや起床、歩行開始時など動作を始めるときに生じます。
・突然起こる腰、背中、時には胸の痛み:脊柱の中には神経(脊髄神経)が通り、さらに椎骨の間からからだの各部に向かう神経の枝が出ているため、椎骨の圧迫骨折が起こると、神経の枝が圧迫され、腰や背中に突然、激しい痛みが生じます(腰痛や背中の痛み)。


 骨粗鬆症になりやすい例
エストロゲンが不足している場合 更年期以降閉経前の両方の卵巣摘出や卵巣機能の低下
その他のホルモンバランス(内分泌系)の異常
甲状腺機能亢進症、副甲状腺機能亢進症、糖尿病
胃腸などの消化器系や栄養のバランスの異常

ダイエットの経験、偏った食習慣、たんぱく質不足 、過度の飲酒   不規則な生活 、ビタミンAまたはD過剰、喫煙習慣、胃切除後、 ビタミンC欠乏症 

長期間の薬物使用

抗がん剤、抗けいれん剤、副腎皮質ステロイド剤

その他 長期間の安静や運動不足、身内に骨粗鬆症がいる人、低身長、細い骨格

 骨粗鬆症予防
最も大切なのは、骨量が最大となる若年期に、骨量をより多くしておくことです。この時点の骨量が多ければ、歳をとって骨量が減少しても、骨粗鬆症になる危険な値に達することはありません。そのためには、小児期および青年期から、しっかり骨量を増やしておくことが大切です。
是非とも、若いときからの長期的に骨粗鬆症の予防に取り組み、明るい高齢期を実現してください。

日頃からカルシウム摂取を心がけた食生活を実現し、骨量を増やし減少を防ぎましょう。
自分の骨量を知っておきましょう−早期発見。
骨折の原因となりやすい動作や転倒などに注意しましょう。

 骨粗鬆症診断法
検査は最初の診断をつけるため、また治療効果を判断するため定期的に行われます。

脊柱のレントゲン検査
(X線検査)

脊柱の老化には、骨粗鬆症の他に変形性脊椎症と脊椎周囲靱帯骨化症とがあります。X線撮影で、これらを区別します。
血液検査、尿検査
血液検査や尿検査によって、症状が骨粗鬆症と似ていながら、原因の異なる他の病気(骨軟化症、原発性副甲状腺症、前立腺がん骨転移、べーチェット病、悪性腫瘍骨転移など)を区別します。
骨量測定
骨量を測定する方法には、二重エネルギーX線骨密度測定(DXA)や単純X線撮影(MD法、DI法)、CT(コンピューター断層撮影法)、超音波法があります。 骨量は測定機器や測り方によって変わるため、正確な診断や治療のためには同じ施設で継続して診察を受けることが大切です。

 骨粗鬆症治療
ほとんどの骨粗鬆症は、骨折を起こして初めて病気であることがわかります。治療には、運動療法、食事療法、薬物療法があり、骨塩量の減少の程度や症状に合わせて行われます。
1.運動療法
日常生活でできる範囲の軽い運動、骨粗鬆症のための体操、理学療法士による運動療法などを症状に合わせて行います。
2.食事療法
・カルシウムを含む食品をたくさん食べましょう。
・腸でのカルシウムの吸収を良くする食品を摂りましょう。
3.薬物療法
軽症の場合は、運動療法と食事療法で様子を見ますが、これで改善されなかったり、かなり骨量が減少している場合は、薬物療法を始めます。 薬剤にはいろいろな種類があるため、おしっことして排泄されているカルシウムの量、年齢、女性では閉経時期との関係、子宮ガンや乳ガン、血栓症にかかったことがあるかどうか、などによって使う薬剤を決めます。また、骨塩量と痛みの変化から治療効果を判断し、薬剤を変更したり、2種類以上の薬を併用することもあります。

【薬物療法に用いられる薬 】
治療薬
効 果
副作用
ビタミンD3
カルシウムの吸収を増加させ、新しい骨を作るのを助けます。 胃部不快感、吐き気などの胃腸の調子をおかしくすることがあります。
カルシトニン
骨密度の減少を抑えて、背骨や腰の痛みを和らげます。 注射した後すぐに、顔のほてり、めまい、吐き気が起こることがあります。
エストロゲン
骨密度を増加させます。女性ホルモンの分泌が減少する閉経期の女性が対象となります。更年期に起こるほてり感などの症状にも効きめがあります。 性器出血が見られることがあります。また、乳癌になる可能性が若干高くなるとされています。
イプリフラボン
骨密度の減少を抑えます。カルシトニンの分泌を盛んにするほか、新しい骨を作るのを助けます。 胃部不快感、吐き気など胃腸の調子をおかしくすることがあります。
ビタミンK2
骨密度の減少を抑えて、新しい骨を作るのを助けます。 胃部不快感、吐き気など胃腸の調子をおかしくすることがあります。
ビスフォスフォネート
骨密度を増加させ、背骨の変形を起こしにくくします。 胃部不快感、吐き気など胃腸の調子をおかしくすることがあります。
4.理学療法
・温熱療法:入浴、温湿布、ホットパックなど。
・マッサージ:血行をよくして新陳代謝を進め痛みを軽くします。
・コルセット:圧迫骨折による痛みを軽くし、また、脊柱の変形を予防します。
5.手術
手首と脊椎の骨折は、薬物療法や温熱療法、理学療法で治療するのが一般的ですが、大腿骨頸部骨折はほとんど手術が必要です。


 サメ軟骨のはたらき
細胞ニカワ質であるコンドロイチンが、骨の組織成分であるカルシウムを骨に沈着させる働きをしているからです。骨粗鬆症の改善としてカルシウムとともにコンドロイチンを摂取することは、非常に効果的です。
骨粗鬆症を改善するためには、カルシウムが不足しないようにすればいいわけですが、摂取するだけでは不十分です。 
要は、吸収力があるかないかです。  摂取したカルシウムは、腸管で吸収されますが、統計によると、吸収率は乳幼児で65〜75%、成人では30〜40%なのに対し、老人では20%台にまで低下しています。
低下の原因は、カルシウムの溶解に必要な胃液の減少や腸管粘膜の機能低下など臓器の老化によるものもあります。  
現在、骨粗鬆症の治療には、女性ホルモン剤(イプリフラボン)や活性型ビ夕ミンD3が用いられていますが、副作用問題があり、100%安全とは言いきれない状態です。 
ビタミンCの欠乏は骨を弱くしますし、ビタミンDの不足やリンの過剰摂取はカルシウムの吸収を妨げます。
また、塩分の摂りすぎは、カルシウムの尿中への放出をうながします。 従来から言われているこれらのことに付け加え、現在では、コンドロイチンと骨粗しょう症との因果関係が注目されています。 
コンドロイチンとは、私たちの身体の細胞と細胞、組織と組織を結びつけているネバネバ物質(ムコ多糖)の主要成分の一つです。 コンドロイチンは、体内では再生できないので、食べることによって補うわなくてはいけません。

コンドロイチンは、動物性食材のなかでも、とくにサメの軟骨に多く含まれています。サメの骨格は、すべて軟骨からできているからです。軟骨には、コンドロイチンが豊富に含まれているのです。
骨粗鬆症の痛みはご本人でなければわからないものです。サメ軟骨をお勧めします。
当店 が提供しているサメ軟骨は、ペルーのピウラ沖で捕獲されたものです。
ピウラ沖は、世界の海流を左右する、エルニーニョ、ラニーニャの発生地でもあり、自然界においてもとても重要な位置にあります。
エーサプリメント のサメ軟骨は、世界の魚が集まるといわれるピウラ沖で捕獲された中から、厳選した「しゅもくざめ」を原料としています。
捕獲されたサメは、国際標準化機構(ISO)の認定会社であるVIDA NATURALで、厳しい品質管理のもと加工し、植物由来のカプセルに詰めた最高品質の商品です。100%純粋な天然食品ですのでもちろん副作用の心配はありません。コンドロイチンが豊富な副作用のない純粋100%の最高品質のサメ軟骨なのでご安心ください!

白石 一枝 (東京都葛飾区)
私は骨粗鬆症で入院しました。それからというもの、腰の痛みがつきまとい、常時、座薬を使用しないと痛みが治まらない状態でした。フトンの上げ下ろしにも激痛が走り、もう一生この痛みは抜けないものと思っていました。娘に勧められてサメ軟骨DXを1日3回、3カプセル飲むようになりました。1ヶ月飲み続けているとななんとなく腰の痛みが軽減していき、2ヶ月目には座薬を使わなくて済むようになりました。自分のことは自分でやれるように、健康には気をつけていこうと思います。



                        骨粗鬆症に期待がもてるサメ軟骨のご紹介   
私たちは、何よりもお客様の安全とご満足を大切に致したいと思っております。
天然100%の副作用がない健康食品でも、
私たちの経験では、人により合う、合わないもあるようです
初めてサメ軟骨をお飲みになる方
いきなり商品をお求めになることが心配の方へ
他社商品をお飲みになられて実感が持てない方へ
一度安い価格のお試し用でお試しいただくことをお勧めしております。
ご自分に合うかどうか試されてから、ご判断されても遅くはございません。
 



サメ軟骨DXの良さをご実感頂く為に
  サメ軟骨DX お試用定価2,400円を特別価格1,400円にてご準備いたしております
サメ軟骨DXのお試用お申し込みはこちらから

今ならお試し用お申し込みの皆様に

内容量350mg×20カプセルですとサメ軟骨の小冊子をプレゼントしています
*服用目安1日6〜9カプセル(*3日〜5日の目安で服用下さい)

サメ軟骨DX純粋100%

一回目のお届け時に左の詰め替え容器をお送りいたします。
アルミ袋のパッツクより、詰め替えてご愛飲ください。

弊社は環境問題及びコスト削減を目的に詰め替え容器のご愛用をお願いいたしております。

コンドロイチンが軟骨や滑液の弾力性を保ち抗がんやがんの再発防止にも期待がおおきい

 目安:1日3〜6カプセルほど
 成分:サメ軟骨
 容量:100カプセル(300mg×100))
 使用目安:1ヶ月ほど
 副作用:なし                
 価格 12.000円
 表示価格は消費税込み価格

2回目以降のご注文では、アルミ袋パックにて、お届け致しますので、ガラス容器に詰め替えてご愛飲くださいませ

純粋サメ軟骨 100%
健康食品:コンドロイチン1カプセル当たりの栄養成分表示
エネルギー: 0.76Kcal 
たんぱく質:105mg  
脂質:7mg   
炭水化物:14mg 
ナトリュウム:0.75mg     
添加物:無添加 
原産地:ペルー
製造会社:ビダ・ナチュラル社
品質保証:ペルー衛生省(ペルー衛生省食品衛生登録商品)
品質保証期間:2009年5月 
植物由来カプセル(NPcaps)
輸入検査:社団法人 日本衛生協会 食品衛生研究所  輸入許可:東京免疫所
注意:当ホームページは、エ-サプリメント によって、制作、管理、運営されております。
よって、内容、画像などを権利者に無断で複製、改変、第三者への譲渡、販売、頒布など、行うことを固く禁止致します。
Copyright c 2005 a-supplement.Co Ltd, All rights reserved