生理痛の病気
生理特集
生理痛の病気
生理のトラブル
生理の悩み
生理周期
生理不順 妊娠
マカの関連情報
男性不妊
女性不妊
更年期障害
生理不順・生理痛
若返り・老化防止
ストレス
シミ・シワ・肌荒れ
自立神経ホルモン失調
眼精疲労
精力減退
物忘れ
マカのこだわり
マカの選びのポイント
マカの栽培地
マカの製造会社
マカのはたらき
お買い物情報
商品のお届け
お支払い方法
ご購入
お試し用
プライバシーの保護
 生理痛の病気
      生理痛の病気
とにかく痛い、生理痛!!
統計によれば、日本の女性の79%は『生理痛』の悩みを持っています。
『生理痛がない』という女性は僅か21%という結果です。
ビックリするのは、それだけじゃありません。
この『生理痛』の悩みを持っている 女性の1/3余りは、鎮痛剤を飲みながら、 何とか、日常生活を送っている、 といいます。 


      あなたは今、こんな風に悩んでいませんか?
家事や仕事など普段の生活ができなような痛みがある。
痛くて起き上がることもできない。
頭痛や吐き気、排便のときに痛みなどの症状がある。
外出中にめまいや痛み、座り込んだり、倒れたりしてしまう。
常にイライラして、周りに八つ当たりしてしまう。
食欲がなくなる。
市販の鎮痛剤では効果がない。
痛みが強すぎるので、自分の体はこのままで、大丈夫と不安を抱える。
婦人科では、薬を処方してくれるだけで、一向に痛みはなくならない。
子宮筋腫と診断され、ホルモン療法をすすめられているが、体の負担が心配。
将来、元気な子供が産めるか、すごく不安に思っている。

このように、生理痛で悩んでいる方はたくさんいます。 でも、鎮痛剤以外の確実な方法も分からず、相談する人もいなく、 生理痛を、憂鬱な気持ちのまま諦めてしまっているのです。
婦人科をはじめ、世間の常識として「生理痛は病気じゃないから」とされています。
ここがそもそもの間違いなんです。
生理痛は病気のサイン
です。



      生理痛や重い生理を放置しておくと
生理痛や重い生理は卵胞ホルモン過多、黄体ホルモン不足があることを示します。
このホルモンバランスの崩れを放置しておくと

子宮内膜増殖症、子宮腺筋症、子宮内膜症、子宮筋腫、子宮癌、卵巣のう腫、流産、不妊症などになる危険性が高くなります。
肥満、むくみ、乳房の繊維増殖症、乳癌、更年期障害、骨量低下、異常な疲れやすさ、高血圧、脳血栓、脳溢血、自己免疫病、アレルギー、皮膚病、女性の禿げなど、子宮や卵巣以外の病気が発生する危険性も高くなります。


      生理痛の種類
まずは大きく二つに分けられます。ひとつは子宮や卵管などになにか『目にみえるはっきりした異常』があって痛みが起こる場合(器質性)、もうひとつは『目にみえるはっきりした異常がない』のに痛みが起こる場合(機能性)があります。

 器質性生理痛

器質性の生理痛は原発性月経困難症とも呼ばれるもので、月経困難症の中では比較的数が少ないものです。
月経困難症になるような、直接的な病気があるもので、子宮筋腫や子宮内膜症など、子宮に関連する病気を持っていると考えられます。
市販の痛み止めを服用して生理痛をごまかさないようにしましょう。



 機能性生理痛

月経困難症の多くはこのタイプになります。特に10〜20代に多く見られます。
子宮の病気もないのに、日常生活を送ることもできないほど生理痛がある場合です。

機能性の生理痛では、原因になるプロスタグランジンという物質があり、ホルモンに似た働きを持ちます。
体中どこの臓器でも認められるものですが、生理痛にも大きく関係しています。この物質は、生理のときに子宮内膜で作られ、生理を起こすには必要なものです。

機能性の生理痛は、このプロスタグランジンが過剰に分泌されているせいだとされています。
病院での治療は対処療法で、鎮痛剤やピルなどで症状を軽減させます。
根本的に治したいのであれば、サプリメントや漢方薬などで体質改善をするといいでしょう。


      年々ひどくなる生理痛が特徴、子宮内膜症
子宮内膜症という病気を簡単に解説すると「子宮内膜という子宮の内腔を覆っている赤ちゃんのためのベットとなる膜が、子宮の中以外で増えてしまう病気」です。
一番多いのは30代の女性ですが、20代くらいから注意が必要! ナンと月経のある女性のうち10人に1人は子宮内膜症とも言われています。
エストロゲン(女性ホルモン)依存性の病気なので、月経がある数が多ければ多いほど(つまり妊娠・出産が減り、初潮年齢が早くなるほど)発育してしまいます。ですから、患者数も急増中&若年化中。
なんと昭和40年代に比べると患者数は3倍にも増えているといわれています。

また、環境ホルモン(ダイオキシン)の影響もいわれています。(ダイオキシンは体のなかで女性ホルモンと似た働きをするので子宮内膜症が増える原因になるといわれているのです。)
「年々ひどくなる生理痛」が一番の特徴! 9割のヒトに月経痛があるといわれます。
鎮痛剤が効かなくなるほどひどくなることもあります。
また、「性交痛」「不妊」なども特徴です。

ホルモンバランスの崩れは、 「必要な栄養素が不足している為に、 ホルモンがきちんと働けないよ」 という体のサインです。
ホルモンは、自分が体に入れたものが原料になって作られます。
ホルモンバランスの崩れも、自分で体に入れたものが原因です。
生理痛にはプロスタグランジンというホルモンの過剰分泌が関係しています。
このホルモンは子宮を収縮させる働きがあり、過剰に分泌されると必要以上に子宮が収縮し、生理痛の原因となります。


      生理痛の原因は、ホルモンバランスの崩れです
生理痛の原因は女性ホルモンのエストロゲンが減少したのが原因とも言われています。
このようにエストロゲン不足は女性の身体に大きな問題を引き起こしています。
エストロゲンは女性とって重要なホルモンです。
また、エストロゲンの分泌量は加齢とともに減少するため、ホルモンの分泌異常が起こるとも言われています。


      毎日のサプリメントで体質を改善しましょう

こうした ホルモンの分泌は、生理中だけで起こるわけではありません。
ですから、生理痛の改善には、そこときだけではなく、毎日の積み重ねで体質改善をすることがポイントです。
ことにエストロゲンの分泌にかかわるビタミンB6やストレスを緩和するビタミンB群をバランスよくとるよに心がけましよう。
アミノ酸やミネラルの働きでホルモンバランスを整えるマカは、お勧めです。

生理痛や生理不順は、婦人科系の臓器に生じた何らかの病気が原因で起こることもありますが、ホルモンバランスの乱れが原因になる場合も多いようです。こうしたケースには、生理を起こさせる働きのあるエストロゲンというホルモンの分泌を活発に力があるマカが影響しているようです。
 この場合も、マカを飲むことによってホルモンの分泌が促進され、ホルモンのバランスが整って、さらにマカのビタミンB群などの力によって血管の機能や新陳代謝も活性化されて、正常な生理になってきたと思われます。また、マカには生理痛を和らげる効果のあるビタミンEも含まれています。生理のときだけではなく、体質、症状改善にもお勧めいたします。





マカの良さをご実感頂く為に
マカお試し用1袋(30カプセル)定価2.040円を特別価格1.200円にてご準備いたしております
マカサポートDXのお試用お申し込みはこちらから

お試し用お申し込みの皆様に
内容量380mg×30カプセルとマカのをお送り申し上げます

*服用目安1日6〜9カプセル(*3日〜5日の目安で服用下さい


マカサポートDX純粋100%

 



一回目のお届け時に左の詰め替え容器をお送りいたします
アルミ袋のパッツクより、詰め替えてご愛飲ください

弊社は環境問題及びコスト削減を目的に詰め替え容器のご愛用をお願いいたしております

ホルモンバランスを調整し、 精力増強や活力増進をする

 目安:1日3〜6カプセルほど
 成分:微粒子のチューベの根
 容量:100カプセル(38g)
 使用目安:1ヶ月ほど
 副作用:なし                
 価格 6.800円
 表示価格は消費税込み価格

2回目以降のご注文では、アルミ袋パックにて、お届け致しますので、ガラス容器に詰め替えてご愛飲くださいませ



健康食品:ビタミン・ミネラルの補給1カプセル当たりの栄養成分表示
エネルギー:1.06Kcal 
たんぱく質:42.3mg 
脂質:4.9mg  
炭水化物:256.2mg 
ナトリュウム:0.1mg  
添加物:無添加 

原産地:ペルー
製造会社:ビダ・ナチュラル社
品質保証:ペルー衛生省(ペルー衛生省食品衛生登録商品)
植物由来カプセル(NPcaps)
輸入検査:社団法人 日本衛生協会 食品衛生研究所  輸入許可:東京免疫所
 注意:当ホームページは、 エ−サプリメント によって、制作、管理、運営されております。
よって、内容、画像などを権利者に無断で複製、改変、第三者への譲渡、販売、頒布など、行うことを固く禁止致します。
Copyright c 2005 @SUPPLEMENT.Co Ltd, All rights reserved