妊娠と生理 妊娠したい
妊娠したい生活
妊娠したい
妊娠のための運動
妊娠のための体重
妊娠しやすい服装
妊娠のための食事
妊娠しやすい色
妊娠のストレスケア
妊娠しやすい環境
妊娠までのプロセス
妊娠の確率
妊娠しやすい時期
妊娠と生理
マカで妊娠
妊娠検査
子宮外妊娠
妊娠検査薬
妊娠初期症状
お役立ち情報
コウノトリの羽の安全性
ショッピングのご案内
商品のお届け
お支払い方法
ご購入
プライバシーの保護


    妊娠と生理
妊娠と生理の関係は、成熟した女性ならある程度理解されています。ところが実際「自分が初めて妊娠するまで知らないことがたくさんあった」というのが、多くの女性たちの実感のようです。
そこで妊娠と生理についてまとめてみますと、女性のからだが成熟してくると、卵巣から排卵が起こります。排卵で飛び出した卵子が精子と融合し受精すると、ふかふかのクッションのように厚くなった子宮内膜に受精卵が落ちて着床、妊娠します。この子宮内膜のクッションがないと、受精卵は子宮から滑り落ちてしまい着床できません。
このとき、卵子が受精していなければ、次の働きをする必要がなくなった子宮内膜は、はがれおちて出血とともに子宮から排出されます。これが生理です。
    妊娠と生理痛
生理のときに下腹部がいたくなる生理痛は、月経血を押し出すために子宮が収縮することにより起こるものです。一般的に10代から20代にかけての若いころには生理痛を強く感じますが、年齢とともに子宮が成熟するにしたがって、痛みは軽減していきます。ところが、年々痛みがひどくなったり、それまではほとんどなかったのに急に痛くなったというような場合は、子宮内膜症や子宮筋腫、卵管の炎症などの原因になっている可能性があります。
いずれの病気も妊娠をさまたげる原因になります。

    妊娠と過多月経
月経の量が多かったり、期間が長い場合を過多月経といいます。だいたいの目安としては、量の多いときにナプキンが1時間ももたないとか、夜寝るときにナイト用の大きいサイズを使ってもそれでももたない、3日目以降も量が減らないなどの場合は、過多月経といえます。
また、レバーのような血のかたまりが出ることもありますが、たまにツブツブ程度のものが出るのであれば心配ありません。しかし、2〜3cmぐらいのかたまりがたびたび出るという場合は過多月経といえます。これらは妊娠をさまたげる原因になります。

    妊娠と過少月経
量が少なかったり、期間が短い場合を過少月経といいます。過少月経は、稀発月経(月経と月経の間隔が長い)の場合によくみられます。子宮の発育不全や卵巣ホルモンの分泌異常などがあると過少月経になることがありますが、これは妊娠をさまたげる原因になります。

    妊娠と生理周期
生理の第一日目から次の生理の第一日目までの間隔は、だいたい28日周期(実際は26〜35日)が正常です。しかし、周期が極端に短い場合があり、それを頻発月経といいます。もし、20日以内に来るようなら、ホルモンの分泌異常があったり、無排卵になっている可能性があります。逆に、周期が長い場合は稀発月経といいます。もし、周期が40日以上なら、ホルモン異常が考えられます。無排卵になっていたり、ほうっておくと生理が止まってしまうこともあります。
周期が短くなったり、長くなったりとバラバラな場合も注意が必要です。
いずれにせよ、ホルモンの分泌異常は妊娠をさまたげる大きな原因となります。

    妊娠と不正出血
生理以外の出血を不正出血といいます。生理と生理の間に少量の出血がある排卵期出血や、生理の前後に少量の出血がある機能性子宮出血などのように心配のない出血もありますが、子宮筋腫や子宮内膜症、子宮ガン、子宮内膜、頸管ポリープ、クラミジア感染症などが原因で起こることもあります。また、卵巣機能不全やホルモンのアンバランスが原因のこともあります。

妊娠していない場合
妊娠している場合

●外陰部・膣に原因がある場合
・処女膜出血(裂傷)
・膣炎

●子宮に原因がある場合
・粘膜ポリープ
(子宮ないポリープ、子宮頚管ポリープ)
・子宮膣部びらん(ただれ)
・子宮筋腫
・子宮内膜炎
・子宮頚管炎(クラミジアなど)
・子宮ガン(子宮頚ガン、子宮体ガン)
・子宮肉腫

●卵管・卵巣に原因がある場合
・出血性メトロパチー(思春期性のもの、更年期
もの、機能性子宮出血)
・急性卵管炎、卵巣炎
・卵巣腫瘍(卵巣
嚢腫、卵巣ガン)
・卵巣機能障害

●妊娠前半期
・流産の始まり
・妊娠初期における月経様の出血

・子宮外妊娠
・胞状奇胎
●妊娠後半期
・早産の傾向があるとき
・前置胎盤
・分娩開始の兆候(おしるし)
・常位胎盤早期剥離

生理痛や生理周期の異常はホルモンバランスの乱れにが原因がにる場合も多いようです。
ホルモンの分泌異常は妊娠をさまたげる大きな原因となります。
こうしたケースには、生理を起こさせる働きのあるエストロゲンというホルモンの分泌を活発にする力があるマカ「コウノトリの羽」による改善が期待されています。


 妊娠したい生活

 妊娠のための運動

歩くだけで全身に血液が行き渡ります。冷え性を解消し、ホルモン分泌も活性化します。脂肪も燃焼し、ダイエット効果も期待できます。
ウオーキングで体をリフレッシュしましょう。


 妊娠のための体重

女性の場合、「太りすぎ」の割合が高くなればなるほど、無排卵になる確率が高いといわれています。これは、肥満によってホルモンの分泌が変化し、ホルモンのバランスがくずれ、排卵障害を起こしやすくなるからのようです。


 妊娠しやすい服装

からだにやさし服装をしましょう。子宮や卵巣、精巣などにすこやかに働いてもらうためには、下着や服装などのも気をつかいましょう。ピチピチのジーズンなど、下半身を締めつけるような服装は、男女とも避けたいものです。


 妊娠のための食事

毎日なにげなく食べている食材の中にも、不妊改善に役立つ働きをするものがあります。特別高価なものや、変わったものを買わなくても、食材を意識して毎日食べることで、不妊体質から改善されるかもしれません。


 妊娠しやすい色

色の持つパワーを利用して心と体をいやし、なりたい自分になるカラーヒーリングを紹介いたします。赤ちゃんを望むならピンク、体調を回復させるブルーなど。
いやしは毎日の生活の中に、楽しいカラーヒーリングを。


 妊娠のためのストレスケア

ストレスが人間の生殖機能に多大な影響を与えて、それが原因で不妊になることがあります。逆にストレスがなくなれば体の調子もよく、ホルモンのバランスもよくなり、妊娠しやすい体になります。


 妊娠しやすい環境

環境ホルモンが体内に入り込むと、ホルモンのバランスがくずれ、生殖器官や遺伝子の働きがかく乱されてしまいます。環境ホルモンは私たちの生活のまわりのいたるところに存在しています。体内環境をととのえることが必要です。


 妊娠までのプロセス

精子と卵子が出会い、妊娠に至るまでには、いくつかのプロセスがあります。何千万という精子の中からたった一つの精子が卵子の中にゴールインすることから妊娠の過程が始まります。


 妊娠の確率

排卵日前後、妊娠しやすい期間中にセックスをすると妊娠の確率が高まるといわれています。排卵日を定めるためにも体調を管理し、ストレスをためないようにすることが重要です。


 妊娠しやすい時期

環境ホルモンが体内に入り込むと、ホルモンのバランスがくずれ、生殖器官や遺伝子の働きがかく乱されてしまいます。環境ホルモンは私たちの生活のまわりのいたるところに存在しています。体内環境をととのえることが必要です。



 妊娠と生理

生理と妊娠の関係はどうなっているのでしょう。妊娠と生理の関係は、成熟した女性ならある程度理解されています。ところが実際「自分が初めて妊娠するまで知らないことがたくさんあった」というのが、多くの女性たちの実感のようです。


 マカ 妊娠

マカを飲み始めてから妊娠がかなったという報告が多数寄せられているようです。マカはホルモンバランスを調整し、男性生殖機能や女性生殖機能を活性化させ妊娠を促進させる作用があります。


 妊娠検査

現在は高齢で出産する方が増え、少産少子の時代です。妊娠したいけどなかなかできないとお悩みの方、異常を見つけて十分対応できる場合があります。
妊娠を望むなら妊娠検査を受診してみてはいかがでしょう。


 子宮外妊娠

子宮外妊娠と子宮という赤ちゃんを育てるところの中以外で育てるのを子宮外妊娠と呼びます。妊娠初期の異常妊娠の代表的なもののひとつです。頻度は大体全妊娠数の約1〜2%くらい全分娩数の約2〜3%とされています。


 妊娠検査薬

薬局で買える妊娠判定薬で、うまくいけば、妊娠の判定は排卵後14日から次の生理が来るはずの頃には判定することができます。この検査は、妊娠の有無を判定するものです。


 妊娠初期症状と妊娠兆候

よく、妊娠兆候や妊娠超初期症状といいますが、妊娠初期症状と基本的には同じ状態を指しています。妊娠兆候や妊娠超初期症状は、妊娠初期症状よりも短い期間をいうことが多いようです。


>>>マカで妊娠