マカ・マカの栽培地・マカの加工・マカの安全性について


マカ・マカの栽培地・マカの加工・マカの安全性について

私たちは、マカコウノトリの羽の原産地であるペルーを何度も訪問し、直接栽培地や製造会社をたずね
自らの目で確認し、より良質で安全な健康食品を適正価格にてご提供しようと努力しています。


  取り扱っているマカの実際の栽培地
マカは、南アメリカ大陸の太平洋側につらなるアンデス山脈の高地で有機農法により栽培されています。
フニン県ボンボン高原(標高4.200m)
富士山より高い、何もない褐色の大地が栽培地
年間平均気温7℃以下で夜は零下10℃
過酷な自然環境の大地にタネをまき、その後は雑草も病害虫もいないので、雨の降るのを待つという自然農法です。
マカは霜やひょうなどの冷害、干ばつといった悪条件の中で、自ら生き延びるために土壌の養分(ミネラル・亜鉛等)を蓄え、生命力豊かに育っていきます。
一度栽培すると数年間は大地を不毛にしてしまう為、その間は羊などの家畜を放し飼いし、5年から6年土壌を休ませ、堆肥で十分土地がなじんだところで、栽培を再開します。
マカは10月〜11月に種をまき、翌年の6月〜7月に収穫します。
収穫した後は、
天日干しで十分乾燥させ、その後提携の製造会社に運ばれ厳重な品質管理のもと加工されていきます。

商品化にご協力いただいている会社 ISOの取得会社 ビダ・ナチュラル社
国際標準化機構の認定した高い品質管理と品質保証
マカの原産地であるペルーでも数少ない、天然100%食品専門会社であるビダ・ナチュラル社の長年蓄積したノウハウをもとに、厳密な品質管理と加工技術により純粋100%の製品をご提供致しております。

狂牛病や鳥インフルエンザ等の発生から、より安心をお届けする為、動物由来のカプセルから、日本でいち早く
植物由来のカプセルの採用を実現いたしました。
NPcapsの使用証明
カプスゲルジャパンの「NPcaps」は、植物由来である「プルラン」を使用した世界で初めての栄養補助食品用のハードカプセルです。
「プルラン」はトウモロコシを原料とした天然多糖類で各種試験において安全性が確認されております。
加速安定性試験においても高い安定性を示しております。
 

ISO(国際標準化機構)の認定  

植物由来のカプセルについて

最近、狂牛病の問題が発生し、ゼラチン(牛骨製)カプセルへの不安が広がりお客様からのお問い合わせも数多くいただいております。又、海外のゼラチンカプセルには日本で食品への使用が禁止されているラウリル硫酸ナトリュウムが含まれています。
そこで、私たちはコスト的にはゼラチンカプセルに比べ、数倍高くなりますが、安全と安心を最優先に考え、原材料が非遺伝子組織とうもろこしを使用している植物由来カプセルであるNPcaps(エヌピーキャプス)を採用いたしております。


エーサプリメントでは、錠剤、ソフトカプセルは使用いたしておりません。
錠剤、ソフトカプセルには多くの化合物が入ります。例えば、錠剤を固めるための増粘剤、粘性を持たせるために保湿力が必要なので、防カビ剤、型から抜けやすいようにするための離型剤、表面に輝きを持たせるための光沢剤などが混合されている場合があります。 それらの化合物が自然由来のものであればいいのですが、海外から輸入されるものの場合、厚生労働省で許可されていない危険な化学物質が使用されていることが多いようです。
NPcaps(エヌピーキャプス)
林原グループの株式会社林原生物化学研究所と世界的医薬品メーカーであるファイザーグループのカプスゲルが、天然多糖類プルランを用いた植物由来のハードカプセルを共同開発いたしました。
この新ハードカプセルは、崩壊性・酸素不透過性・安定性などに優れており、世界市場への展開に先駆けて、「NPcaps」(エヌピーキャップス)の商品名でカプスゲルの日本法人カプスゲル・ジャパン株式会社が日本国内で販売を開始したものです。
注意:当ホームページは、エ-サプリメント によって、制作、管理、運営されております。
よって、内容、画像などを権利者に無断で複製、改変、第三者への譲渡、販売、頒布など、行うことを固く禁止致します。
Copyright c 2005 a-supplement.Co Ltd, All rights reserved