ストレス、ストレス解消に期待がもてる健康食品マカ  
マカの関連情報
男性不妊
女性不妊
更年期障害
生理不順・生理痛
若返り・老化防止
ストレス
シミ・シワ・肌荒れ
自立神経ホルモン失調
眼精疲労
精力減退
物忘れ
マカのこだわり
マカの選びのポイント
マカの栽培地
マカの製造会社
マカのはたらき
 
ショッピングのご案内
商品のお届け
お支払い方法
ご購入
お試し用
プライバシーの保護


ストレス、ストレス症状、ストレス解消についてご説明します
ストレス特集
ストレスチェック
 ストレス
ストレスというのは物理学の用語で「歪み」を広く意味する。ストレッサー(刺激)を受けたときに生じる体やこころのゆがみのことである。ストレッサーの刺激が強かったり、長く続いたりすることに心身が耐えられなくなって異常を生じた結果がストレス病である。
 ストレス種類
@物理的・化学的ストレス・・・・・・・騒音、温度、湿度、けが、有害物質、薬物、大気汚染など。
A生理的ストレス・・・・・・・・・・・・・過労、睡眠不足、栄養不足、ウイルス、細菌感染など。
B心理的・社会的ストレス・・・・・・人間関係の葛藤、欲求不満、不安、心配、緊張、怒り、失望など。
 ストレス要因

小児期・・・・・・母親の愛情不足・スキンシップ不足、両親の不和、厳しすぎるしつけ、放任など。
青年期・・・・・・親から自立する際の葛藤、友人や教師との関係、学業成績、進学問題、受験、恋愛、結婚、就職など。
成年期・・・・・・就職、転職、昇進、職場内の異動、仕事内容、出世競争、上司や部下との関係、通勤、倒産、失業、結婚、配偶者との関係、出産、育児、両親との関係、近所づきあいなど。
老年期・・・・・・子どもの独立、配偶者や近親者の病気・死亡、退職、経済的不安、生きがいの喪失、近所づきあいなど。

 ストレス原因
精神的な要因
・自分の能力に対する不安・職場や家庭の人間関係
・自分の将来に対する不安・長時間の緊張
身体的な要因
・過度な睡眠不足・身体の痛みや発熱
・病気や怪我・慢性疲労
環境的な要因
・不快な騒音・温度の変化
・気象の変化・排気など空気汚染
ストレスをため、発散できないでいると体のバランスが崩れて、さまざまな症状があらわれてきます。
 ストレス症状
ストレスがその人の許容範囲を超えると、心や体にサインが現れます。
ストレスで病気にならないためには、そのサイン見逃さないことが大切です。
●精神面の変化
情緒が不安定になり、イライラして不機嫌ななったり、気分が暗く落ち込んだりします。気力や集中力も低下し、仕事や家事もはかどらんくなります。ひどい場合は、強い不安感に襲われ、いても立ってもいられないような気分に陥ることもあります。人によっては、妄想や幻覚、せん妄(意識がこん混濁して、落ち着きがなくなり、錯覚や幻視などを伴う状態)などの精神症状が現れることもあります。
●身体面の変化
ストレスが過剰になると、自律神経系の働きが乱れます。そのため、主に自律神経失調症と呼ばれる症状が現れるようになります。具体的には、体がだるく、疲れやすくなります。また、頭痛、動悸、めまい、胸の痛み、呼吸困難、肩こりなどのほか、食欲不振、胸やけ、吐き気、腹部膨満感、便秘、下痢などの胃腸症状が起こることがあります。
 ストレスにかかりやすいタイプ
 
 
真面目几帳面
 
 
ストレスに陥りやすいタイプのなかで一番多い。完全主義者が多く、適当に妥協することができず、責任感も強いので、何もかも自分で背負い込んでしまう。いつも精神的緊張感があり、少しでもうまくいかないと、落ち込んでストレス状態に。
内向的消極的
誘われたときに「No」と言えない人は、言えない自分を反省してストレスに悩まされてしまう。内面的でおとなしい人がこのタイプ。いつもこの調子でいると、自己嫌悪の気持ちがたまっていき、ストレスヘと進んでいく。
頑固厳格
頭ごなしに決めつけたり、威圧的な態度をとる人は、ストレスをためやすいタイプ。がんこなゆえに他人のミスが許せず、誰かが失敗するとすぐカッカしてしまう。この怒りがストレッサーとなり、ストレスに陥ってしまう。
とりこし苦労
とりこし苦労ばかりしている人は「うまくいくかな、大丈夫かな」といつも不安な状態なので、心がやすまるひまがない。不安はストレス状態を引き起こす要因になるので、このタイプはいつも不安というストレッサーに怯えている。
 ストレス経過
ストレスの経過には3つの段階があります。
警告期〜「疲れたな」「体調が悪いな」というような危険信号が体から発せられます。
・血圧が上がったり下がったりします。
・イライラしたり、異様に肩こりしたりします。
・トラブルやミスが多くなります。
抵抗期〜ストレスに対して反発・抵抗する時期。疲労感が興奮に変わったり逆に脱力感に陥る。
・血圧の変調が本格化し、血糖も増えてきます。
・胃や心臓に異常が現れます。
・仕事を抱え込んだり、かえって仕事を休まなくなります。
疲弊期〜疲れきり、本当の病気に移行する時期。
・集中力がなくなり、もの忘れがひどくなります。
・やる気が起きなくなります。
・ストレス性潰瘍などの心身症になったり鬱病になります。
 ストレス解消
 
ストレスの種はこうして減らそう

サラリーマンなら
一度にいくつものことを考えず、目の前の仕事に頭を集中させよう
仕事がたくさんあるときほど、上手に小休止をはさもう
上司を恨んだり、部下を責めるより、自分の働きかけ方を変えてみよう
昼休みを気分転換に活用しよう
気がかりなことはメモに残し、頭の中に持ち込んだままにしない
仕事を離れた人間関係を大事にしよう
忙しい人こそ、休日は仕事を忘れて過ごそう

主婦なら
家事の中に楽しみを見つける工夫をしてみよう
子どもは距離を保って見守ろう
家族以外の話し相手、友人を持とう
家にこもりきりの人は、外出して気分転換をはかろう
隣は隣。まわりと比べるのはやめよう
うわさ話や陰口に振り回されず、笑って聞き流そう
共働きの主婦は、家事をひとりで抱え込まず、家族の協力を求めよう

 ストレスが引き起こす病気

 
病      名
症        状
心身症群 胃潰瘍・十二指腸潰瘍 胃潰瘍・十二指腸潰瘍の症状は吐血・胃痛・吐き気・胸焼けなどで、胃潰瘍・十二指腸潰瘍の原因として多いのはストレスや不規則な生活習慣です。
潰瘍性大腸炎 潰瘍性大腸炎は、激しい腹痛とともに粘液や血液の混じったひどい下痢が起きる原因不明の病気です。免疫学的反応に起因する他、脂肪代謝(エイコサノイドの代謝)、ストレスの影響も重要と考えられています。
過敏性腸症候群 下痢、便秘、交替性便通異常(下痢と便秘が交互に起こる)と腹痛がおもなものです。腹痛は必ずしも痛む場所が一定しません。近年、社会生活の複雑化に伴い、日常的に種々のストレスが加わるようになり、この病気が増加してきました。
神経性嘔吐 嘔吐の症状は、人それぞれで吐き気はするが嘔吐はしない、 激しく嘔吐する症状が続き、点滴治療が必要、吐き気(嘔吐)がある時期と、まったく症状がない時期を繰り返、 摂食障害へと移行していくなど。胃に病変があるのではなく、精神的なストレスによって引き起します。
本態性高血圧症 本態性高血圧症の原因ははっきりしませんが、引き金になる要因としては、加齢やストレス、塩分、高カロリーの食事、性別、家族歴、運動不足、酒、タバコなどが考えられます。
狭心症 現代人は、ストレスのかたまりといわれていますが、ストレスが高じるとホルモンのバランスが崩れ、血圧が上昇したり、冠状動脈が収縮し、血栓ができ易くなり狭心症や心筋梗塞を起こしやすくなります。
過呼吸症候群 過呼吸症候群とは、ストレスなどの原因で呼吸過多になり、頭痛やめまい、手の指先や口のまわりのしびれ、呼吸困難、失神など、さまざまな症状を起こすものです。
気管支ぜんそく 不安にかられていると、緊張から呼吸数が増えてますます呼吸し喘いでしまいます。もともと「気管支ぜんそく」を持病にもっている人がストレスを受けると、それがきっかけになってぜんそく発作が起きることも多いものです。それがいわゆる『ストレス性ぜんそく』です。
甲状腺機能亢進症 心理的なストレスが、バセドウ病の発症だけでなく経過にも影響を及ぼすことを示唆する報告がされています。
偏頭痛 睡眠不足が続いたり、疲れがたまる過労状態、仕事・人間関係などのさまざまな精神的ストレスは脳に影響を与えます。過労やストレスなどで脳が緊張状態になると、脳内の血管が収縮し、その後反動で血管が拡張するため、偏頭痛が起きやすくなります。
筋緊張性頭痛 筋緊張性頭痛とは、頭部(頭蓋骨)の周囲を取り巻く筋群の持続的な緊張によって引き起こされる頭痛です。心理的なストレス、身体的過労、上肢の過度の使用などで生じてきます。
書痙 書痙とは、字を書こうとすると、疼痛(とうつう)あるいはけいれんや不随意運動(ふずいいうんどう)などにより、字を書くことができなくなる病気(書字困難)です。心理的ストレスなどの要因が影響しており、心身症と考えられます。
痙性斜頸 主な症状は「首が曲がって前を向けない」ということです。ストレスで頸や肩の筋肉が緊張しすぎるとバランスがくずれて一方へ曲がるという結果になります。
関節リウマチ リウマチ患者さんの約3分の1がストレス(出産、過労、体の冷えなど)が原因となって発病したといわれています。最近の研究では、ストレスが過多になると免疫能力の異常をきたすという報告もあります。
腰痛症 心因性腰痛は、痛み的にはただの腰痛にそっくりで、気がつかない人がほとんどです。ストレスがなくなって、すぐに腰痛がなくなるといったケースがみられます。
頚肩腕症候群 頸、肩、腕から手指に及ぶ疼痛、麻痺、冷えなど神経や血管の症状を訴えるものを頸肩腕症候群と呼びます。一定の姿勢で長時間作業するような職業の人に見られるような筋緊張、またストレスなどが影響として考えられます。
緑内障 目が疲れると涙の循環が悪くなり、網膜に流れる血液の量も少なくなります。さらに、ストレスが加わると気のめぐりも悪くなって、緑内障が発症しやすい環境をつくってしまいます。
メニエール症候群 典型的なメニエール病は回転性めまい、難聴、耳鳴りが連動して起こります。めまい発作は不定期に繰り返し、往々にして精神的ストレスや過労時が発作の誘因となります。
円形脱毛症 円形脱毛症の原因の1つに、ストレスも考えられています。度を越してストレスを抱えることで頭皮が縮んでしまい、抜け毛や薄毛になるのではないかと考えられています。
インポテンツ 日常のちょっとしたことがストレスとなり、それが原因でEDを起こす場合です。
更年期障害 のぼせ・ほてり・多汗、めまい・耳鳴り、頭痛・頭重、肩こり・関節痛・腰痛、身体的要因と精神的ストレスとが作用し合うため、更年期障害とストレスの問題は、切り離して考えない訳にはいきません。
神経症群 心臓神経症 心臓そのものには異常がないにもかかわらず、心臓に関連した症状を訴えるこのような症状を、心臓神経症といいます。性格が、身体への不安ストレスを増幅します。
胃腸神経症 胃腸の病気はストレスによっても起こります。人の心と体の機能は密接に関連しているため、精神的・身体的ストレスがさまざまな身体疾患を引き起こします。
膀胱神経症 膀胱炎とは、膀胱内に細菌(大腸菌やブドウ球菌など)が侵入・繁殖することで炎症が起こる病気です。 身体の抵抗力や免疫力が弱まると細菌 が侵入、繁殖しやすく、ストレス、過労にも注意しましょう。
神経症 心臓神経症に限らず、神経性○○病といわれるものは同じような原因で起きていると考えられます。性格が、身体への不安ストレスを増幅しがちになるのですから、このような症状に悩む人は、その不安が新たなストレスになって悪循環が深まってしまわないようにしましょう。
不眠症 睡眠・覚醒リズムをつかさどる生体時計は、脳の中の視床下部の近くにある視交叉上核というところにあります。そのため、視床下部を経由して全身に伝達されるストレスなどの心理的な影響を受けやすいのです。
自律神経失調症 私たちのからだには、自分の意思とは関係なく自動的に働いて体の環境を調節する自律神経があります。自律神経には交感神経と副交感神経というたがいに正反対の働きをする二つの神経がバランスをとりながら機能しています。そして、この二つの神経の働きのバランスがストレスなどにより崩されと、「だるくて辛い」「動悸が激しい」「頭痛がする」「眠れない」などといったからだの変調を示すことになります。
うつ状態 神経症的抑うつ状態 いわゆるノイローゼのことですが、その主たる症状である不眠や不安感、抑うつ感、いらつき、疲労脱力感といった自覚症状はだれでも多少なりとも感じるものです。原因はストレスにあります。
反応性うつ病 心理的負担とともにうつ病が起こることを「反応性うつ病」と言います。国際的には認められていませんが、反応性うつ病もストレスが原因と言えます。

ストレスに強くなる栄養素
ストレスを完全に避けることは不可能です、そこで大切な事が上手なストレス解消とストレスに負けない体づくりなのです。ストレスはホルモンのバランスを崩す原因となりますが、体内のホルモンバランスを正常にもどし、かつストレスに強い体をつくってくれるのがマカです。ビタミンやミネラルは特に神経やストレス、免疫力に関する栄養素です。

ビタミンB群
ストレスに対抗し、神経のはたらきを保つ栄養素で、B1、B2、B6など8種類があります。
このビタミンB群は食事でとった3大栄養素(たんぱく質・脂肪・糖質)を消化したり、エネルギーに変えるとき、補酵素の役割をします。
ビタミンC
ストレスを遮断してくれます。コラーゲン合成を高め、血管や骨、軟骨、筋肉、皮膚などを丈夫に保ってくれます。免疫増強作用もあり美容効果や鉄の吸収を促す働きもあり、鉄欠乏を防ぐのに欠かせません。
カルシウム
イライラをしずめる働きをもっています。そもほか細胞代謝の活性化、ホルモン分泌の調整、免疫力強化などの作用を行います。

このようにビタビン、ミネラルには抗ストレス作用がありますが、これらをビタミン、ミネラルを有効に含んでいるのがマカです。マカは、緊張緩和、ストレス撃退という効果をもたらしてくれるのです。

 ストレス解消し強い体質をつくるマカ
マカの主成分は、タンパク質で各種の必須アミノ酸が大量に含まれています。また、マカにはビタミンB1・B2・B6・B12・C・Eやミネラル(カルシュウム・リン・鉄・亜鉛など)などの栄養成分が豊富に含まれている他、活性成分であるアルカロイド・アントシアイン・サボニン・テルベノイド・ステロイド・デキストリンを含みます。マカは、ストレスにより崩れたホルモンバランスを正常にもどすだけではなく、男性女性を問わずストレスに強い体質をつくります。

マカの成分は相乗効果によって、人体の免疫力を高め、病気にかかりにくくするだけではなく、自然治癒力も高めます。また、肉体疲労、精神疲労、栄養不良、記憶力の減退などを改善するだけでなく、ビタミンB群やC、カルシウムなどが神経の緊張を緩和し、現代人のストレスを解消する作用ももっています。米国航空宇宙局(NASA)では、宇宙飛行士のストレスや精神疲労を軽減するために、マカを宇宙食として採用しています。


ストレスが緩和(38歳・男性・会社員)
デスクワークが多く、いつもイライラしたり、原因不明の動悸が生じ頭の重い日々に悩まされ、ストレスが蓄積し心の重い毎日を過ごしていました。
友人の紹介でマカサポートDXを飲むようになってからは、ストレスが緩和し、きいきいきした日々を送っております。


ストレスが緩和(33歳・女性・主婦)
私はストレスで疲れ果てていました。毎日やらなくてはいけないことはたくさんあるのに、力も出ないし疲れはたまる一方でした。特に思い当たる原因もありません。
ある日、ホームページでマカサポートDXを知り「もしかしたらストレスが軽くなるかな・・・。」と思い飲んでみました。最初は興味本位でマカサポートDXを飲んでみたのですが、すると1週間で、疲労感がなくなりました。
本当にマカサポートDXを飲んで良かったと思います。




                ストレスの緩和に期待される純粋100%のマカのご紹介
初めてでちょっと不安
興味はあるけど、購入するには勇気がいる
本当に効果があらわれるの?
自分に合うのかな?
・・・などなど、初めてのお買い物は不安がいっぱいですよね。
そんなお客様の不安を解消するために、初めての方限定の「お試し用」のご案内です。



マカの良さをご実感頂く為に
マカお試用定価2.040円を特別価格1.200円にてご準備いたしております
マカサポートDXのお試用お申し込みはこちらから

試用お申し込みの皆様に
内容量350mg×30カプセルとマカの小冊子をプレゼントしています
*服用目安1日6〜9カプセル(*3日〜5日の目安で服用下さい)


マカサポートDX純粋100%

一回目のお届け時に左の詰め替え容器をお送りいたします
アルミ袋のパッツクより、詰め替えてご愛飲ください

弊社は環境問題及びコスト削減を目的に詰め替え容器のご愛用をお願いいたしております

ホルモンバランスを調整し、 精力増強や活力増進します

 目安:1日3〜6カプセルほど
 成分:微粒子のチューベの根
 容量:100カプセル(35g)
 使用目安:1ヶ月ほど
 副作用:なし                
 価格 6.800円
 表示価格は消費税込み価格

2回目以降のご注文では、アルミ袋パックにて、お届け致しますので、ガラス容器に詰め替えてご愛飲くださいませ

健康食品:ビタミン・ミネラルの補給1カプセル当たりの栄養成分表示
エネルギー:1.06Kcal 
たんぱく質:42.3mg 
脂質:4.9mg  
炭水化物:256.2mg 
ナトリュウム:0.1mg  
添加物:無添加 
原産地:ペルー
製造会社:ビダ・ナチュラル社
品質保証:ペルー衛生省(ペルー衛生省食品衛生登録商品)
品質保証期間:2009年5月 
植物由来カプセル(NPcaps)
輸入検査:社団法人 日本衛生協会 食品衛生研究所  輸入許可:東京免疫所
注意:当ホームページは、エーサプリメント によって、制作、管理、運営されております。
よって、内容、画像などを権利者に無断で複製、改変、第三者への譲渡、販売、頒布など、行うことを固く禁止致します。
Copyright c 2005 a-supplement.Co Ltd, All rights reserved