骨密度測定方法は骨粗鬆症の診断、経過観察の方法は、DXA法をはじめMD法、CT法、超音波法などがあります

骨がもろくなるまえに骨量を測りましょう
骨の健康維持に関して私たちが無関心になりがちなのは、骨が目には見えないこと、そして、骨量 が減少し始めても自覚症状がないということが原因です。知らないうちに、骨がもろくなってしまっては大変ですよね。

骨の量はどのくらい減ったら危険なのでしょうか
危険か危険でないかは、骨の量がどのくらい減った状態で骨折がおこるか、によります。 WHO(世界保健機構)では、1994年に骨粗鬆症の基準を決めました。
20~40歳の骨の平均から-2.5SD(標準偏差)以下になったものを骨粗鬆症として、骨折の危険ありとしたものです。
日本では、SDという単位が分かりにくいということで、1996年にパーセントを使った新しい診断基準をつくりました。 それは若いとき(20~44歳)の平均骨量の20%減少までは正常、20~30%を骨量減少、30%以上の減少を骨粗鬆症と診断するというものです。
骨粗鬆症になると骨折を起こしやすくなり、その意味では30%以上骨量が減ると危険な状態といえます。なお、すでに骨折(外傷性以外の骨折)がある場合は、20%以上の骨量減少で骨粗鬆症と診断します。また、痛みがなくても背が1年間に1cm 以上短縮した場合は骨量を測定する必要があります。

原発性骨粗鬆症の診断基準
低骨量をきたす骨粗鬆症以外の疾患または続発性骨粗鬆症を認めず、骨評価の結果が下記の条件を満たす場合、原発性骨粗鬆症と診断します。
1.脆弱性骨折あり
脆弱性骨折:低骨量(骨密度がYAMの80%未満、あるいは脊椎X線像で骨粗鬆化がある場合)が原因で、軽微な外力によって発生した非外傷性骨折。骨折部位は脊椎、大腿骨頸部、橈骨遠位端、その他。

2.脆弱性骨折なし

骨密度値(注1)
脊椎X線像での骨粗鬆化(注2)
正   常
  YAMの80%以上
     なし
骨量減少
  YAMの70%以上80%未満
     疑いあり
骨粗鬆症
  YAMの70%未満
     あり
YAM :若年成人平均値(20-44歳)
(注1):骨密度は原則として腰椎骨密度とする。ただし、高齢者において、脊椎変形などのために腰椎骨密度の測定が適当でないと判断される場合には大腿骨頸部骨密度とする。これらの測定が困難な場合は橈骨、第二中手骨、踵骨の骨密度を用いる。
(注2):脊椎X線像での骨粗鬆化の評価は、従来の骨萎縮度判定基準を参考にして行う。

検査方法
現在、種々の骨量測定法が利用されています。各骨量測定法は、測定原理、測定部位、得られる骨量の指標、測定精度、測定時間や被ばく線量などの基本性能が異なります。骨量の評価方法としては、X線単純写真による判定から、MD法、DIP法、CXD法、SXA法、DXA法、QCT法、超音波法(QUS)法などがあります。また、各々の測定法に応じて、測定可能部位も、中手骨、橈骨、腰椎、膝蓋骨、大腿骨、脛骨、踵骨などが対象となります。現時点では、腰椎のDXA法が骨量測定の標準です。骨粗しょう症診断基準(2000年版)では、診断基準が示されています。

骨量測定装置による検査
 MD法(CXD法またはDIP法)
Microdensitometry(MD)は、radiographic absorptiometry(RA)と呼ばれる方法で、手のX線写真をアルミニウムの基準物質(骨量ファントム)と一緒に撮影し、骨と基準物質の濃淡をコンピューターに読み取らせ、骨量を割り出します。この方法は、(1)骨折リスクの予知がある程度可能、(2)体幹部へのX線被爆がない、(3)X線撮影自体は短時間で済むので、多数例のスクリーニングに適しているなどの利点があります。しかしながら、この検査では、手の骨量から脊椎などの骨量をある程度推測できるものの、微量な骨量の増減を正確に測定することができません。
 DXA法(デキサ法)
二重エネルギーX線吸収測定法(dual-energy X-ray absorptiometry)は、2種類のエネルギーレベルのX線の透過率の差を利用して骨量を測定する方法で、測定対象骨は、腰椎、大腿骨頸部、前腕骨ならびに全身骨です。測定の精度が高く、測定時間が短く(全身で7~8分、腰椎なら3分程度)、放射線の被爆量もわずかですみます。腰椎DXAは、骨量測定の標準方法として重視され、骨粗しょう症の診断、経過観察や治療効果の評価に広く用いられています。新しいDXA装置では、(1)OneScan、OneVision方式の導入により、腰椎と大腿骨頸部を患者ポジションを変えることなく一気に測定、(2)スマート・スキャン方式の採用により、測定時間の短縮と被爆量の低減、(3)全身の骨量、脂肪量と軟部組織量と、各部位でのそれらの構成比率の測定、(4)Hip Axis Length、Upper Neck部位といったAdvance Hipの測定、(5)Composer高度編集機能、CAD(Computer Assisted Densitometry)といった自動化・効率化機能、(6)DICOM Worklist、HL7、TeleDensitometryといった通信機能など、ソフトおよびハードの面で機能がますます充実してきました。こうしたベッドタイプのDXA法は、骨粗鬆症の精密検査や、骨量の微妙な変化の確認が必要となる治療効果のモニタリングには必須といえますが、X線防御の必要から導入されている医療機関はまだ限られているといえます。
 QCT法
X線CT装置を用いて骨密度を求める方法が定量的CT法(quantitated computed tomography:QCT)です。海綿骨と皮質骨を分けて測ることが可能であることが特徴です。全身X線CT装置を用いれば胸椎や腰椎の測定が可能です。近年、末梢骨専用のpQCT(peripheral QCT)が登場しました。これは橈骨の海綿骨の骨密度を低被爆量で簡便に測定でき、検診への応用が可能です。
 QUS法
わが国では、踵骨専用の超音波骨密度測定法(Quantitative Ultrasound:QUS)が急速に普及してきています。その理由として、(1)DXA,pQCT法などと比較し、装置が比較的安価であり、小型軽量で移動が可能な点、(2)測定時間は1分程度と短い点、(3)X線被爆の問題がないため設置場所や被検者の制限が少ない点があげられます。妊娠の可能性のある女性や、繰り返し測定を必要とする事例、小児への検査についても被曝の心配をすることなく骨密度測定が行えます。
骨強度を規定する3要素のうち、骨量(bone mass)は骨強度の80%を規定しますが、最近では他の2つの要素である骨梁などの構造(geometric properties)、及び骨質(materials quality)も注目されてきています。QUS法では、その原理から、骨の構造や骨質の評価の可能性にも期待が高まっています。測定のパラメーターとしては、超音波が骨の中を通過する際の速度である超音波伝播速度(speed of sound:SOS)とその際に超音波が減衰する程度を示す超音波減衰率(broadband ultrasound attenuation:BUA)を測定し、この両者から総合的な踵骨の指標としてStiffness(% young adult)を算出します。このうちSOSは骨密度を、BUAは骨の硬度や骨梁の三次元構造をも反映するとされますが、こうしたSOSとBUAの精度の高さに裏付けられたStiffnessは、米国FDAによって認められた唯一の超音波骨密度の指標として、すでに全世界で採用された世界標準となっています。

あなたの骨の健康度チェック

次の項目について、「はい」「いいえ」でお答えください。
答え終わったあと 「はい」の数をかぞえて、下の骨の健康度診断の欄をご覧ください。あなたの 骨の健康度がわかります。

 骨の健康度チェック欄
 身体のぐあい

 最近背が縮んだ
はい
いいえ

 最近背中が丸くなったり、腰が曲がってきた
はい
いいえ
 ちょっとしたことで骨折した
はい
いいえ
 体格はどちらかといえば細身だ
はい
いいえ
 家族に骨粗鬆症と診断された人がいる
はい
いいえ
 糖尿病だったり、胃や腸の手術を受けたことがある
はい
いいえ
 閉経を迎えた(女性) 70歳以上である(男性)
はい
いいえ
 若いころから月経が不順だ(女性)
はい
いいえ
 暮らしぶり
 牛乳や乳製品をあまりとらない
はい
いいえ
10
 小魚や豆腐をあまりとらない
はい
いいえ
11
 タバコをよく吸う
はい
いいえ
12
 お酒はよく飲むほうだ
はい
いいえ
13
 天気のよい日でもあまり外へ出ない
はい
いいえ
14
 運動はもちろん身体を動かすことが少ない
はい
いいえ
合  計
(    )
(    )
骨の健康度診断の欄
はいの数はいくつありましたか。あなたにあてはまる項目をご覧ください。
2つ以下
現時点であなたの骨は健康と考えてよいでしょう。
このまま今の生活を続けましょう。
3つ以上
骨が弱くなる可能性があります。今から将来のことを考えて、暮らしぶりに気をつけましょう。
6つ以上
骨が弱くなっている可能性があります。骨を強くする暮らしぶりを取り入れましょう。
10以上
骨が弱くなっていると考えられます。転ばないように暮らしぶりを見直してください。一度医師診察を受けてみてはいかがでしょうか。
[注意]
このテストは骨量を直接はかって診断するものではありませんから、絶対に正確とはいいきれません。暮らしぶりを反省する一つのきっかけにしていただければ幸いです。
[出典]
「丈夫な骨でいきいきライフ」骨の丈夫さチェック(林 泰史分担執筆)    
骨粗鬆症財団発行 より引用
骨密度が低下すると骨粗鬆症(骨粗しょう症)になりやすくなります。
骨の密度を骨密度と呼びます。これがが減少すると、骨が弱くなり骨折しやすくなります。骨密度の少ない状態を骨粗しょう症といいます。骨粗しょう症は、男性よりも女性に圧倒的に多いです。
その理由としては、骨の主成分のカルシウムのもともとの骨量が女性のほうが少ないことなどが原因です。女性の方が一般的にカルシウムの摂取量も少ないといわれています。
しかも、骨量の減少を抑制する性ホルモンやエストロゲンの低下が女性のほうに起こりやすいのです。また、女性は出産でカルシウムを失うことが多いのです。
さらに、最近では極端なダイエットによるカルシウム摂取不足も原因になることがあります。 年齢が増すにつれて、骨粗しょう症のリスクが高くなります。若いうちから、カルシウムを積極的に摂取することで、骨粗しょう症になりにくくなります。

骨粗鬆症を改善するサメ軟骨(コンドロイチン)
骨粗鬆症は、骨のカルシウム不足などで骨量が減少することから、ちょっとしたことでも骨折しやすくなる病気です。骨粗しょう症を改善するためには、カルシウムが不足しないようにすればいいわけですが、摂取するだけでは不十分です。
現在骨粗鬆症の治療には、女性ホルモン剤(イプリフラボン)や活性型ビタミンD3用いられていますが、副作用の問題があり、100%と安全とはいいきれない状態です。 


サメ軟骨(コンドロイチン)と骨粗鬆症との因果関係が注目
細胞ニカワ質であるコンドロイチンが、骨の組織成分であるカルシウムを骨に沈着させる働きをしているからです。骨粗鬆症の改善として、カルシウムとともにコンドロイチンを摂取することは、非常に効果的です。
コンドロイチンは、すでに体内に存在している物質ですから、安全性においても問題はありません。安心して摂取してください。

サメ軟骨のはたらき
サメ軟骨細胞ニカワ質であるコンドロイチンが、骨の組織成分であるカルシウムを骨に沈着させる働きをしているにので、骨粗しょう症の改善に期待がもてます。当店 が提供しているサメの軟骨は、ペルーのピウラ沖で捕獲されたものです。 ピウラ沖は、世界の海流を左右する、エルニーニョ、ラニーニャの発生地でもあり、自然界においてもとても重要な位置にあります。 サプリメント 健康食品アソシエ のサメの軟骨は、世界の魚が集まるといわれるピウラ沖で捕獲された中から、厳選した「しゅもくざめ」を原料としています。
捕獲されたサメは、国際標準化機構(ISO)の認定会社であるVIDA NATURALで、厳しい品質管理のもと加工し、植物由来のカプセルに詰めた最高品質の商品です。100%純粋な天然食品ですのでもちろん副作用の心配はありません。コンドロイチンが豊富な副作用のない純粋100%の最高品質のサメ軟骨なのでご安心ください!

白石 一枝 (東京都葛飾区)
私は骨粗しょう症で入院しました。それからというもの、腰の痛みがつきまとい、常時、座薬を使用しないと痛みが治まらない状態でした。フトンの上げ下ろしにも激痛が走り、もう一生この痛みは抜けないものと思っていました。娘に勧められてサメ軟骨DXを1日3回、3カプセル飲むようになりました。1ヶ月飲み続けているとななんとなく腰の痛みが軽減していき、2ヶ月目には座薬を使わなくて済むようになりました。自分のことは自分でやれるように、健康には気をつけていこうと思います。





      骨粗しょう症、骨粗しょう症症状、骨粗しょう症検査についての説明はこちらから
                                   サメ軟骨のご説明はこちたから

私たちは、何よりもお客様の安全とご満足を大切に致したいと思っております。
天然100%の副作用がない健康食品でも、
私たちの経験では、人により合う、合わないもあるようです
初めてサメ軟骨をお飲みになる方
いきなり商品をお求めになることが心配の方へ
他社商品をお飲みになられて実感が持てない方へ
一度安い価格のお試し用でお試しいただくことをお勧めしております。
ご自分に合うかどうか試されてから、ご判断されても遅くはございません。
 

サメ軟骨DXの良さをご実感頂く為に
  サメ軟骨DX お試用定価2400円を特別価格1.400円にてご準備いたしております
サメ軟骨DXのお試用お申し込みはこちらから

今ならお試し用お申し込みの皆様に
内容量350mg×30カプセルとサメ軟骨の小冊子をプレゼントいたしております。
*服用目安1日6~9カプセル(*3日~5日の目安で服用下さい)

サメ軟骨DX純粋100%

一回目のお届け時に左の詰め替え容器をお送りいたします
アルミ袋のパッツクより、詰め替えてご愛飲ください

弊社は環境問題及びコスト削減を目的に詰め替え容器のご愛用をお願いいたしております

コンドロイチンが軟骨や滑液の弾力性を保ち抗がんやがんの再発防止にも期待がおおきい

 目安:1日3~6カプセルほど
 成分:サメ軟骨
 容量:100カプセル(300mg×100))
 使用目安:1ヶ月ほど
 副作用:なし                
 価格 12.000円
 表示価格は消費税込み価格

2回目以降のご注文では、アルミ袋パックにて、お届け致しますので、ガラス容器に詰め替えてご愛飲くださいませ

注意:当ホームページは、エ-サプリメント によって、制作、管理、運営されております。
よって、内容、画像などを権利者に無断で複製、改変、第三者への譲渡、販売、頒布など、行うことを固く禁止致します。
Copyright c 2005a-supplement.Co Ltd, All rights reserved