更年期、更年期障害、更年期障害症状を緩和する健康食品マカ  
更年期障害特集
更年期障害
更年期女性ホルモン
男性更年期障害
更年期
マカの関連情報
男性不妊
女性不妊
生理不順・生理痛
若返り・老化防止
ストレス
シミ・シワ・肌荒れ
自立神経ホルモン失調
眼精疲労
精力減退
物忘れ
マカのこだわり
マカの選びのポイント
マカの栽培地
マカの製造会社
マカのはたらき
 
ショッピングのご案内
商品のお届け
お支払い方法
ご購入
お試し用
プライバシーの保護

更年期、更年期障害、更年期障害症状についてご説明いたします
 
 
 更年期障害
更年期障害という言葉はよく知られていますが、更年期は閉経後のことと思っている人が多いようです。 しかし、これは更年期の後半。更年期とは、女性ホルモンを分泌する卵巣の働きが衰えて停止し、女性ホルモンが欠乏した状態で体が安定するまでの時期を指します。具体的には、閉経をはさんでその前後10年ぐらいの期間を指しています。今、日本女性の平均的な閉経年齢は、51歳ぐらいですから、40代半ばから50代半ばまでの期間が、更年期にあたただし、これには個人差も大きく、人によっては30代後半から卵巣の機能が衰えはじめ、更年期障害のような症状になる人もいます。
これは、 若いころに無理なダイエットを繰り返したり、不規則な生活や食事を続けてきた、といった生活をしていると、ホルモンバランスにも響いてくるのです。 また、更年期を迎えほとんど気にならない人もいれば、寝込むほど調子が悪く、日常生活も満足にできない人もいます。この差は、どこにあるのでしょうか。ホルモンバランスの乱れが大きな要素になっています。

 更年期障害とエストロゲンの関係
基本的には、エストロゲンやプロゲステロンなどの女性ホルモンが、激減することが引き金に
思春期の女性の卵巣には、数十万個の卵胞があります。しかし、40歳前後を境にその数は急激に減少し、50歳になると数千にまで減少するといわれています。その減少とともに、卵巣の機能も衰えてきます。それまで卵巣から分泌されていたエストロゲンやプロゲステロンの量が徐々に減少してくるのです。これだけでも、体のホルモン環境は変化するわけです。さらに卵巣からのホルモン分泌を促すホルモンのほうにも変化が起こります。
卵巣の機能は、脳の視床下部によってコントロールされています
ここからの指令を受けて脳下垂体からは、性腺刺激ホルモンが分泌されています。ところが、いくら指示を出しても女性ホルモンが卵巣から十分に分泌されないので、どんどん性腺刺激ホルモンが分泌され、さらにホルモン環境がアンバランスになっていくのです。 とくに脳の視床下部には、ホルモンをコントロールする中枢だけではなく、情動や自律神経の働きを司る中枢が集まっています。そのため、女性ホルモンのバランスが乱れると、自律神経の働きや情動にまで影響が及び、さまざまな症状が嵐のように襲ってくるのです。

 更年期障害の症状
更年期の兆候は、まず月経の乱れに現れます
それまで、規則正しく起こっていた月経が、最初は短い周期で訪れるようになります。減少したエストロゲンをもっと分泌しようと、脳下垂体から性腺刺激ホルモンがどんどん分泌されるのが原因です。人によっては、月に2回も月経がくることがありますが、月経血そのものの量は少なくなります。 この時期を過ぎると、月経周期は全く乱れ、間隔が短くなったり長くなったり、月経がダラダラ続いたり、短期間で終わるなどさまざまな変化が起こります。そして、やがて月経の周期が長くなっていき、閉経を迎えます。
一般的には1年以上月経がなければ、閉経と考えられます
月経が乱れはじめたころから現れるのが更年期障害です。更年期障害は、非常に多彩なのが特徴です。自律神経の働きが乱れて起こる典型的な症状が「ホット・フラッシュ」、いわゆるのぼせと発汗です。気温と関係なく突然上半身がカーッと暑くなり、発汗します。ときには、動悸やめまい、脈の乱れを伴うこともあります。手足の冷えや耳鳴りなども多い症状です。また 、頭痛、肩こり、腰痛、疲労倦怠感、トイレが近い、腟や尿道がヒリヒリする、性交痛なども多い症状です。そしてライラしたり何でもクヨクヨ考え込んでしまう、気分が落ち込んでうつうつとするといった精神症状も更年期に現れやすい症状です。

 更年期障害の治療は
更年期障害の治療には、薬物療法心理療法などがあります。
【薬物療法】
更年期障害の治療で薬物療法を行う場合には、体全体の調子を整えるための薬が主に用いられますが、特定の症状が強く出ているときは、それを改善するための薬も併用されます。
体全体の調子を整える薬
薬の種類
目 的
用いる場合
特    徴
ホルモン薬 
  (ホルモン補充療法)
急激に減少する女性ホルモンを補充することによってホルモンバランスを整ええます。
急激に減少する女性ホルモンを補充することによってホルモンバランスを整ええます。
・萎縮性膣炎に基づく膣乾燥感、性交痛にも効果があります。
・骨粗しょう症の治療にも用いられます。
・個人差はありますが、不正出血、乳房痛、頭痛、悪心、嘔吐などの副作用があります。
・長期間の使用によって乳がんになる可能性が若干高くなるといわれています。
漢方薬
「気・血・水」の流れを改善し、全身のバランスを整えます。 更年期症状が軽い場合やホルモン薬を使えない場合に用います。
・体質や症状などによって薬が使い分けられます。
・副作用が少なく、長期間の使用が可能です。
・効果がでるまでにやや時間がかかります。
自律神経調整薬
自律神経全体のバランスを整えます。
更年期症状が軽い場合やホルモン薬を使えない場合に用います。 ・ほてりや発汗などに効果がありますが、効果はやや弱いです。
・補助的に使用されます。
【心理療法】
更年期症状には、体に関わるものだけではなく、「いらいら」「不安感」「うつ状態」など、心に関わるものがあるため、症状の原因が精神的な問題にある場合に用いられます。 この療法は、日常生活に張りをつくるようにしたり、物事の考え方を変えてみるなど、心理的な側面から症状を軽減してくれる方法です。

 更年期を迎えるかたへのアドバイス
更年期をうまくのりきるためには、「栄養バランスに気を配った食事をとる」「ウォーキングや軽いジョギングなどの適度な運動をする」ことの他、「趣味や仕事、ボランティア活動など何か打ち込めるものをもつ」など、普段の生活の中で取り組めることも重要となります。 これらの取り組みは、更年期を迎えてからかかりやすくなる下表の病気の予防にもなりますので、更年期を迎える前から心がけましょう。
更年期を迎えかかりやすくなる主な病気 
病気の種類
主な症状
高血圧症 動悸、息切れ、頭痛、めまい、肩こり、耳鳴り
狭心症・心筋梗塞などの心臓病 動悸、息切れ、不整脈、胸痛
糖尿病 のどの渇き、頻尿、しびれ、知覚過敏、知覚鈍麻、体重減少、倦怠感
骨粗しょう症 腰痛、背部痛
甲状腺機能亢進症(バセドウ病) 発汗過多、動悸、息切れ、月経不順、体重減少、ふるえ
子宮がんなど婦人科系の病気 不正出血、おりものの異常、腰痛、動悸、息切れ、貧血
膀胱炎 排尿痛、残尿感

更年期の病気 

骨粗しょう症
骨からカルシウムなどのミネラル、タンパク質などがとけて出て、骨がスカスカになります。 そのため、骨がもろくなって腰痛、背痛を起こしたり、骨折しやすくなります。
エストロゲンが減少する閉経後は要注意
更年期前の女性はエストロゲンという女性ホルモンの作用で若さを保つことができますが、閉経によってエストロゲンの分泌がストップすると全身に老化が起こってきます。骨も例外ではありません。骨からカルシウムなどのミネラルやタンパク質などがとけ出していき、骨量(骨密度)が減ってきます。 このような状態の骨は、全体に軽石のような穴があき、スが入ったようになります。 現在のところ、これを完全に戻す治療方法はないので、症状が出る前に予防策をとることが大切です。
高血圧
わが国の高血圧患者は約3300万人もいて、60歳以上の約6割は高血圧といわれています。 元気で長生きするためには、更年期からしっかりと予防することが大切です。
高血圧を放置すると臓器障害のドミノ倒しに
高血圧がなぜこわいのかというと、さまざまな臓器の血管に障害を与え、命をおびやかしたり、QOL(生活の質)をいちじるしく低下させるからです。 主なダメージは心臓、脳、腎臓に起こります。
高脂血症・動脈硬化
閉経後の女性は動脈硬化が急速に進み、それまで少なかった心筋梗塞も男性並みにふえていきます。 血液をさらさらに保って
高脂血症を防ぐことが、動脈硬化の予防になります。
更年期ごろから発症する肥満や糖尿病がかかわっています
動物性脂肪のとりすぎ、過労、運動不足が引きがねになります。血管は40歳を過ぎれば多かれ少なかれ硬化を始めます。 女性ホルモンのエストロゲンには動脈硬化の進行を防ぐ作用があるので、閉経して女性ホルモンがストップすると動脈硬化は急速に進みます。
糖尿病
肥満になりやすく、動脈硬化や高血圧の増加する更年期は糖尿病の好発期です。
糖尿病のこわさは合併症が起こりやすいこと

糖尿病を発症しても初期は無症状なので、この段階で病気を知るには血液検査をし、自分の血糖値を知ることが大切です。血糖値が高いまま放置すると、糖尿病特有ののどの渇き、多尿、手足のしびれ、太る、やせる、疲労感、外陰部のかゆみなどの症状がでてきます。 ほんとうにこわいのは、病気の進行によって体のあちこちに出てくる、合併症です。
乳がん
乳がんにかかる割合は、40代後半から50代にかけてがピークとなっており、更年期を迎える時期とぴったり重なります。
乳がんは女性ホルモンのエストロゲンが発症にかかわっているといわれています
出産経験がない、初産が遅い、授乳経験がない、初潮から閉経まで長いなど、エストロゲンの影響を受る期間が長い人ほどリスクが高くなります。 そのほか、遺伝的素因、肥満や多量飲酒も発病に関係しています。

 更年期障害の対策方法
女性ホルモンの減少は、骨量の低下(骨粗鬆症)コレステロールの増加(糖尿病)、生活習慣病などの原因にもなります。そこで天然100%のマカサポートDXをたっぷりとって、病気にかかりにくい体をつくりましょう。体が健康であれば、精神的にも落ち着いて、イライラや無気力、不安感なども改善される効果が期待できます。

更年期障害の改善に期待されるマカ
更年期障害は卵巣ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)に深く関わっています。この女性ホルモンの分泌が低下してしまうことが原因と考えられています。特にエストロゲン欠乏は、更年期障害の代表である「月経停止、不眠、発汗、顔面紅潮」を引き起こします。

マカは女性特有の更年期障害の症状に期待
エストロゲンの分泌減少がホルモンのバランスを崩し、その影響が自律神経の失調から更年期障害が起きるのです。マカにはエストロゲンを補充する働きがあります。更年期障害の不快症状であるのぼせ、ほてり、熱感、動悸、頭痛、めまい、不眠、イライラなどこうした症状に対してマカに含まれる鎮静効果のあるカルシウムや鉄、銅などの各種ミネラルやアミノ酸の相乗効果からもたらせる作用が期待できます。また、更年期障害にの背景にあるストレスにもマカが一役買ってくれます。

マカの成分ビタミンB群、ビタミンE、カルシウムなどのミネラルビタミンがこれらのストレスを緩和して更年期障害を改善します。また、ホルモンバランスを改善するだけではなく、免疫系・自律神経系にまで、好影響を与えているということが考えられます。


更年期特有の症状が緩和(45歳・女性・会社員)
40代に入りめまいや耳鳴り、のぼせといった更年期の症状が徐々に出始め、仕事中もつらく困っていました。人づてに良いというものはいろいろ試してみましたが、これといって効果は出なかったので、半ばあきらめかけて、月日がたてば治ることを信じ、憂鬱な日々を送っていました。
ところがマカを飲み始めると、のぼせが無くなり、以前より汗をかくようになりました。次第にめまいと耳鳴りも治り、今ではスッキリした爽快な気分で、仕事にも集中できるようになりました。

更年期の頭痛や疲労感が改善(46歳・女性・会社員)
40歳を過ぎたころから頭痛があったり、疲労感やむくみを感じることが多くなり、もしかして更年期の症状かもと思い始めました。そんなとき、マカに女性ホルモンのバランスを整える作用があると知り、のみ始めました。1ヵ月後から頭痛や疲労感が少しずつ改善していきました。
今では仕事に支障をきたすこともなくなりました。

女性は、年齢とともにホルモンの分泌が減ってきます。特に閉経前後は卵巣機能が低下するためにホルモンバランスの分泌が乱れたり、自律神経の働きが弱まって、めまいや耳鳴り、のぼせといった症状が現れてきます。また、精神的にもイライラ、無気力、不安感などがおこりやすくなります。
マカはホルモンの分泌を促進させ、からだが必要とするホルモンをつくり出す手助けをしてくれます。ですからホルモンのバランスが整って自律神経が正常に働くようになり、めまいや耳鳴り、のぼせといった症状が改善されるようです。



      ホルモンバランスを正常化する副作用がなく純粋100%のマカのご紹介

マカの良さをご実感頂く為に
マカお試用定価2.040円を特別価格1.200円にてご準備いたしております
マカサポートDXのお試用お申し込みはこちらから

今ならお試し用お申し込みの皆様に
内容量380mg×30カプセルとマカの小冊子をプレゼントいたしております。
*服用目安1日6〜9カプセル(*3日〜5日の目安で服用下さい)


マカサポートDX純粋100%

一回目のお届け時に左の詰め替え容器をお送りいたします。
アルミ袋のパッツクより、詰め替えてご愛飲ください

弊社は環境問題及びコスト削減を目的に詰め替え容器のご愛用をお願いいたしております。

ホルモンバランスを調整し、 精力増強や活力増進します

 目安:1日3〜6カプセルほど
 成分:微粒子のチューベの根
 容量:100カプセル(38g)
 使用目安:1ヶ月ほど
 副作用:なし                
 価格 6.800円
 表示価格は消費税込み価格

2回目以降のご注文では、アルミ袋パックにて、お届け致しますので、ガラス容器に詰め替えてご愛飲くださいませ

健康食品:ビタミン・ミネラルの補給1カプセル当たりの栄養成分表示
エネルギー:1.06Kcal 
たんぱく質:42.3mg 
脂質:4.9mg  
炭水化物:256.2mg 
ナトリュウム:0.1mg  
添加物:無添加 
原産地:ペルー
製造会社:ビダ・ナチュラル社
品質保証:ペルー衛生省(ペルー衛生省食品衛生登録商品)
品質保証期間:2009年5月 
植物由来カプセル(NPcaps)
輸入検査:社団法人 日本衛生協会 食品衛生研究所  輸入許可:東京免疫所
注意:当ホームページは、エ−サプリメント によって、制作、管理、運営されております。
よって、内容、画像などを権利者に無断で複製、改変、第三者への譲渡、販売、頒布など、行うことを固く禁止致します。
Copyright c 2005 a-supplement.Co Ltd, All rights reserved