リウマチ、リウマチの症状、リウマチの治療について  
リウマチ特集
リウマチ
リウマチの原因
リウマチの症状
リウマチの痛み
リウマチの診断基準
リウマチの治療
リウマチ日常生活
リウマチの食事
リウマチは女性に多い
リウマチ症状合併症
リウマチ症状関節変形
リウマチのサプリメント
キャッツクローの情報
リウマチ
腰痛
関節痛・膝痛
痛風
炎症
抗がん
シミ・シワ・肌荒れ
免疫力の回復
キャッツクローこだわり
キャッツクロー有効成分
キャッツクローの栽培地
キャッツクロー製造会社
キャッツクロー はたらき
 
お買い物情報
商品のお届け
お支払い方法
ご購入
お試し用
プライバシーの保護
 リウマチ、リウマチの症状について説明しております
 リウマチとはどんな病気
リウマチで苦しむ人は年々増加傾向にあり、全国で70万〜100万人ともいわれています。リウマチの主な症状は、朝のこわばり、関節の痛みや腫れです。リウマチの痛みは、なった人にしかわからないほどひどく、関節が変形してしまう場合もあります。そのリウマチですが最近になって、ようやく原因らしきものが、わかってきました。まだ確定されていませんが、自己免疫性疾患が有力だと考えられています。体の免疫機能とは、本来、ウイルスや細菌などの外敵を退治する役割を果たしています。しかし、何らかの原因で免疫機能に狂いが生じ、困ったことに関節など自分の体を攻撃してしまうことがあます。その結果、手足の関節などに痛みやこわばりそれがが出る。自己免疫性疾患です。
 リウマチは何が原因ですか
関節リウマチは、“免疫”のシステムにおいて、自分の体の一部が自分を攻撃してしまう状態、すなわち“自己免疫”が関係しています。自己免疫が起きる原因には、その一つとして、細菌やウイルスなどの感染が関わっているようです。また、慢性関節リウマチになりやすい体質の人が過労やストレス、出産などがきっかけになって発病することも少なくないようです。女性に多いことから女性ホルモンが関与しているともいわれています。いずれにせよ、慢性関節リウマチになる原因は一つだけではなく、複数の要因が複雑に重なり合って発病に至ります。


 
 
 リウマチ症状の進行
関節の内面をおおう骨膜は、正常なときは1mmもない薄い膜です。ところが関節リウマチが起こると、骨膜は炎症を起こしはれ上がり、充血し、元の厚さの何倍もふくれます。
また、骨膜の表面は、細胞の増殖によって絨毛状になっていきます。骨膜炎は自然によくなることは少なく、しだいに慢性化して、増殖性の病変は周りの組織に入り込み破壊していきます。

骨膜炎が起こった関節の変化は次の4段階になります。
【初期〜中期】

骨膜がはれてきます。 骨膜の表面は細胞がぞうしょくして絨毛状となり、関節腔(骨と骨の間のすきま)には、関節液がふえてたまっていきます。
骨の組織が失われていき、軟骨の薄くなります。骨は破壊には至らないものの、「す」が入ったようになって、著しい骨萎縮が見られる場合あります。関節がはれあがり、外からは紡錘形に見えます。
【進行期】
骨膜の組織内に、多くの炎症細胞や免疫細胞が浸潤して積み重なっていきます。そのため骨膜の細胞が増殖し、肉芽を形成します。肉芽は軟骨にとりつきます。
肉芽の一部は軟骨の表面をおおうように広がり、パンヌス(一枚の布)という膜状の組織をつくります。
パンヌスの下の軟骨は 肉芽によって破壊され、また肉芽の一部組織は骨にまで侵入し、骨の組織を侵食して「嚢胞」(袋状のもの)を形成します。ただ、この段階では、まだ関節の変形は見られません。
【高度期】
軟骨が消失します。軟骨は骨と骨の間でクッションの役をしています。これがなくなるわけですから、関節を動かすと骨と骨が直接こすれ合い、きしむ音を立てたり、痛みのため曲げ伸ばしができなくなります。
また、骨の表面が欠ける変化が見られます。骨の破壊がさらに進むと、骨はボロボロになって関節がうまくかみ合わなくなり、脱臼あるいは亜脱臼が起こります。関節の動きがわるくなるとともに、腱や筋肉の伸縮が悪くなるため、関節の変形が起こります。
【末期・荒廃期】
パンヌス
が繊維化してかたくなり、骨と骨とがくっついて、一つの骨のようになることがあります。
これを「骨性強直」と呼びますが、こうなると、関節はまったく動かなくなります。逆に骨がとけて、骨と骨とが 離れて、ぶらぶらと不安定になることもあります(ムチランス型関節炎)。どちらの場合も、関節としての機能は完全に果たさなくなります。


 リウマチ症状のシグナル
リウマチの症状としては「はれ」と「こわばり」は、初期のシグナルとして注意が必要です。
「はれ」は、初め指の関節に出ることが圧倒的多くなっています。特に指先から数えて2つ目の第2関節と、つけ根の第3関節に起こります。
「こわばり」は特に、朝、起き上がるときのあらわれます。「朝のこわばり」は、関節リウマチの代表的な症状の一つです。朝、体がこわばるのは、炎症によって、眠っている間に体液がたまり、むくむため、と考えられます。長い人で1時間以上、短い人では数分、こわばりがつづきます。
関節リウマチのはれや痛みは、初期は、常に持続するわけではなく、よくなったり悪くなったりしながら、じわじわと進むのが、大多数のケースです。
関節リウマチの痛みは精神的疲労、湿気、寒さ、 気圧の低下などの影響を受けると悪くなります。また、天候がくずれる前には、痛みやこわばりが強くなることが多いようです。
また、関節リウマチの初期は、急に熱が出て、かぜとまちがえることがあります。発熱は37度前後の微熱で、悪寒を伴う高熱になることはありません。また、普通のかぜと違って、全身のふしぶしが痛み、体を動かすのが不自由になるというの関節リウマチの特徴です。
 リウマチ症状が進むとどうなるのですか
関節リウマチの一番の特徴は関節炎ですが、これは関節の滑膜という部分に起きる炎症(赤い部分)です。滑膜の炎症が慢性化すると同時に滑膜が増殖し、まわりの軟骨や骨を少しずつ破壊していきます。通常、早ければ発症から2年ほどで約60%の人がこのような関節症状びらんの進行がみられます。さらに破壊が進むと、手の指や足の趾の関節に慢性関節リウマチ特有の変形が起こり、次第に関節が動かしにくくなり、日常生活にも支障があらわれます。
リウマチの症状についての詳しい説明はこちらから
 リウマチは治るのでしょうか
慢性関節リウマチは波の多い病気といわれており、慢性関節リウマチの方の約80%はよくなったり悪くなったりを何年にもわたって繰り返しながら、少しずつ関節症状が悪化していきます(多周期増悪型)。ただし、慢性関節リウマチにはいくつかのタイプがあり、リウマチ症状のあらわれ方や進み方に違いがみられるのが特徴です。症状が完全におさまることを「寛解(かんかい)する」といいますが、よくなったり悪くなったりを繰り返しながら徐々に寛解してい
くタイプ(多周期寛解型)や、なかには2年前後で症状が全く消えてしまい、ほとんど治ったような状態になる場合(単周期型)もあります。また、急速に症状が悪化して数年で車イスや寝たきりに なってしまう進行型も約10%のリウマチの方にみられます。

 リウマチ自己チェック
リウマチは早期に病気を発見できて治療が開始できれば、リウマチの進行を食い止められる可能性があがります。しかし慢性関節リウマチの場合、例えば「尿酸塩の結晶があるから通風」というように決定的な診断の決め手がなく初期での診断が難しい病気なのです。
まずはリウマチ患者の自覚症状の訴えを医師が正確に把握することが大切になってきます。
適切な診断、治療を受けるためにポイントをおさえて自己チェックしておき、受診の際には正しく情報を伝えられるようにしておきましょう。
関節の症状 ・朝のこわばり 朝起きたときなんとなく動作しづらい、 左右対称にこわばる 関節があるなど
・ヒザなどの関節が左右対称に腫れている
・関節を動かしたとき痛む
・関節を押さえると痛む
関節以外の症状 ・リンパ腺の腫れ
・疲労感、だるさ、食欲不振
・微熱
・レイノー減少(寒冷時に指先が白く変色)
・貧血(合併症)
・息切れ(合併症)
・口内炎(合併症)
・視力低下(合併症)
その他、問診の際には ・いつ頃から、どんな症状が、どの位続いているか
・家族に慢性関節リウマチの人はいるか
・持病と過去の病歴
・服用中の薬、薬に対するアレルギー
※スムーズに答えられるよう整理しておきましょう。

 リウマチ検査
リウマチの診断は様々な検査を行います。一回の検査では診断がくだせず経過を見ながら何回か検査を繰り返す場合もあります。検査結果と問診の情報からほかの病気と識別し診断をします。慢性関節リウマチと診断されると状態にあわせ治療方針をたてますが、診断後も、経過をみて薬や治療法を変えていくことが必要であり、また薬の副作用や合併症の観察も必要なため定期的な検査が必要となります。患者自身が自分の病状を知っておくことも大切です。検査の数値を記録・把握し、意味を理解するようにしましょう。
 リウマチ検査の内容
X線検査 乳腺撮影用の特殊なフィルムを使うことで初期の変化をつかまえることが可能になり、骨の萎縮、骨びらん、軟骨の消失により関節の隙間が狭くなっている、骨膜の破壊・・・などの微細な変化を捉えることができるようになりました。
血液検査
『炎症反応をみる』
赤沈・・・体内に炎症があると赤血球が沈む速度(赤沈、血沈)が速くなる。
C反応たんぱく(CRP)・・・体内に炎症が起こると血液中にCRPという特殊なたんぱくが現れる。
免疫学的検査 リウマチ因子・・・自己抗体であるリウマチ因子をもっているか(健康な人が持っている場合もある)
抗核抗体・・・細胞の核に対してできる自己抗体のこと。自己免疫疾患があると陽性に。全身性エリテマトーデスで80%、慢性関節リウマチで20%が陽性。
免疫複合体・・・自己免疫疾患があると免疫複合体がみられる。慢性関節リウマチの場合は関節液にみつかることが多い。
補体・・・全身性エリテマトーデスでは血液中の補体が低下。慢性関節リウマチではあまり変化しない。
生化学的検査 血清たんぱく分画・・・血清中にはアルブミンとグロブリンというたんぱく質があり、グロブリンはα1、α2、β、γの4種類がある。慢性関節リウマチではα2とγが増加、炎症が慢性で活発な場合はγが増加。
GOP、GPT・・・薬の副作用での肝機能障害がないか。
血清クレアチニン ・・・薬の副作用が腎機能に出ていないか。
貧血や薬の副作用を調べる 末梢血・・・白血球数が少ない場合は全身性エリテマトーデスか薬の副作用が考えられる。赤血球とヘモグロビンが少ない場合は貧血、薬の副作用による胃潰瘍などが考えられる。
血小板はリウマチの活動性が高いと増加、減っていると薬の副作用が考えられる。
関節液の検査 慢性関節リウマチの場合、関節液が増量し白血球の数値が著しく増えている
関節液の粘り気は低下、不透明になる
リウマチ因子がみられる
免疫複合体がみられる
補体が減少している
尿酸塩結晶があれば通風
尿検査 全身性エリテマトーデスで腎障害を伴う場合たんぱくが検出
通風の場合、たんぱくと尿酸結晶が検出
慢性関節リウマチの治療薬による腎障害では糖やたんぱくが検出
合併症の検査 シェーグレン症候群
アミロイドーシス
間質性肺炎・肺繊維症
慢性関節リウマチの診断基準 慢性関節リウマチの診断は問診や検査結果などから行われます。診断基準としてはアメリカ・リウマチ学会により提唱された診断基準が参考にされることが多いのですが、早期の慢性関節リウマチの診断が難しいことから、日本の厚生省は「早期リウマチ診断基準」を作成しています。

 リウマチ診断基準

朝起きたときに関節のこわばりが15分以上あり、その状態が一週間以上続いている
全身の3つ以上の関節の腫れが一週間以上続いている
手首や手指の第二、第三関節、または足首や足首の付け根の関節の腫れが一週間以上続いている
左右の同じ関節の腫れが一週間以上続いている
血液検査でリウマチ因子が陽性とでる
X線検査で、手または足の関節に変化がみられる
リウマチの診断基準についての詳しい説明はこちらから
 リウマチ治療
『リウマチ基礎療法』
正しい知識
自分に現在行われている治療は治療計画のどの辺にあるのか、それは自分にとってどうなのか、などを理解していきましょう。
安静
睡眠を充分にとり、昼寝にも1時間くらいは横になって静かにしていましょう。
リウマチの活動性が強い時は、日常生活動作を少なくし、安静の時間を長く持ちましょう。 リウマチは病気の性質上、痛みが強く、行動が制限されるため、患者さんにとっては想像を絶するほどにつらく、大変なものだと思います。 だからといって病気に負けてはいけません。気持ちの持ち方によって病状は左右されます。心を安らかにし、”生涯リウマチとつき合っていこう”というくらいの気持ちを持つことが大切です。
適度な運動
リウマチの方は適切な運動が大切です。どの運動を、いつ、何回ずつ行うかは、医師・理学療法士に相談し、その指示に従いましょう。
保温
リウマチの関節痛には、温度・湿度への対策が欠かせません。身体を冷やさない工夫や湿度が高くならないような配慮をする必要があります。 夏には冷房を使用することが多くなりますが、冷たい空気が身体に直接あたらないように、また冷えすぎないように気をつけましょう。 お風呂にはいるときは前もって脱衣室・浴室の温度をあげておき、充分な湯を使って温まりましょう。 身体をふくときは、タオルやバスタオルをたくさん用意しておき、水気を残さないようにしましょう。 髪は、ドライヤーなどで早めに乾かして下さい。 全身の入浴や、手や足を湯で温めることで、関節の痛みやこわばり感をやわらげることができます。
よい姿勢
背筋を自然にまっすぐに伸ばし、首と肩の力を抜き、よい姿勢を保つよう心がけましょう。 悪い姿勢は、筋肉や関節を常に緊張状態にして疲労を増加させます。
栄養
刺激の少ない、消化のよい、多品目でバランスのとれた食事をするよう心がけましょう。
蛋白質、カルシウム、ビタミン、鉄分を多く含む食品を摂りましょう。
肥満は下半身の負担になりますから、過食をさけ、ときどき体重を測定し、標準体重を保ちましょう。

『リウマチ薬物療法』
のみ薬や注射はリウマチ治療の中心になります。のみ薬は医師の指示に従って、きちんと内服を続けることが大切です。
定期的に診察を受け、病状の変化や痛みの状態を医師に相談してください。また副作用(発疹、口内炎、下痢、吐き気、便の色の異常など)があれば、早目に診察を受けましょう。
免疫療法薬(抗リウマチ薬、免疫抑制剤)
種類
一般名
商品名
副作用
抗リウマチ薬
金チオリンゴ酸ナトリウム
シオゾール

皮膚炎、たんぱく尿、口内炎、白血球減少、血小板減少など

オーラノフィン
リドーラ
下痢、胃腸障害、皮疹、口内炎、脱毛、血液障害など
D‐ペニシラミン
メタルカプターゼ
皮疹、血液障害、胃腸障害、肝・腎障害など
ブシラミン
リマチル
皮疹、口内炎、胃腸障害、肝・腎障害、血液障害など
ロベンザリット
カルフェニール

皮疹、胃腸障害、肝・腎障害など

アクタリット
オークル、モーバー
皮疹、胃腸障害、肝・腎障害など
サラゾスルファピリジン
サラゾピリン、
アザルフィジンEN
皮疹、肝障害、血液障害など
免疫抑制剤
メトトレキサート
リウマトレックス
皮膚炎、口内炎、肝・腎・骨髄障害、間質性肺炎など
サイクロフォスファミド
エンドキサン
骨髄抑制、出血性膀胱炎、胃腸障害など
アザチオプリン
イムラン
血液障害、肝障害、脱毛など
ミゾリビン
ブレディニン
皮疹、胃腸障害、肝・腎障害

 リウマチに期待されるキャッツクロー
キャッツクローの主成分である6つのオキシインドール・アルカロイドはイソテロポディンを筆頭に免疫機能正常化作用を持ち、さらにキノビック酸は抗炎作用をもたらす物質が関節の炎症を抑えます。免疫組織が活性化され、機能が正常化に向かうことによってリウマチは改善されるよになるのです。痛みを抑えるということに関しては、キャッツクローが含有するキノビック酸のグリコシドが主体となって、優れた「鎮痛・抗炎症作用」を発揮するということが専門医によっても実証されています。
こうしたキャッツクローの期待は主にアルカロイドと呼ばれる、自然の薬理成分によるものです。キャッツクローには、じつに6種類ものアルカロイドが含まれており、ほかのハーブにはあまり類をみません。ドイツのH・ワグナー博士は、キャッツクローに含まれているアルカロイドなかでもイソテロボデインという成分が免疫力を正常化する作用をつきとめました。さらに、キャッツクローに含まれているキノビック酸のグリコンシドは炎症を抑える効果が期待できます。副作用がなく体にやさしく安全です。

リウマチの痛みが軽減(60歳・女性・主婦)
発症当時は手足の関節が腫れあがり、一日中、痛みに悩されました。夜寝るときですら、はげしい痛みで何度も目が覚めたほどです。鎮痛効果の高いステロイド剤を飲むと痛みはおさまりましたが、血圧の上昇やむくみなどの副作用も強く、これではからだがもたないと思いました。そんな時キャッツクローを知ったのは2年前のこと。副作用がなくリウマチの痛みを軽減してくれるというので、さっそく試してみました。2ヵ月後には関節の腫れ、痛みがずいぶん軽くなりました。30年もリウマチで苦しんでいたのが今では元気に動き回っています。


リウマチが緩和(46歳・女性・主婦)
最初は指の関節に痛みが出てきたので、「突き指でもしたのか」と思いましたが、そのうち手首や肘、股関節まで痛くなりました。しだいに痛みは全身の関節まで回り、体を少し動かすだけでも痛みを感じるようになり、日常生活も困難になってきたのです。キャッツクロースーパーDXを飲み始めたのは2年前。副作用がなく、リウマチの痛みを軽減してくれるというので、すぐ注文して1日3回毎食前に3カプセルずつ飲むようにしました。
痛みが軽くならないかと期待していましたが2週間ほどたったら、ときおり痛みがスーッと引くので半年間辛抱くつづけたおかげで、全身の痛みが落ち着いてきました。かたくなっていた関節や、ガチガチになっていた手のひらがやわらかくなってきたのです。キャッツクロースーパーDXを飲みつづけて、ほんとうによかったと思います。


リウマチ因子がなくなった(48歳・女性・主婦)
リウマチと診断され病院からの薬と、漢方薬を飲んでいましたが、手首の関節の痛みがなかなか消えない状態が続いていました。そんな時友人からリウマチに効くキャッツクロースーパーDXの話をきき、とにかく飲んでみようと思い取り寄せてみました。
最初は半信半疑でしたが、2ヵ月になろうとしたとき手首の痛みが消え病院からもらう薬を飲まなくてよくなったのです。病院の検査でもリウマチ因子がなくなりました。
本当にキャッツクロースーパーDXの効果はすごいとおもいます。


手のこわばり解消(52歳・女性・パート)
突然手がこわばり痛みはヒザやひじなど、全身の関節に広がっていきました。これかリウマチではないかと思い、すぐ病院いきました。不幸中の幸いで、リウマチ反応はでませんでしたが、結局痛みの原因はわからずじまい。鎮痛剤を処方してもらいましたが、胃が荒れてしまうので飲まなくなりました。
手のこわばり、ヒザなどの関節痛がひどいとき、キャッツクローすーぱーDXを知りました。副作用がなく体にやさしく安全というので、試してみることにしたのです。私は2日3回に分けてキャッツクースーパーDXを飲みました。あれほどひどかった痛みがたった3週間で緩和されてきたのです。その後も順調に回復していき、半年後には80%がとれました。いままで無理だった正座ができるようになり、手のこわばりもいつの間にか解消されていました。
また、不思議なことにキャッツクロースーパーDXを飲み始めてからカゼもひかなくなりました。今までは年中行事みたいにカゼをひくことが多かったのですが、せきひとつしなくなったのです。おそらく体の抵抗力が強くなったのではないかと思います。キャッツクロースーパーDXのおかげで、痛みはとれるし、カゼはひかなくなるし、いいことがかり起こっています。まさにキャッツクローは自然の妙薬です。


手首の痛みこわばり改善の兆し(63歳・女性・主婦)
いわゆるリュウマチです。手首に痛み、こわばりなどがあり病院処方の薬を飲んでいます。
母が長年患っており、これも何かのご縁と思い購入します。いろいろサイトを見て回り検討したのですがやはりエーサプリメントさんでした。安全なカプセルと責任感あふれる販売方針が決め手でした。宜しくお願いいたします。 いつもお世話さまです。3回目の利用となります。改善の兆しがあるようです。しばらく続けてみたいと申しておりますので宜しくお願いいたします。



キャッツクローを飲み始めるのにおそすぎるということはありません。何十年もリウマチで苦しんでいても、痛みの緩和は期待できます。少しでも手応えを感じたら、辛抱強くつづけるのとが大事なようです。
                            薬用植物キャッツクローのご紹介     


キャッツクロースーパーDX純粋100%

一回目のお届け時に左の詰め替え容器をお送りいたします
アルミ袋のパッツクより、詰め替えてご愛飲ください

弊社は環境問題及びコスト削減を目的に詰め替え容器のご愛用をお願いいたしております

アルカロイドの抗炎作用・鎮痛作用で、慢性痛を緩和し免疫力を高めます。

 目安:1日3〜6カプセルほど
 成分:キャッツクロー樹皮粉末
 容量:100カプセル(35g)
 使用目安:1ヶ月ほど
 副作用:なし  
 通常価格7,000円               
 価格 6.300円
 表示価格は消費税込み価格

2回目以降のご注文では、アルミ袋パックにて、お届け致しますので、ガラス容器に詰め替えてご愛飲くださいませ

健康食品:ビタミン・ミネラルの補給1カプセル当たりの栄養成分表示
エネルギー:0.46Kcal 
たんぱく質:9.39mg 
脂質:0.51mg  
炭水化物:109.142mg 
ナトリュウム: 0mg   
添加物:無添加 


原産地:ペルー
製造会社:ビダ・ナチュラル社
品質保証:ペルー衛生省(ペルー衛生省食品衛生登録商品)
植物由来カプセル(NPcaps)

輸入検査:社団法人 日本衛生協会 食品衛生研究所  輸入許可:東京免疫所
注意:当ホームページは、エ−サプリメント によって、制作、管理、運営されております。
よって、内容、画像などを権利者に無断で複製、改変、第三者への譲渡、販売、頒布など、行うことを固く禁止致します。
Copyright c 2005 @SUPPLEMENT.Co Ltd, All rights reserved