妊娠、妊娠したい,マカで妊娠

 妊娠、妊娠したい、マカで妊娠                                    
 妊娠特集
妊娠したい妊娠のしくみ妊娠基礎体温妊娠基本検査妊娠検査妊娠したい生活妊娠したい食材
 |二人目妊娠|コウノトリ羽の安全性妊娠と冷え性

 妊娠、妊娠したいあなたのために

妊娠するためにはさまざまなホルモンが必要なときにだけ分泌されて的確に作用し、男性と女性の体のいろいろな仕組みのすべてが完璧に絶妙なタイミングで働かなければなりません。
妊娠はどうやって起こるか簡単にいってしまうと、卵巣で成熟した卵子がお腹の中に排卵し、この卵子が卵管に取り込まれ、ここで膣から子宮を通って泳いできた精子と受精します。
受精した卵子が子宮に運ばれこの受精卵が子宮に取り付いて着床し、成長を始めると妊娠です。

 妊娠したい排卵日
排卵日を知るには
一般に排卵日をこの日だと特定することはきわめて難かしいものです。でも排卵日をより正確に知るためには、どんな方法があり、どの方法が望ましいのでしょうか。いくつかの方法があり、それぞれの良い点,悪い点を知り、自分にあった方法を選ぶしかないようです。またひとつの方法に頼るより併用する方がより確かになるはずです。
 妊娠したい基礎体温
排卵後の卵の寿命は約24時間といわれています。排卵日が正確にわかれば、その分、妊娠の可能性は高くなるはずです。どんな妊娠の予測方法があるのかお知らせいたします。
@排卵日の予測は基礎体温から
女性は一生に約500個の排卵を繰り返すといわれています。自分で排卵日のリズムを知るためには、基礎体温をつけるのがいちばんの方法です。個人差はありますが、月経周期はふつう26〜35日くらいあります。
正常なひとであれば、基礎体温をはかりグラフをつけていると、低音期と高温期がはっきりと分かれて、低温期が終わるころに一度ガクンと体温がていかすることもあります。
そしてまた高温期に入るのですが、排卵が起きるのはここから高温期にかけての2〜3日のです。ただし、あくまでもおれはだいたいの見当と考えてください。正確な排卵日や時間の特定はできませんが、3ヶ月ほどの計測をつづけると、自分のリズムを把握できるようになってきます。
朝、目が覚めたら、布団から出る前にはかるのがポイント。体温計は舌下に入れます。つけ方は月経が始まった日を月経周期第一日目とし、月経開始日から次の月経が始まる前日までを一周期とします。
基礎体温の付け方、読み方を知っておきましょう
基礎体温はめんどう、と思っている人も多いもの。 しかし基礎体温の記録は、体の状態を知るてがかりの集大成です。ぜひつづけましょう。
月経から排卵日までは、体温は低め(低温期)で、排卵を境にホルモンのはたらきが活発になり、体温は上昇します。少し前まで「排卵は、高温期に入る直前に一度グンと体温が下がるとき」といわれていました。しかし現在は、高温期への移行期が排卵としています。たとえば高温期が短い場合は、卵がきちんと成熟せずに排卵し、黄体機能が不全、と考えられます。また、高温期が長い場合、いちばん考えられるのが妊娠です。高温期が3週間つづいたら、妊娠判定薬を使ってチェックしましよう。
A子宮粘液である程度予測できます
排卵が近づくと、子宮頸管粘液(おりもの)が粘りけを帯びてきます。これをチェックすれば、ある程度、排卵日を予測することが可能です。まず清潔にした指を子宮の入り口付近まで挿入し、粘液を指にとってみましょう。それを人さし指と親指の2本の指で伸ばしてみてチェックします。ふだんならば、この粘液はサラサラなので、粘って伸びることはありません。排卵が予測される日の少し前から試してみて、粘液が伸びる状態になったら、排卵が間もなくか、あるいは排卵されたというサインです。
 妊娠したいキーワード
●妊娠のキワードはホルモン
視床下部は、体の自律神経をつかさどっている中枢機関で、呼吸、循環、睡眠、消化などといった、人間の意志ではコントロールすることのできない機能を管理している場所です。性機能に関しても視床下部で管理されいて、ここから下される各種指令を子宮などに伝達しているのが、ホルモンです。
ちょっとややこしかもしれませんが、ホルモンの名称と役割だけは覚えておきましょう。
●各種ホルモンの働き
性腺刺激ホルモン(コナドトロピン)卵胞刺激ホルモン(FSH)と黄体化ホルモン(LH)のこと。
卵胞刺激ホルモン 卵胞を成熟させるよう、卵巣に働きかける。
黄体化ホルモン 成熟した卵胞に排卵をうながす。
コナドトロピン放出ホルモン 視床下部から下垂体へ、性腺刺激ホルモンの分泌をうながす。
エストロゲン(卵胞ホルモン) 卵胞が熟してくると増加し、子宮に内膜を厚くすうように指示をだす。
このホルモンとプロゲステロン(黄体ホルモン)が減ると生理が起こる。
プロゲステロン 排卵後の卵巣から分泌される。卵胞ホルモンとともに子宮内膜を厚くして、着床しやすい状態に導く。
黄体化ホルモン放出ホルモン 下垂体から性腺刺激ホルモンを分泌させる。
●性周期とホルモン
それでは実際にホルモンがどのように作用しているのかをみていきましょう。
@まず、生理が起こると、視床下部からゴナドトロピン放出ホルモンが分泌され、下垂体を刺激して卵胞刺激ホルモン(FSH)の分泌を促進します。分泌されてFSHは、卵巣を刺激して卵巣内の卵胞を発育させます。
A成熟した卵胞からは、エストロゲンが分泌されます。エストロゲンは子宮に働きかけて子宮内膜を厚くし、受精卵を受け入れる準備を整えます。このエストロゲンが血液中に増えていくと、視床下部と下垂体に逆に働きかけ(フィードバッグ)、FSHの分泌を抑制し、黄体ホルモン放出ホルモン(LH-RH)が視床下部から大量に分泌され、下垂体を刺激して黄体ホルモン(LH)の大量の分泌をうながします。
B大量に分泌されたLHは卵巣に働きかて排卵をうながし、排卵後は黄体に変わります。
C黄体からは、プロゲステロンが分泌されます。 プロゲステロンは子宮内膜をさらに厚くさせ、受精卵の着床の備えると同時に、フィードバッグして視床下部と下垂体に働きかけ、FSHとLHの分泌を抑制し、次の排卵を迎えるよう働きます。
D排卵後、受精が起こらないと黄体は退化し、プロゲステロンが減少して子宮内膜がはがれ落ち、生理が起こります。
E受精卵が子宮に着床して妊娠が成立すると、黄体は発達を続け、プロゲステロンの分泌も続きます。
 妊娠しやすい体づくり
妊娠しやすい体質にするためには栄養のバランスが必要です
ビタミンや ミネラルなどの栄養素は、私たちが健康で、はつらつと暮らしていくためには不可欠です。そのため栄養素が不足すると、「疲れやすい」「カゼをひきやすい」「なかなか眠れない」「イライラしやす」などの不快症状を引き起こす原因になってしまうのです。それだけだはありません。生体機能そのものの乱れも生じ、ホルモンの分泌やバランスを悪化させてしまいますから、不妊症も栄養素不足が引き起こす症状の一つであるとも考えられます。生殖機能のリズムを正し、妊娠しやすい体質にするためには、栄養バランスをととのえることもたいせつです。
体がさびついては妊娠ができなくなります
ビタミンやミネラルなどの栄養素には、細胞の若さを保ち、ホルモンを活性化させるなどの働きがあります。もし、これらの栄養素が不足すると、体内は酸化しさびつき、全身の機能が老化してしまいます。その結果、血液循環も悪くなり、ホルモン分泌も衰えがちに。妊娠もむずかしくなってしまうのです。食事だけで必要な栄養素を摂取できない場合、サプリメントで補うことをおすすめいたします。
栄養がまんべんなく行き届けば、コンディションがととのえられ、健康体を維持。妊娠に必要なホルモンも十分つくれるようになり、生殖機能の活性化も期待できます。
 環境ホルモンと不妊の関係
最近50年間の傾向として、人間、動物、そして魚でも、精子の数が減少し続けているとモントリオール大学のセルジュ・ベリズル教授(産婦人科学)は報告し妊娠率の低下を重要視しています 。

妊娠できない原因は、まだ特定されていなせんが、大気の汚染や食生活(インスタント食品など)食品の保存や着色物質の他、ポリ袋やプラスチック容器に入ったものを、電子レンジで温めるとプラスチックが熱されたときに浸出する化学物質や、ほとんどの殺虫剤に使用されている内分泌撹乱化学物質、いわゆる環境ホルモンと呼ばれる一連の化学物質が動物の生殖システム(妊娠)に大きな影響をもたらしている場合多いようです。
 妊娠できない原因は
男性の場合
精子数の減少と精子の活動が低下しそして大きな卵子が成長しないことのようです。また、日本でも1990年以降、「精子数」に強い減少傾向と精子の活動性が低下しているようです

女性の場合
原因のほとんどは、子宮内の血液の循環が悪く血液がスムーズに流れておりませんし、ホルモンの分泌が悪く、大きくて立派な卵子が成長しないことが妊娠をさまたげているようです。
又、黄体の機能が悪いため子宮内膜の状態が悪くせっかくの受精卵が子宮内膜に着床しにくくなって妊娠を難しくしているようです。
脳にある下垂体にホルモンの分泌を指示する視床下部は、自律神経のコントロールもしているので、ストレスなどの影響を受けやすく、そのためにホルモンのバランスをくずします。
妊娠するためには、男性の精子の数と精子の運動能力の向上、及び女性のホルモン分泌を促進し、健全な立派な卵子を成長せせること、また10ヶ月間胎児を育てていけるだけの体内環境を整えることが、不可欠と思われます。

関連情報:>妊娠のための運動<>妊娠のための体重<>妊娠しやすい服装<>妊娠のための食事<>妊娠しやすい色

ご承知の通り、精子は運動力と数、卵子は新鮮なもど妊娠する確立が高くなります。卵子は、寿命期間内でも新鮮が大切ですから、卵管膨大部に移動したときにすでに精子が待っている状態がベストです。また、精子も卵子と一緒で卵管膨大部で卵子が出会うときに、新鮮なほど妊娠しやすくなります。
この卵子と精子の鮮度、あるいは移動速度は体調によって変化します。
「卵胞が成熟しきっていない」「精子が最初から活力がない」など、風邪や睡眠不足、ストレスや食生活なども微妙に変化が出てしまうものです。その為にも、ホルモンバランスを整えて、健全な卵子と元気な精子の数を確保する必要があります。

妊娠できない原因は、人により異なりますが、長年の生活習慣(睡眠・食事・仕事・ストレス・人間関係等)により、男性生殖機能や女性生殖機能が著しく低下していることも、妊娠を妨げる大きな要因であることが証明されています。

私たちは、健康でバランス良い体内環境づくりが大切と考え、元気で丈夫な赤ちゃんの誕生を応援いたします。

 妊娠したいマカ「コウノトリの羽」
高品質のマカにビタミンやミネラルを、一日の最適な摂取量と男女の特性を考えて配合することで、マカ単独で摂取する場合よりさらに妊娠の確率を高めた、妊娠促進を目的とした健康補助食品です。
また、ご夫婦で摂取いただくことで健康で活発な精子と卵子のもと、元気で丈夫な赤ちゃんを授かるだけではなく、人間が本来持つている自然治癒力を向上させることで、お母さんの健康状態の向上にも効果が期待されてます。
 マカ「コウノトリの羽」男性用
男性の生殖能力アップの為に体内環境を整え、妊娠を促進する目的で開発された「コウノトリの羽」には、男性生殖細胞の80%を構成するアルギニン酸の他、各種アミノ酸や、ビタミン、ミネラルを豊富に含むマカに加え、抗酸化物質で免疫力を高めアミノ酸、ホルモンの代謝に必要なビタミンE、亜鉛、セレンを効率よく吸収するビタミンC、男性ホルモンの生成分泌に関わり生殖機能を維持する働きがあるビタミンE、造精機能を促進し精子の運動性を改善させるビタミンB12、性ホルモンの合成を高め精子数を改善させる亜鉛(酵母)、精子の形成に大きく関わり精子の運動性を高めるアルギニン、精子の運動を活発化させるセレン(酵母)を一日の最適な摂取量により配合した妊娠促進のみを目的としたサプリメントです。    
 マカ「コウノトリの羽」女性用
女性の妊娠の為に体内環境をより整え、妊娠を促進する目的で開発された「コウノトリの羽」には、マカに加え、卵子の着床を容易にし、着床後の細胞分裂を活発にさせる亜鉛(酵母)やたんぱく質の合成に大きくかかわり、流産予防や内膜を強くしたり受精卵を守る葉酸、女性の新陳代謝を活発にし生理環境を調整する大豆イソフラボン、排卵や頚管粘液の分泌を促し、生理のリズムを調整し妊娠率を高めるアミノ酸(リジン)の他ビタミンC・E を一日の最適な摂取量で配合した妊娠促進専用サプリメントです 。

オプショナルサプリメントであるマカに最適なベースサプリメントを配合しました

マカ
男性生殖細胞の80%を構成するアルギニン酸の他、各種アミノ酸や、ビタミン、ミネラルを豊富に含みます。また女性の受胎能力を高めるリジンを多く含むと同時に、女性ホルモンであるエストロゲンを補充する作用があり妊娠を促進します。
ビタミンC
抗酸化物質で免疫力を高めアミノ酸、ホルモンの代謝に必要で、ビタミンE、亜鉛、セレンを効率よく吸収します。
コラーゲンの合成に関与し、ビタミンE、亜鉛、セレンを効率よく吸収します。
ビタミンE
男性ホルモンの生成分泌に関わり、生殖機能を維持する働きがあります。
女性ホルモンの代謝に関わり、血液循環をよくし妊娠しやすくいたします。
ビタミンB1
アミノ酸の生成及び糖質代謝を促進する酵素として働き、脳や神経の働きを正常に維持します。
ビタミンB2
たんぱく質と結合し様々な酵素に関わり、組織の結膜の形成と保護に大きな役割を果たします。
ビタミンB6
たんぱく質や脂肪の代謝に必要な栄養素で、免疫の正常化、発育促進、各組織の修復、生殖機能の活性化をはかります。
ビタミンB12
造精機能を促進し、精子の運動性を改善させ妊娠の可能性を高めます。
亜鉛(酵母)
性ホルモンの合成を高め、精子数を改善させることで妊娠を促進します。
卵子の着床を容易にし、着床後の細胞分裂を活発にさせ妊娠しやすい環境をつくります。
トンカットアリ
男性ホルモンであるテストロンの分泌量の向上をはかり精子の濃度、精子数、精子の運動力を高めます。
L-アルギニン
造精機能の中心的役割を果たし、精子の形成に大きく関わり、精子の運動性を高めることで妊娠を促進します。
L-リジン
女性ホルモンを正しく機能させ、卵子の発育などに不可欠な要素です。
葉酸
たんぱく質の合成に大きくかかわり、流産予防や内膜を強くしたり受精卵を守り妊娠を促進します。
ナイアシン(B13)
糖質、脂質、たんぱく質の代謝を助け、女性ホルモン(エストロゲン・プロゲストロン・テストステロン)の合成に不可欠です。
ビオチン
脂肪酸やアミノ酸の代謝に関わり、皮膚組織や神経組織、甲状腺、生殖器官などの機能を正常に保つ働きをします。
パントテン酸
脂質や糖質の分解を助け皮膚や毛髪を正常にたもち、副賢皮質ホルモンの生成を促進してストレスに対する抵抗力を高めます。
さらに、コラーゲンの生成に必要なビタミンCの働きを助けます。
大豆イソブラボン
女性ホルモンであるエストロゲンと分子構造がにており、エストロゲンと同じ作用をし、若返り作用、妊娠適齢期の女性にはホルモンバランスを改善し受胎能力を高めます。

マカ「コウノトリの羽」は、ご夫婦でそれぞれお飲みいただくことで、
健康な精子と卵子、そしてお二人の愛情とで「元気で丈夫な赤ちゃん」の誕生をめざします

男性用
女性用
■期待される効果■

男性機能の活性化
精力増強作用
生殖器管の発達
精子数の増加
免疫力の向上
疲労回復とストレス解消
老化防止と若返り

■期待される効果■

ホルモンバランスの調整
生殖器管の発達
受胎能力の向上
女性ホルモンの分泌を促進
生理不順・生理痛の改善
子宮内膜症等の改善
免疫力の向上と若返り


1カプセルあたりの成分表
男性用
   女性用
 マカ
176.5mg
 ビタミンC
37mg
 ビタミンE
4.2mg
 ビタミンB12
1mcg
 亜鉛
4.2mg
 トンカットアリ
18.5mg
 L-アルギニン
42.2mg

  ※男女の特性に合わせて
  最適な配合を致しております。
   
 マカ
260mg
 ビタミンC
37mg
 ビタミンE
4.2mg
 ビタミンB1
0.42mg
 ビタミンB2
0.42mg
 ビタミンB6
0.68mg
 ビタミンB12
1mcg
 葉酸
150mcg
 ナイアシン
6.3mg
 ビオチン
11.4mcg
 パントテン酸
2.85mg
 亜鉛
4.2mg
 L-リジン
4.2mg
 大豆イソフラボン
4mg

長年の生活習慣やストレス等で積み重なった体質や生殖機能低下であっても、個人差はございますが男女を問わず早い人では1ヶ月、遅い人でも6ヶ月ほど飲み続けることで、その体質改善や生殖機能の活性化をご実感いただけます。
尚、6ヶ月以上続けられても改善の実感がない場合は、病院の専門医師にご相談されることをお勧め致します。

神垣 美智子様 (千葉県松戸市)
結婚して3年になりますがなかなかこどもができないので産婦人科に検査に行きました。診断結果はホルモンバランスが悪く、妊娠しにくい体質といわれました。
健康体だと信じていたのにどうしてよいのかわからなくなりました。そんなとき、インターネットで不妊のマカコウノトリの羽のサイトを知ったのです。
わらをもつかむ思いでマカコウノトリの羽を取り寄せ朝、昼、夜と1カプセルずつ飲んでみました。飲み始めてまもなく、妊娠がわかりました。いま妊娠3ヶ月ですが、赤ちゃんのためにも、コウノトリの羽で栄養をつけています。


齋藤 典子様 (神奈川県横浜市)
結婚して3年たっても子どもができなかったので、28歳のころから不妊治療を始めました。治療を始めてから人工受精を20回ほどしましたが、それでもいっこうに妊娠する気配はありませんでした。このまま子どものいない人生を送るのかなと思い始めた頃、マカコウノトリの羽を知りました。飲み始めて約1ヶ月たったころ排卵期のおりものが増え、これはいいかもしれないと実感しました。しばらくして妊娠がわかりました。子どもに恵まれたのはマカコウノトリの羽効果だと思っております。


商品名:マカ「コウノトリの羽」
マカ「コウノトリの羽」成分
ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB12・ビタミンE・カルシウム・ナトリウム・カリウム・リン・鉄・亜鉛・マンガン・アスパラギン・グルタミン・セリン・アルギニン・アルカロイド・アントシアニン・サボニン
その他、数多くのミネラル・アミノ酸を男性・女性の特性に合わせ最適な配合をおこなっております
製造会社:インドゥキミカ(ペルー)
検査:社団法人 日本食品衛生協会 食品衛生研究所

<男・女セット商品>
男性用100カプセル(100mg×100カプセル)
女性用100カプセル(100mg×100カプセル)

<飲み方の目安>
男女共に1日3回、食後30分以内に、水又はオレンジジュースで1カプセルを目安にお飲みください。(1ヶ月分が目安の100カプセル入り)



価格:18.000円(男女計2個で1セット)
1個あたり9.000円 

男性・女性用の単品をご希望の方も
お気軽にご相談ください


 マカ「コウノトリの羽」はまとめ買いがお得です
お得なまとめ買い(価格は消費税込み表示です)
ご購入数量
1セットあたり
合計金額
お得な金額
1セット(1ヶ月分)
18.000円
18.000円
3セット(3ヶ月分)
16.000円
48.000円
6.000円お徳です
6セット(6ヶ月分)
15.000円
90.000円
18.000円お徳です
●ご購入金額は、消費税込みの価格です
(注)価格は、男女ペアの2個1セットとなっております

男性用や女性用の単品をご希望の場合(価格は消費税込み表示です)
ご購入商品
価 格
まとめ買い
男性用(コウノトリの羽)
9.000円
6個ご購入で11%の割引
女性用(コウノトリの羽)
9.000円
6個ご購入で11%の割引
尚、送料、代引き手数料は弊社にて負担させていただきますので、お客様のご負担はございません
 ●1ヶ月でもかまいませんが、最低6ヶ月はお続けになることをおすすめします

輸入検査:社団法人 日本衛生協会 食品衛生研究所  輸入許可:東京免疫所

トップページマカキャッツクローサメの軟骨|
通信販売法||お支払いについてお試用購入商品ご注文お問い合わせ

注意:当ホームページは、エーサプリメント によって、制作、管理、運営されております。
よって、内容、画像などを権利者に無断で複製、改変、第三者への譲渡、販売、頒布など、行うことを固く禁止致します。
Copyright c 2005 a-supplement.Co Ltd, All rights reserved