健康食品サプリメントキャッツクローは痛風の改善に期待されています
痛風特集
痛風食事
キャッツクローの情報
リウマチ
腰痛
関節痛・膝痛
痛風
炎症
抗がん
シミ・シワ・肌荒れ
免疫力の回復
キャッツクローこだわり
キャッツクロー有効成分
キャッツクローの栽培地
キャッツクロー製造会社
キャッツクロー はたらき
 
お買い物情報
商品のお届け
お支払い方法
ご購入
お試し用
プライバシーの保護


 痛風とはどんな病気
 
 

ある日突然、足の親ゆびの付け根の関節が赤く腫れて痛みだします。痛みは万力で締めつけられたように激烈で、2、3日は全く歩けなくなるほどの痛みです。発作的な症状なので痛風発作と呼びますが、これはたいていの場合、1週間から10日たつとしだいに治まって、しばらくすると全く症状がなくなります。ただし油断は禁物で、半年から1年たつとまた同じような発作がおこり、それを繰り返しているうちに、足首や膝の関節まで腫れはじめ、発作の間隔が次第に短くなってきます。このころになると、関節の症状だけでなく、腎臓などの内臓が侵されるようになってきます。華々しい関節の症状と深く静かに進行する内臓障害。陽と陰のある病気ですが、陰の方が目立たないのが重要です。

 痛風はなぜ男性に多のでしょう
痛風は圧倒的に男性に多い病気で、1992年の東京女子医大の調査では男性が98.5%で女性はわずか1.5%でした。これほど男女差のはっきりした病気も少ないのですが、理由もはっきりしています。痛風の原因である尿酸の血液中の濃度が女性は男性より低いからです。これは女性ホルモンに腎臓からの尿酸の排泄を促す働きがあり、閉経後に女性ホルモンの分泌が減ると尿酸値は少し上昇します。50歳を越えると男女の尿酸値の差は小さくなります。

痛風発作は血清尿酸値が7.0 mg/dlを越える状態が数年間以上は続かないと起こりません。この7.0mg /dlになるのに平均的な男性では尿酸値が1.5mg/dl上昇すると到達してしまいますが、女性では3.0 mg/dl上昇しないと到達しませんので女性はなかなか高尿酸血症にならず痛風にもなりにくいのです。

 痛風の診断は
確実な痛風の診断は、痛風の発作中の関節の中に尿酸の結晶があることを証明することです。これで診断は確定します。ただし痛風の症状は特徴的なので、普通は状況証拠で十分に診断が可能です。医師が使う痛風の診断基準は、次のようなものです。
1) 症状が出てから1日以内にピ−クに達する
2) 以前にも同じような症状があった
3) ひとつの関節だけに症状がある
4) 関節の部位が赤くなる
5) 関節が腫れている
6) 足の親ゆびの付け根の関節に激痛、腫れがある
7) 片足の親ゆびの付け根の関節に炎症がある
8) 片足の足首の周りの関節の炎症がある
9) 血液検査で尿酸値が高い
この9つの項目の6つ以上あてはまれば痛風である可能性が95%です。

 痛風と似た病気
足の病気で痛風と間違えやすいもの。
外反母趾 これは足の親ゆびの付け根の関節から先の骨が外側に曲がっている状態で、親ゆびの付け根が内側に突出します。この変形だけでも少し痛みますが、炎症を起こすとひどく痛むこともあります。
変形性骨関節炎 加齢に伴う骨、軟骨の変性です。歩き始めなどに痛みが出ますがひどく腫れることはありません。
蜂窩織炎(ほうかしきえん) 皮下に細菌が感染して、皮膚が腫れ上がる病気です。「水虫」などが原因になることもあります。
変形性腰椎症による足の痛みやしびれ 足の症状があり痛風を疑って受診する患者さんに意外に多いのが、腰椎の変形に伴う足の症状です。
偽痛風 ピロリン酸カルシウムという結晶が関節炎を起こす病気です。高齢者の膝関節や足首の関節に多くみられますが、男性も女性も同様に起こります。レントゲン写真をとると関節の中に石灰化が見られます。
慢性関節リウマチ たくさんの関節が慢性的に痛み、しだいに関節が変形して日常生活が不自由になるつらい病気です。女性に多く、痛風とは対照的です。
回帰性リウマチ 関節が急に腫れて痛む原因不明の病気です。痛風より症状は軽く、2、3日で治りますが、繰り返します。関節の変形はおこさず、血清尿酸値も正常です
  ※痛風と誤りやすい病気もたくさんありますので注意してください。

 痛風の原因は
痛風発作の原因は尿酸という物質です。尿酸はどんな人のからだの中にも一定量あって、血液などの体液に溶けて循環し、尿の中に濾し取られて捨てられます。ところが、何らかの原因で血液中の尿酸の濃度が上昇して飽和濃度を越えると、からだの中に蓄積してきます。溶けなくなった尿酸はナトリウムと塩(えん)を作り、結晶になります。尿酸の濃度が高い状態が続くと、この尿酸塩の結晶が関節の内面に沈着してきます。痛風発作は、尿酸塩に対してからだの防御機構である白血球が反応し、攻撃する時に起こります。
尿酸塩が関節に溜まると痛風発作になりますが、他の臓器にも溜まります。なかでも腎臓には尿酸が溜まりやすく、痛風発作のある人は腎機能に注意が必要です。さらに、痛風の人は心筋梗塞や、脳血管障害などの生命を脅かす成人病を合併する割合も高いのです。痛風発作の激痛は「尿酸が体に溜まっているよ、治療が必要だよ」という神様の警告と考えるべきでしょう。
 尿酸って何
痛風の原因である尿酸とは何でしょう。尿酸は炭素、窒素、酸素、水素の分子から出来た化学物質で、プリン体と呼ばれる物質のひとつです。プリン体には多くの種類があって、それぞれが多彩な作用を持っていますが、それらが最終的に分解され、尿の中に捨てられる形になったものが尿酸です。 尿酸の素になる物質は、DNAやRNAとよばれる核酸やATP(アデノシン三リン酸) という生体エネルギー物質です。普通の人の体内では一日約0.6gの尿酸が作られます。この尿酸の産出が多くなったり排泄が低下すると尿酸は体内に蓄積し、痛風を起こします。要するに、尿酸はプリン体の老廃物、つまり、廃棄物であって、プリン体の「ごみ処理」問題がうまくいかないと痛風になるわけです。

 尿酸値の正常値は
健康診断、人間ドック、住民検診などの検査を受けると、検査結果の報告が来ます。痛風の原因である尿酸の血液中の濃度は、「尿酸値」「血清尿酸値」と記入されています。男女ともにこの値が7.0 mg/dl以上では異常で、高尿酸血症と呼ばれます。痛風に関する研究が発表される学会の日本痛風・核酸代謝学会でも7.0 mg/dl以上を高尿酸血症とすることが確認されました。
よく検査結果の報告用紙には正常値とか標準値などが書かれていて、血清尿酸値の場合、男性で3.5〜70 mg/dl、女性で2.4〜5.8 mg/dlと記載されていることが多いのですが、これは参考程度に留めておいて結構です。尚、血清尿酸値が低い場合もあり、1.5mg/dl以下を低尿酸血症と呼びます。低尿酸血症の人の一部には尿路結石が起こることがあります。

 尿酸値を上昇させる要因
1)遺伝的な要因 病気は遺伝的素因に環境からの影響が加わって発病します。痛風の場合にも遺伝的体質が関連します。約20%ぐらいの痛風の患者さんには父親や叔父さん、従兄弟に痛風もちがいます。
2)食生活の問題 食事内容によっては尿酸値は上がりますが、厳密なプリン体制限は実際には困難で、長続きしません。最近では「これは食べてはいけない」という食品の制限はあまり指導しなくなりました。
それよりも食べる総量を制限することが大切です。痛風の人の60%には、肥満があり、肥満度が大きいほど尿酸値は高くなり、また肥満は痛風の人に多い合併症の大敵です。食事を減らし、よく歩き、標準体重を守ることが大切です。
痛風友の会の調査によると、食べる速度が速い、一回の食事量が多いと自覚している人の割合は、一般のサラリーマン500名では各々39.8%と30.4%でしたが、痛風の患者さん529名の場合は各々55.6%と51.0%とずっと多いことがわかりました。よく噛んで味わって食べるように注意しましょう。
3)飲酒の問題 アルコール飲料を飲むと尿酸値は一時的に上がります。アルコールが体内で分解される時に尿酸が作られること、その際にできる乳酸が体内に尿酸を蓄積すること、一部のアルコール飲料には尿酸の元になるプリン体が多く含まれていることなどがその主な原因です。アルコールが代謝されるときに尿酸値が上がるので、どんな種類のお酒でも尿酸値や痛風にはよくないわけですが、尿酸の素になるプリン体を含む量は種類によってかなり違います。プリン体は、ビールに最も多く含まれ、ウイスキー、ブランデー、焼酎などの蒸留酒はあまり含まれていません。
4)ストレスや、行動パターン ストレスは尿酸値を上昇させるようです。運動もやり方次第では尿酸値を上げ、特に激しい運動は尿酸値を一時的に上昇させます。発汗や下痢で脱水状態になったときも血清尿酸値は上昇します。
5)他の病気の影響 腎機能が低下したり、血液の病気があったりすると尿酸値が上がることがあります。悪性腫瘍が原因で高尿酸血症になることもありますので注意が必要です。
6)薬剤の影響 薬剤の中には、尿酸値を上昇させるものがあります。
サイアザイド系降圧利尿薬(フルイトランなど)
ループ利尿薬(ラシックスなど)
喘息の治療薬のテオフィリン(テオドールなど)
結核治療薬のピラジナマイド(ピラジナミドなど)
少量のアスピリン(小児用バファリンなど)

 日常注意するポイントは
尿酸値を下げるためには次のような点で日常生活の注意をしてください。
1)肥満を解消すること。 総カロリーを制限する、偏食を避け、多品目を少量づつ、ゆっくり噛んで、食べることが大切です。
2)アルコール飲料を控えること。 一気のみしない、たくさん飲まない、休肝日を設ける、ビールばかりにしないことを気を付けましょう。
3)積極的に水分を摂取すること。 季節を問わず尿が一日2リットル以上になるようにすることが理想ですが、少なくとも毎日2リットル以上の水分をとること。
4)軽い運動を行うこと。 ウォ−キングなどの有酸素運動は尿酸値を上げず、痛風の人に多い高血圧などの合併症にも有効です。
5)精神的ストレスをうまく緩和すること。 のんびりゆっくり型のストレス対策が必要です。

 痛風の治療に使用される主な薬
薬の種類
薬剤名
主な副作用
備考
非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)
COX-2阻害薬を含むすべての非ステロイド性抗炎症薬 胃の不調、出血、腎臓障害、血中カリウム濃度高値、ナトリウムとカリウムの貯留 急性の痛風発作時の治療、痛風発作の予防に使用
抗痛風薬
コルヒチン
下痢(高頻度にみられる)、骨髄による血球産生の抑制(用法が適切であれば非常にまれ)、皮膚への刺激 痛風発作の予防と治療に使用
コルチコステロイド薬
プレドニゾロン(内服)
浮腫、高血圧を伴うナトリウムの貯留 他の治療薬が使えない場合に限って使用されるが、劇的な有益性を示す
テブト酸プレドニゾロン、トリアムシノロンアセトニド(注射) 疼痛、不快感、使いすぎによる関節の損傷、炎症(ときにみられる)、感染症(まれ) 障害された関節が1、2カ所だけの場合に限って関節に注射
尿酸排泄促進薬
プロベネシド、スルフィンピラゾン 頭痛、吐き気、嘔吐、腎結石 血液中の尿酸濃度(尿酸値)を下げて痛風発作を予防するために長期的に投与される。アスピリンは併用できない
アロプリノール
胃の不調、皮膚の発疹、白血球数の減少、肝障害、腎障害、血管炎 尿酸値を下げて痛風発作を予防するために長期的に使用できる。すでに腎臓内にできている尿酸結晶や結石を除去する目的でも使用される

 痛風と合併症
痛風はほかの生活習慣病を招きます
痛風は高血圧、糖尿病などとともに生活習慣病の一つです。したがって、痛風などの生活習慣病を1つでも発病したときは、すでにほかの病気も発病していたり、発病しかかっていることが多いのです。
腎障害 腎臓は、病気になっても自覚症状があらわれにくい臓器で、「我慢強い臓器」ともいわれます。したがって、自覚症状があらわれたときには、腎機能障害が相当悪化していることになります。
尿路結石 尿路結石とは、尿中のカルシウム、マグネシウム、尿酸などが腎臓で結石となり、尿管や膀胱などにつまって激しい痛みを起こす病気です。痛みは脂汗をかくほど激しく、尿はにごり、血尿になることが多くみられます。
糖尿病 血液中のブドウ糖の量と、膵臓(すいぞう)から分泌されるインスリンというホルモンの作用のバランスに問題が生じ、結果的に血糖値が高くなるのが「糖尿病」です。
高脂血症 血液中の脂質(脂肪)、特にコレステロールと中性脂肪(トリグリセライド)が増えた状態のことをいいます。高脂血症は痛くもかゆくもなく全く自覚症状がありません。高脂血症は自覚症がでた時には、すでに心臓や脳または下肢の動脈硬化が進み、突然、脳梗塞のような脳動脈疾患や狭心症、心筋梗塞などの冠動脈疾患を引き起こします。
高血圧症 血圧とは血管の中の圧力で、高血圧症とは動脈に異常に高い圧がかかる状態で、 ほかっておくと色々な合併症を引き起こします。症状は、頭痛 ( 後頭部から肩にかけての痛み ) 、肩凝り、耳鳴り、めまい、動悸、吐き気、手足のしびれ等です。
虚血性心疾患 心臓を取り巻く冠動脈の血液が流れにくくなる、あるいは流れなくなることで起こる病気で、狭心症や心筋梗塞などがその代表です。虚血性心疾患の最も大きな原因は動脈硬化であり、発症には生活習慣が深く関わっています。
脳血管障害 脳内の血管の異常によって起きる脳や神経の病気です。血管に瘤(こぶ)状のふくらみができる「脳動脈瘤」(のうどうみゃくりゅう)、動脈硬化によって血栓ができ、血液の流れが滞る「脳血栓」(のうけっせん)などの疾患があります。

 痛風の痛みをキャッツクローで緩和
キャッツクローは、副作用も無く痛風などの炎症を治めて、痛みや腫れを改善します。 薬理学的にみてもキャッツクローには6種類のアルカロイド(イソテロポデイン、 テロポデイン、 イソミトラフィリン、 ミトラフィリン、 イソリンコフィリン、 リンコフィリン)と呼ばれる物質が相乗的に作用をして、生体内で鎮痛効果や抗炎症効果など有益な効果を発揮する事がわかっております。さらに、キャッツクローに含まれるキノビック酸のグリコシドは炎症を抑える作用がありまた、アルカロイドの相乗的な作用で痛みを緩和します。
特に、鎮痛・抗炎症作用は、一般的に普及している健康食品では見られない効用があり、毎日、痛みで苦しんでおられる痛風などの慢性疾患患者には、キャッツクローの研究者の間で、多くの実績と期待が寄せられております。

斎藤 隆志様 千葉県柏市 37歳 男性  
2ヵ月ほど仕事がなく毎日考え事をしていたら、足の指の関節が腫れていました。最初は蚊にでもさされて腫れているのだろうと思い、くすりを塗っていましたがなかなか腫れがおさまらず、そのうち歩くのがつらくなりました。
家の横にある整形外科に行き血液検査をしてもらった結果、あなたは通風ですと診断されました。知人にも通風の方がいて病院でもらう薬は胃を壊したりするので、気をつけたほうがいいと言われ飲んでいましたが、なかなか痛みの消えず胃の調子もよくありませんでした。たまたま新聞を読んでいると、痛風に効くキャッツクロースーパーDXの記事をみたのです。
注文して飲んでみました、1ヵ月ほどして痛みがとれ歩けるようになりました。本当に不思議でなりません。


杉山真次さん 日立市 62才男性
慢性の痛風で歩けない程に足の親指が痛み身動きが取れない状態でしたが、キャッツクロースーパーDXを飲み出して2週間ほどするとうそみたいに痛みがとれて、外に出て歩けるようになりました。不思議に思えてなりません。




                            薬用植物キャッツクローのご紹介     
私たちは、何よりもお客様の安全とご満足を大切に致したいと思っております。
天然100%の副作用がない健康食品でも、
私たちの経験では、人により合う、合わないもあるようです
初めてマカをお飲みになる方
いきなり商品をお求めになることが心配の方へ
他社商品をお飲みになられて実感が持てない方へ
一度安い価格のお試し用でお試しいただくことをお勧めしております。
ご自分に合うかどうか試されてから、ご判断されても遅くはございません。
 


キャッツクローの良さをご実感頂く為に
キャッツクロー お試用定価2.040円を特別価格1.200円にてご準備いたしております
キャッツクロースーパーDXのお試用お申し込みはこちらから

今ならお試し用お申し込みの皆様に
内容量350mg×30カプセルとキャッツクローの小冊子をプレゼントしたいます
*服用目安1日6〜9カプセル(*3日〜5日の目安で服用下さい)


キャッツクロースーパーDX純粋100%

一回目のお届け時に左の詰め替え容器をお送りいたします
アルミ袋のパッツクより、詰め替えてご愛飲ください

弊社は環境問題及びコスト削減を目的に詰め替え容器のご愛用をお願いいたしております

アルカロイドの抗炎作用・鎮痛作用で、慢性痛を緩和し免疫力を高めます。

 目安:1日3〜6カプセルほど
 成分:キャッツクロー樹皮粉末
 容量:100カプセル(35g)
 使用目安:1ヶ月ほど
 副作用:なし                
 価格 6.800円
 表示価格は消費税込み価格

2回目以降のご注文では、アルミ袋パックにて、お届け致しますので、ガラス容器に詰め替えてご愛飲くださいませ

健康食品:ビタミン・ミネラルの補給1カプセル当たりの栄養成分表示
エネルギー:0.46Kcal 
たんぱく質:9.39mg 
脂質:0.51mg  
炭水化物:109.142mg 
ナトリュウム: 0mg   
添加物:無添加 

原産地:ペルー
製造会社:ビダ・ナチュラル社
品質保証:ペルー衛生省(ペルー衛生省食品衛生登録商品)
植物由来カプセル(NPcaps)
輸入検査:社団法人 日本衛生協会 食品衛生研究所  輸入許可:東京免疫所
注意:当ホームページは、エ−サプリメント によって、制作、管理、運営されております。
よって、内容、画像などを権利者に無断で複製、改変、第三者への譲渡、販売、頒布など、行うことを固く禁止致します。
Copyright c 2005@SUPPLEMENT.Co Ltd, All rights reserved