リウマチの原因

 リウマチの原因ついて説明しております。

  リウマチの原因
リウマチがなぜ起きるのか、はっきりした原因はよくわかっていませんが、細菌からからだを守る免疫系の異常が原因として考えられています。このような免疫系の異常の要因としては、遺伝子的要因や感染したウイルスや細菌といった微生物による刺激の影響などがあげられます。 免疫系の異常によって、本来細菌やウイルスを攻撃するための免疫が、あやまって自分のからだを攻撃してしまい関節の炎症を引きおこします。さらにサイトカインとよばれるたんぱく質が過剰に作られ、その作用によって炎症がより悪化し、さらなる痛みや腫れ、関節の破壊が進んでいきます。
   リウマチの原因は自己免疫異常や遺伝など複合して起こる疾病
関節リウマチの原因は免疫のシステムに関係
関節リウマチが、なぜ起こるのか。その原因については、いまだに不明な点が多いのです。関節リウマチは、関節の骨膜という組織に慢性的な炎症が起こり、関節に痛みや腫れが生じる病気です。
炎症とは、体の一部が障害を受けたとき、それを修復しようとして働く反応です。
いずれにしても、なんらかの刺激が引き金になって関節内で免疫の仕組みが働き、炎症が起こり、それが骨膜を増殖させて、関節の破壊や変形がおこる。これが関節リウマチという病気の姿であることは確かなようです。

関節リウマチの原因は常任菌、ウイルス、ストレスもある
関節リウマチの病因に、体質的な遺伝子因子が考えられるとしても、それだけでは病気になりません。外から加わる環境的な因子があって、初めて発病するのです。
注目されているは体内にある常在在菌です。
体の免疫力が弱ったときに常在菌が増殖して、関節リウマチを引き起こす、という研究報告もあります。
原因として、いくつかのウイルスもあげられていますが、いずれも確定的なものではありません。
感染のほかに、外傷や精神的なストレスが加わったときに発病するのではないか、という考え方もあります。


関節リウマチの原因は遺伝的要素や性別などにも影響される
リウマトイド因子同様、決定的とはいえないのですが、最近、関節リウマチの患者さんの遺伝子に特有な傾向があるのが明らかになってきています。
これは免疫に関係の深い遺伝子であるHLAというタンパク質です。関節リウマチの患者さんにはDR4というタンパク質から作られたHLAをもっている人が健康な人の4〜5倍いることがわかりました。リウマチに限らず、自己免疫疾患は総じて男性より女性のほうが罹患率は高くなっています。
おそらく女性のほうがシ出産に備えて高度な免疫システムを持っていること、自己免疫作用を高める女性ホルモンなどが影響していると考えられています。

関節リウマチ 遺伝
関節リウマチの患者さんの血縁者にリウマチの人が多いという事実は、昔から知られていました。
全く同じ遺伝子を共有している一卵性双生児の場合、片方がある病気になったとき、もう片方が同じ病気にかかる確率を病気の一致率といいます。
リウマチの場合一致率は12〜15%ですが、遺伝子の半分を共有する二卵性双生児の場合には、この確率は15%の二分の一にあたる7.5%よりもっと少なく、約3.6%といわれています。
リウマチが百%遺伝するとすれば、一卵性双生児の片方がリウマチにかかった場合、もう片方がリウマチにかかる確率も百%のはずです。
したがって、リウマチの原因として遺伝が関係していることは関係していることは疑う余地がありませんが、一卵性双生児の例をみると「リウマチの発症に及ぼす遺伝の影響はおよそ15%以下」と言い表すことができます。




痛みをサポート
価格:6,300円(税込み)
送料:無料
決済手数料:無料
         名称:キャッツクロースーパーDX
内容量: 100カプセル(30g)
目安:1日3回、食後30分以内に、水又は100%オレンジジュースで1回につき1〜2カプセルを目安にお飲みください。
原料:キャッツクロー
原産地:ペルー
成分:キャッツクロー樹皮粉末
製造会社:ビダ・ナチュラル社(ペルー)
品質保証:ペルー厚生省
検査:社団法人 日本食品衛生協会 食品衛生研究所
食品衛生登録商品
植物由来カプセル(NPcaps)

リウマチの病気
リウマチは、数多くの関節に炎症が起きて、痛みや腫れをもたらす病気です。また、リウマチは一つの病気ではありません。

リウマチ原因
リウマチは、免疫の異常、遺伝的、環境的なリスク因子、リウマチを引き起こす原因は今も研究が進められていますが、確定的なものはありません。

リウマチの亜型
リウマチは、膠原病と重なるオーバーラップ症候群。他の免疫異常も病気を併発する場合もあります。関節だけでなく内臓にも障害が起こります。

リウマチ診断・検査
リウマチは関節以外の部分にも併発する病気です。薬の作用がどんなあらわれかたするかなどリウマチの診断は全身をトータルに見る必要があります。

リウマチ日常生活
毎日どう過ごすかはとても大切です。明るく前向きにエンジョイすることです。住まいや衣服、食生活、家庭生活などに心を配って暮らすことが大切。

リウマチ症状
リウマチの痛みのもとは骨膜の炎症。免疫システムが異常な反応を起こし硬膜を攻撃するのです。慢性化すると肉芽組織ができます。

リウマチ経過
リウマチは、発病後1〜2年の間に始まるといわれております。さらに進むと、関節はまったく動かせなくなります。発病後2年以内に治療を。

リウマチの自己チェック
リウマチの早期診断は、専門医でもむずかしとされています。まして、素人判断は困難です。微妙なシグナルをキャッチできるの自分だけ。

リウマチ治療
リウマチの治療の柱になるのが「基礎療法」「薬物療法」運動療法」「手術療法」です。前向きに病気に取り組むのとや病気の知識を理解をもつことが大切。

リウマチは女性に多い
リウマチは女性ホルモン(エストロゲンなど)が関係があるといわれています。出産後に免疫抑制が解除され免疫の働きが高まり自己免疫疾患が起こります。

カテゴリー
リウマチについて
リウマチの病気
リウマチ症状
リウマチ原因
リウマチ経過
リウマチの亜型
リウマチ自己チェック
リウマチ診断・検査
リウマチ治療
リウマチ日常生活
リウマチは女性に多い
キャッツクローの知識
キャッツクローとは
キャッツクローの働き
キャッツクローのこだわり
  キャッツクローの栽培地
キャッツクローの加工会社
当店のご案内
お問い合わせ
法律に関する表示
お試し用お申し込み
お支払いと送料
ご購入
個人情報の保護
会社概要

Copyright c 2005 a-supplement.Co Ltd, All rights reserved