リウマチと関節リウマチ

リウマチとは、関節部位が朝にこわばる、多くの関節が同様に痛みや腫れをおこしたり、変形したりするような病気です。
また、微熱、食欲不振、だるさ、などの全身の症状に悩まされることもあります。これらの症状が早期に見いだすことが最も重要です。
  リウマチ
関節リウマチは、膠原病のなかでも最も患者さんの数が多い病気で、日本では約70万〜100万人と推定されています。男女比は1対3と女性が多いのですが、発病しやすい年齢は30〜50歳代で、全身性エリテマトーデスのように若い女性に多いとうことはありません。しかし、小児や高齢者でも発病することがあります。関節リウマチは、数多くの関節に炎症が起きて、痛みや腫れをもたらす病気です。関節炎が進行すると、関節を構成する軟骨や骨が破壊されて変形したり、関節機能が失われて手や足が正常に動かせなくなったりすることもあります。
根本的な原因は、まだ解明されていませんが、ほかの膠原病と同じように「免疫」の異常が関係していることがわかっています。外敵が侵入していないのにのかかわらず免疫が働き、関節のなかにある骨膜というところに炎症を起こします。初期に適切な治療を行えば、重症化することをくい止めることができます。

リウマチの病気
リウマチは、数多くの関節に炎症が起きて、痛みや腫れをもたらす病気です。また、リウマチは一つの病気ではありません。

リウマチの原因
リウマチは、免疫の異常、遺伝的、環境的なリスク因子、リウマチを引き起こす原因は今も研究が進められていますが、確定的なものはありません。

リウマチの亜型
リウマチは、膠原病と重なるオーバーラップ症候群。他の免疫異常も病気を併発する場合もあります。関節だけでなく内臓にも障害が起こります。

リウマチの診断・検査
リウマチは関節以外の部分にも併発する病気です。薬の作用がどんなあらわれかたするかなどリウマチの診断は全身をトータルに見る必要があります。

リウマチの日常生活
毎日どう過ごすかはとても大切です。明るく前向きにエンジョイすることです。住まいや衣服、食生活、家庭生活などに心を配って暮らすことが大切。

リウマチの症状
リウマチの痛みのもとは骨膜の炎症。免疫システムが異常な反応を起こし硬膜を攻撃するのです。慢性化すると肉芽組織ができます。

リウマチの経過
リウマチは、発病後1〜2年の間に始まるといわれております。さらに進むと、関節はまったく動かせなくなります。発病後2年以内に治療を。

リウマチの自己チェック
リウマチの早期診断は、専門医でもむずかしとされています。まして、素人判断は困難です。微妙なシグナルをキャッチできるの自分だけ。

リウマチの治療
リウマチの治療の柱になるのが「基礎療法」「薬物療法」運動療法」「手術療法」です。前向きに病気に取り組むのとや病気の知識を理解をもつことが大切。

リウマチは女性に多い
リウマチは女性ホルモン(エストロゲンなど)が関係があるといわれています。出産後に免疫抑制が解除され免疫の働きが高まり自己免疫疾患が起こります。

カテゴリー
リウマチについて
リウマチの病気
リウマチの症状
リウマチの原因
リウマチの経過
リウマチの亜型
リウマチの自己チェック
リウマチの診断・検査
リウマチの治療
リウマチの日常生活
リウマチは女性に多い
キャッツクローの知識
キャッツクローとは
キャッツクローの働き
キャッツクローのこだわり
  キャッツクローの栽培地
キャッツクローの加工会社
当店のご案内
お問い合わせ
法律に関する表示
お試し用お申し込み
お支払いと送料
ご購入
個人情報の保護
会社概要
                       Copyright c 2005 a-supplement.Co Ltd, All rights reserved