妊娠までのプロセス 妊娠したい
妊娠したい生活
妊娠したい
妊娠のための運動
妊娠のための体重
妊娠しやすい服装
妊娠のための食事
妊娠しやすい色
妊娠のストレスケア
妊娠しやすい環境
妊娠までのプロセス
妊娠の確率
妊娠しやすい時期
妊娠と生理
マカで妊娠
妊娠検査
子宮外妊娠
妊娠検査薬
妊娠初期症状
お役立ち情報
コウノトリの羽の安全性
ショッピングのご案内
商品のお届け
お支払い方法
ご購入
プライバシーの保護


    妊娠までのプロセス
妊娠に至るまでのプロセスは排卵、受精、着床がスムーズに進行しなくては妊娠できません。
妊娠は簡単のように見えて実はそこには複雑なメカニズムが存在します。
    排卵が起こる
生命の誕生は、精子と卵子の運命的な出合から始まります。無事、精子と卵子が出合い受精に成功して、受精卵が子宮内膜にしっかり着床したとき、始めて妊娠が成立します。
妊娠の成立には、受精と着床が不可欠です。月経のころになると、視床下部からGnRH(ゴナドトロピン放出ホルモン)が分泌されます。
分泌されたGnRHは下垂体に作用して、下垂体からFSH(卵胞刺激ホルモン)が分泌され、卵巣内にある5〜6個の発育卵胞が成熟し始めます。
これらの卵胞は、血液中にエストロゲン(卵胞ホルモン)を分泌し、これによってFSHの分泌はストップします。このとき、発育卵胞の中から、たった1個の卵胞が選ばれ(主席卵胞の選別)、他の卵胞は発育が止まってしまいます。選ばれ卵胞はその後も発育を続け、この卵胞から分泌されるエストロゲンがピークに達したとき、下垂体から排卵を促すLH(黄体ホルモン)が多量に放出されます(LHサージ)。
その刺激によって卵胞をおおっていた膜が破れ、卵子が飛び出し、排卵となります。

    子宮内膜の準備が始まる
排卵が起こると、卵巣に残された卵胞の組織黄体になり、プロゲステロンが分泌されるようになります。このプロゲステロンはエストロゲンと強力をして、子宮内膜を厚くやわらかくし、受精卵が着床できるように準備を始めます。
妊娠成立後、黄体は妊娠黄体となり、妊娠8〜10週ごろまで機能しますが、妊娠しなかった場合は月経黄体となり退縮し、プロゲステロンも低下して子宮内膜がはがれ、月経になります。

    卵子は卵管で精子を待ち、精子は自力でたどりつく
卵巣から排出された卵子は、卵管采から卵管膨大部へとゆっくり運ばれます。ここで精子の到着を待ちわけです。
一方の精子は、1回の射精で1〜3億個排出されますが、膣内が強い酸性になってるため、半分ぐらいはすぐ死んでしまいます。
それをなんとかクリアした精子は、しっぽのよな尾部を動かして自力で子宮内へと泳いでいきます。その間にも弱まった精子はどんどん脱落し、数が減っていきます。
ようやく子宮にのぼりつめた元気な精子も、半分は卵子のいない卵管に行ってしまい、卵子に無事たどりつくのわずか60〜100個程度です。精子がここまで来るのに、だいたい数時間〜十数時間かかります。

    精子と卵子の結合で受精
卵管で卵子と出合った精子は一斉に卵子に取り囲み、頭部から酸素を出して卵子の外膜(透明帯)を溶かし始めます。このとき、卵子の大きさは0.1mm程度です。
1個の精子がなんとかこの膜を突破して侵入すると、瞬時に卵子の周りにたんぱく質からなる透明帯でバリアがつくられ、他の精子は侵入できなくなります。
結局、卵子と結合できるのは、何億個の精子のうちたった1個。つまり、精子が受精できる確率は数億分に1です。
卵子の受精能力は排卵後約24時間、精子は射精後48〜72時間です。

    受精卵は細胞分裂を繰り返しながら子宮へ
j受精したからもう安心といわけにもいけません。まだ、着床するという大仕事が残っています。
受精卵は細胞分裂を繰り返しながら、卵管から子宮へと向かいます。
受精後24時間で2個、40時間で4個とどんどん細胞分裂を繰り返し、細胞数が増えていきます。
これが卵分割です。3日で16個の細胞になり、桑の実のような形をした桑実胚になります。
受精卵の周りにはられた透明帯は、胚がバラバラになるのを防いでくれます。
受精後4〜5日たっと、桑実胚はやっと子宮内に到達します。受精卵は自分で動けないので、卵管の繊毛運動と蠕動運動によって運ばれます。
子宮にたどりついた桑実胚は胞胚膣を形成し、大きな胞胚をつくります。

    子宮内膜に着床し、妊娠が成立
受精卵は大きな胞胚になり、排卵がおこったときから、子宮内膜は胞胚を確実に受け止めるために、着々と準備をととのへています。もうベットはやわらかくてふかふかです。
j受精後は、6日目ぐらいになると透明帯が破れ、胞胚は子宮内膜に接触し、いよいよ着床開始です。栄養膜細胞が酸素を出して子宮内膜をとかしながら、胞胚は中にもぐりこんでいきます。
受精後12日目ぐらいには、すっかり埋もれてしまい、着床が完了します。
卵管、子宮とただよっていた不安定な状態から抜け出し、やっと母体に根をおろしたわけです。
受精してから着床するまでには、このようなプロセスがあり、2週間近くかかります。無事着床すれば妊娠が成立です。


 妊娠したい生活

 妊娠のための運動

歩くだけで全身に血液が行き渡ります。冷え性を解消し、ホルモン分泌も活性化します。脂肪も燃焼し、ダイエット効果も期待できます。
ウオーキングで体をリフレッシュしましょう。


 妊娠のための体重

女性の場合、「太りすぎ」の割合が高くなればなるほど、無排卵になる確率が高いといわれています。これは、肥満によってホルモンの分泌が変化し、ホルモンのバランスがくずれ、排卵障害を起こしやすくなるからのようです。


 妊娠しやすい服装

からだにやさし服装をしましょう。子宮や卵巣、精巣などにすこやかに働いてもらうためには、下着や服装などのも気をつかいましょう。ピチピチのジーズンなど、下半身を締めつけるような服装は、男女とも避けたいものです。


 妊娠のための食事

毎日なにげなく食べている食材の中にも、不妊改善に役立つ働きをするものがあります。特別高価なものや、変わったものを買わなくても、食材を意識して毎日食べることで、不妊体質から改善されるかもしれません。


 妊娠しやすい色

色の持つパワーを利用して心と体をいやし、なりたい自分になるカラーヒーリングを紹介いたします。赤ちゃんを望むならピンク、体調を回復させるブルーなど。
いやしは毎日の生活の中に、楽しいカラーヒーリングを。


 妊娠のためのストレスケア

ストレスが人間の生殖機能に多大な影響を与えて、それが原因で不妊になることがあります。逆にストレスがなくなれば体の調子もよく、ホルモンのバランスもよくなり、妊娠しやすい体になります。


 妊娠しやすい環境

環境ホルモンが体内に入り込むと、ホルモンのバランスがくずれ、生殖器官や遺伝子の働きがかく乱されてしまいます。環境ホルモンは私たちの生活のまわりのいたるところに存在しています。体内環境をととのえることが必要です。


 妊娠までのプロセス

精子と卵子が出会い、妊娠に至るまでには、いくつかのプロセスがあります。何千万という精子の中からたった一つの精子が卵子の中にゴールインすることから妊娠の過程が始まります。


 妊娠の確率

環境ホルモンが体内に入り込むと、ホルモンのバランスがくずれ、生殖器官や遺伝子の働きがかく乱されてしまいます。環境ホルモンは私たちの生活のまわりのいたるところに存在しています。体内環境をととのえることが必要です。


 妊娠しやすい時期

環境ホルモンが体内に入り込むと、ホルモンのバランスがくずれ、生殖器官や遺伝子の働きがかく乱されてしまいます。環境ホルモンは私たちの生活のまわりのいたるところに存在しています。体内環境をととのえることが必要です。


 妊娠と生理

生理と妊娠の関係はどうなっているのでしょう。妊娠と生理の関係は、成熟した女性ならある程度理解されています。ところが実際「自分が初めて妊娠するまで知らないことがたくさんあった」というのが、多くの女性たちの実感のようです。


 マカ 妊娠

マカを飲み始めてから妊娠がかなったという報告が多数寄せられているようです。マカはホルモンバランスを調整し、男性生殖機能や女性生殖機能を活性化させ妊娠を促進させる作用があります。


 妊娠検査

現在は高齢で出産する方が増え、少産少子の時代です。妊娠したいけどなかなかできないとお悩みの方、異常を見つけて十分対応できる場合があります。
妊娠を望むなら妊娠検査を受診してみてはいかがでしょう。


 子宮外妊娠

子宮外妊娠と子宮という赤ちゃんを育てるところの中以外で育てるのを子宮外妊娠と呼びます。妊娠初期の異常妊娠の代表的なもののひとつです。頻度は大体全妊娠数の約1〜2%くらい全分娩数の約2〜3%とされています。


 妊娠検査薬

薬局で買える妊娠判定薬で、うまくいけば、妊娠の判定は排卵後14日から次の生理が来るはずの頃には判定することができます。この検査は、妊娠の有無を判定するものです。


 妊娠初期症状と妊娠兆候

よく、妊娠兆候や妊娠超初期症状といいますが、妊娠初期症状と基本的には同じ状態を指しています。妊娠兆候や妊娠超初期症状は、妊娠初期症状よりも短い期間をいうことが多いようです。



>>>妊娠の確率