生理、生理不順、生理痛、生理のトラブル、生理周期について
生理特集
生理のトラブル
生理の悩み
生理周期
生理不順 妊娠
生理痛の病気
マカの関連情報
男性不妊
女性不妊
更年期障害
生理不順・生理痛
若返り・老化防止
ストレス
シミ・シワ・肌荒れ
自立神経ホルモン失調
眼精疲労
精力減退
物忘れ
マカのこだわり
マカの選びのポイント
マカの栽培地
マカの製造会社
マカのはたらき
 
お買い物情報
商品のお届け
お支払い方法
ご購入
お試し用
プライバシーの保護

 
  生理、生理周期についてご説明いたします。


生理の周期(生理が始まってから次の生理が始まる日の前日までの日数)は、約4週間(28日間)の周期で変化します。
その周期は卵胞期(約1週間),黄体期(約2週間)、月経期(約1週間)の、大きく3つに分けられます。この周期を作り出しているのは、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という卵巣から分泌される二つの女性ホルモンです。この2つの女性ホルモンのバランスの変化から、身体的,精神的な様々な特徴が見られます
 生理周期にかかわる二種類の女性ホルモン
体内のホルモンは、からだの状態を一定に保つ働きをしています。
女性ホルモンは、女性の体にいつも一定量あるわけではありません。
時期にあわせて必要な量だけ存在しています。
エストロゲン(卵胞ホルモン)は、美容ホルモンとも呼ばれ、女性らしい体つきや女性の魅力を引き出すホルモンであり、コラーゲンを増やす働きもあり、肌のつややはりが出ます。
また、骨のカルシウム量を維持する働きやコレステロールの調整機能もあります。
プロゲステロン(黄体ホルモン)は、妊娠サポートホルモンと呼ばれ、体温を上げる働きのほか、体に水分を保持したり食欲を増進したりする働きもあります。


 生理周期の特徴
 卵胞期(生理後絶頂期) 約1週間
月経期に成熟しはじめた卵胞が、エストロゲンを分泌し、子宮内膜が徐々に厚くなり受精の準備を始めます。
エストロゲンの分泌が最も盛んで、最も体調が良くなる時期で、肌にもハリやつやがでて、ニキビなどのトラブルも減ります。

副交感神経の働きも活発になり、気分的にも安定し、ダイエットの効果もでやすいと言われています。


心も体も絶好調。ダイエットや新しい事にチャレンジするのに最適の時期です。
多少の無理もきく時期ですが、「しすぎ」は禁物です。

※ 排卵期には、おりものが増え、体調が崩れたり、腹痛や不正出血が有る事も。

体は、 体調がいい、女性の魅力が高まる、むくみが取れ,体が軽くなる、リラックスできる
心は、 精神的に安定する、優しくなる外向的になる、自信がみなぎる、性欲が高まる
肌は、 つやとはりが出る,血行が良くなる、くすみが取れる,ニキビが減る

  (肌のコンディション抜群! 皮脂とりパック等、肌の刺激になるケアや新しい化粧品を 試すのも、この時期がおすすめです!)

 黄体期(デリケートな調整期・生理前の不調期) 約2週間
黄体ホルモンの分泌が高まり、妊娠に備えて子宮内膜がやわらかく厚くなります。
黄体ホルモンと卵胞ホルモンのバランスが急激に変化するので、精神的に不安定な状態ももたらし、気分が変わりやすくなります。
また、交感神経が優位になってくるので、心身ともに活発になります。皮脂分泌も多くなるのでニキビなどの肌トラブルも多くなってきます。PMS(月経前症候群)の症状がでてくるのもこの時期です。
(デリケートな調整期)
この時期に無理や不摂生をすると,次の時期に響くので注意!
心の安定と不安定が交錯する時期。判断力や集中力も体調もだんだんと低下していくので、ケアレスミスには要注意。
ペースダウンを心がけることが必要です。
体は、大きな不調は無いが・・・鼻血が出やすくなる、むくみや便秘,肩こりや腰痛が起こりやすくなる、食べた物がそのまま体につきやすい。
心は、活動的になる,テンションが高まる、笑ったりブルーになったりと躁鬱が激しくなる
肌は、抵抗力がある、皮脂分泌が高まる、自然な保湿ができ,乾燥を防げる

(生理前の不調期)
心も体もトラブルだらけ、無理な事はせず、ストレスをためないように心がけましょう。 体は、むくみ、便秘、肩こり、腰痛、胸が張って痛い、眠気が増したり、逆に眠れなくなる、体臭が強くなる、食べ過ぎる、甘い物が欲しくなる
心は、イライラ,怒りっぽくなる、やつあたり、集中力が無くなる、不安感,恐怖心を抱く、憂鬱,落ち込みがちになる

    
 (それらを食べる事で、紛らそうと、過食になる活動的になる)
肌は、ニキビ,肌荒れ、シミ、血行が悪くなる、クマやくすみが目立つ、アレルギー反応が起こりやすい,かゆみや湿疹が気になりやすい
甘いものが欲しくなる、人と会いたくない、そんな自分を受け入れることも大事。
ひとりでゆっくり過ごしたり、積極的にリラックスを心がけましょう。
判断力が鈍り、ケンカもしやすい時期。
親しい人に自分の状態を理解して貰って、決断が必要なことは月経後まで待つのが無難でしょう。

 月経期(生理中ブルー期) 1週間
黄体ホルモンの分泌が減り、不要になった子宮内膜が血液とともに体外に排出され、生理が始まります。
黄体ホルモンの分泌がなくなるので、体が冷え、血行も悪くなります。
肌も敏感になり、トラブルも起こりやすいようです。
体は、 生理痛、頭痛、胃の痛み、吐き気、むくみ、貧血、体がだるい、下痢
心は、 憂鬱、ブルー、神経質になる、匂いに過敏になる
肌は、 ニキビ、肌荒れ、毛穴が開き気味になる、乾燥しやすい、肌が過敏になる, かぶれや湿疹が起こりやすくなる

(血行が悪くなる時期なので、積極的に血行改善をしましょう)
・ ウォーキングや軽いストレッチで体をほぐす。
・ きついガードルや補正下着など、下着で締め付けない。
(食事にも充分注意しましょう)
鉄分、たんぱく質、カルシウムを補給しましょう。
月経により失われる鉄分を補給するためには、ひじき、海苔などの海藻類、小松菜、魚等を積極的に食べ、。ナッツ類やごま、かぼちゃ、アボカド等のビタミンEやしょうがなど血行を良くする作用があるものを意識して摂りましょう。

 月経トラブルを引き起こす主な病気
病  名
病気の内容
主な症状
治療法
子宮筋腫 子宮筋層にできる良性のコブ。
原因はわかっていない。
症状がないことも多いが、筋腫の位置や大きさによっては過多・過長月経、下腹部痛、腰痛、不妊症などが起こる。 薬物療法、手術など。
子宮内膜症 子宮内膜が本来の場所以外にできる病気。原因はよくわかっていない。 月経困難症、下腹部痛、腰痛、性交痛、不妊症など。 進行した場合、薬物療法や手術が必要となる。
子宮内膜炎 子宮内膜が何らかの病原菌の感染を受けてる病気。膣炎や子宮頸管炎が子宮内部にまで広がって起こることが多い。 不正出血、下腹部の不快感や下腹部痛、腰痛、おりものの増加など。 抗生物質を使用。ひどくなると入院が必要なることもある。
子宮膣びらん 重層扁平上皮という組織のおおわれているはずの子宮膣部が、子宮頸管をおおっている円柱上皮という組織に広くおおわれてしまうもの。肉眼で見ると子宮膣部が赤くただれて見えることから「びらん」と呼ばれる。

おりものの増加、不正出血。

ひどい症状がなければ治療の必要はない。症状がひどい場合冷凍凝固、レザー治療などでびらんを破壊し、重層扁平上皮の再生をはかる。
グラミジア頸管炎 子宮頸部がグラミジアに感染する病気。 脳のような黄色きて粘り気のあるおりものが出る。子宮が赤く腫れ上がってただれたようになるため、性行為のあとに出血することも。 抗生物質や抗菌剤、消炎剤などを使う。治療中の性行為は禁止。
子宮頸管ポリープ 子宮頸管の粘膜が増殖して子宮口から垂れ下がる病気。ポリープの大きさは2〜3ミリのものが多い。 痛みのないのがほとんどだが、おりものが増える。不正出血が起こることがある。 鉗子を使ってポリープをねじる取る。ほとんどの場合、入院の必要はない。
子宮内膜ポリープ 子宮内膜が過剰に増殖してポリープが形成される病気。ホルモンバランスの崩れなどによって起こる。子宮体がんとの識別が大切。 過多月経、不正出血、月経不順、月経困難症、不妊など。 子宮鏡による手術で切除する。おなかを切ることもなく、ほとんど場合、入院の必要はない。
子宮頸がん 子宮頸管に発生するがん。子宮がんの8割を占める。 初期のうちはほとんど症状がない。進行すると不正出血や悪臭のするおりもの、下腹部痛などが起こる。 初期の段階であれば、レザー光線で焼却したり、患部を切除することにより、子宮を残して治療することができる。
子宮体がん 子宮体部に発生するがん。近年増加している。妊娠、出産を経験していない人、回数の少ない人は発生頻度が高くなり、40代〜60代の女性に多くみられる。 初期のうちはこれといった症状はない。進行すると不正出血、下腹部痛、おりものの増加などが起こる。 初期であれば子宮のみを摘出する。進行した場合は子宮以外の臓器の摘出が必要なることもある。

女性ホルモンのエストロゲンの分泌を促進するマカ
エストロゲンは、女性にとって重要なホルモンです。マカが含有する必須アミノ酸、ミネラル等の有効成分が脳下垂体にやさしく働きかけることで体内で必要なホルモンを作る助けをするのだといわれています。さらには過剰なホルモンを抑える働きもあるのです。つまりマカが体に浸透してくるとホルモンの過不足が調節され、人間本来の持つべき最適なホルモンバランスに近づきます。
このエストロゲンの分泌がうまく行われていないために月経異常や、まったく月経のない無月経症を起こしている人が多くみられます。しかし、マカを飲むことによってエストロゲンの分泌が促進されれば、このような症状が改善されるのです。

生理不順と生理痛が改善(30代・女性・会社員)
  若いときから、周期の定まらない生理不順とひどい生理痛に悩まされていました。生理の間隔は長かったり短かったり、めちゃくちゃで、生理がひどいときは起き上がることもできず、会社も休むほどでした。
 病院に行こうと思っていたのですが、マカを試して様子を見ていったところ、しだいに生理の日が定まり、生理痛も和らいできたので、このまま飲み続けようと思っています。

生理痛や生理不順は、婦人科系の臓器に生じた何らかの病気が原因で起こることもありますが、ホルモンバランスの乱れが原因になる場合も多いようです。こうしたケースには、生理を起こさせる働きのあるエストロゲンというホルモンの分泌を活発に力があるマカが影響しているようです。
 この場合も、マカを飲むことによってホルモンの分泌が促進され、ホルモンのバランスが整って、さらにマカのビタミンB群などの力によって血管の機能や新陳代謝も活性化されて、正常な生理になってきたと思われます。また、マカには生理痛を和らげる効果のあるビタミンEも含まれています。生理のときだけではなく、体質、症状改善にもお勧めいたします。

 
 
      ホルモンバランスを正常化する副作用がなく純粋100%のマカのご紹介
私たちは、何よりもお客様の安全とご満足を大切に致したいと思っております。
天然100%の副作用がない健康食品でも、
私たちの経験では、人により合う、合わないもあるようです
初めてマカをお飲みになる方
いきなり商品をお求めになることが心配の方へ
他社商品をお飲みになられて実感が持てない方へ
一度安い価格のお試し用でお試しいただくことをお勧めしております。
ご自分に合うかどうか試されてから、ご判断されても遅くはございません。 

マカの良さをご実感頂く為に
マカお試用定価2.040円を特別価格1.200円にてご準備いたしております
マカサポートDXのお試用お申し込みはこちらから

試用お申し込みの皆様に
内容量350mg×30カプセルとマカの本をお送り申し上げます

*服用目安1日6〜9カプセル(*3日〜5日の目安で服用下さい


マカサポートDX純粋100%

 



一回目のお届け時に左の詰め替え容器をお送りいたします
アルミ袋のパッツクより、詰め替えてご愛飲ください

弊社は環境問題及びコスト削減を目的に詰め替え容器のご愛用をお願いいたしております

ホルモンバランスを調整し、 精力増強や活力増進をする

 目安:1日3〜6カプセルほど
 成分:微粒子のチューベの根
 容量:100カプセル(35g)
 使用目安:1ヶ月ほど
 副作用:なし                
 価格 6.800円
 表示価格は消費税込み価格

2回目以降のご注文では、アルミ袋パックにて、お届け致しますので、ガラス容器に詰め替えてご愛飲くださいませ

健康食品:ビタミン・ミネラルの補給1カプセル当たりの栄養成分表示
エネルギー:1.06Kcal 
たんぱく質:42.3mg 
脂質:4.9mg  
炭水化物:256.2mg 
ナトリュウム:0.1mg  
添加物:無添加 
原産地:ペルー
製造会社:ビダ・ナチュラル社
品質保証:ペルー衛生省(ペルー衛生省食品衛生登録商品)
品質保証期間:2009年5月 
植物由来カプセル(NPcaps)
輸入検査:社団法人 日本衛生協会 食品衛生研究所  輸入許可:東京免疫所
注意:当ホームページは、エ−サプリメントによって、制作、管理、運営されております。
よって、内容、画像などを権利者に無断で複製、改変、第三者への譲渡、販売、頒布など、行うことを固く禁止致します。
Copyright c 2005 @SUPPLEMENT.Co Ltd, All rights reserved