痛風の食事 プリン体
痛風特集
痛風の食事
キャッツクローの情報
リウマチ
腰痛
関節痛・膝痛
痛風
炎症
抗がん
シミ・シワ・肌荒れ
免疫力の回復
キャッツクローこだわり
キャッツクロー有効成分
キャッツクローの栽培地
キャッツクロー製造会社
キャッツクロー はたらき
 
お買い物情報
商品のお届け
お支払い方法
ご購入
お試し用
プライバシーの保護


尿酸値が高い人はこんな食事が大好き
 
 

尿酸値を上昇させる食事
高尿酸血症には「排泄低下型」「 産生過剰型」、その両方の要素あわせ持つ「混合型」がありまが、いずれの場合も体内で作られる量と排泄される量のバランスがくずれた結果として起こります。
その要因のひとつが食事の量と質です。食べすぎによる肥満や偏った食生活は、高尿酸血症の重大危険因子とされています。

 その1    動物性食品が中心の高たんぱく・脂肪食
高たんぱく・高脂肪食といってもピンとこないかもしれませんが、「脂っこい肉料理が大好き」、「野菜料理がなくても、肉や魚をたっぷり食べれば満足する」という人はこのタイプです。

 その2    レバーやモツ、珍味を肴に毎晩多量にお酒を飲む
高尿酸血症の人はおしなべて高いプリント物が好物で、しかもお酒好きがおおいようです。焼き鳥ならレバー、煮込みはモツ、小鉢物ではあん肝や白子が大好物で、これらを肴についついお酒を飲みすぎていませんか?かつおやまぐろ、いかなども、プリン体を多く含んでいます。

 その3    一食抜きでも平気だが食べるときは大食い
食事が不規則なうえ、食べるとなったらエネルギーオーバーの大食に転じるというのも、よくあるパターンです。不規則な食事と大食いは栄養のバランスを欠き、エネルギーオーバーを招いて尿酸値を上昇させます。

 その4    野菜料理は苦手で塩辛い食品は大好き
野菜は尿をアルカリ化させる作用があります。これによって尿酸が固まりにくくなり、尿路結石を予防することができます。尿酸値の高い人は野菜が苦手という人が多いようです。高尿酸血症は高血圧症を合併しやすいので、できるだけ薄味になれるように心がけてください。

プリン体を多く含む食品を控えましょう
体内の尿酸は800mg〜1.2gあり、細胞が壊れて出てくる核酸の異化によってと、プリン体の生合成により700mgの尿酸が産生されます。これに対して、食事からのプリン体摂取は尿酸にして300〜400mgですので、食事の制限よりも体内での生成を抑えるほうが大切となっています。しかし、尿酸は水に溶けにくく、排泄量が大きくないことから食事プリン体制限も必要となります。食品中のプリン体が分解された最終産物が尿酸になりますので、尿酸値が高い人はプリン体を多く含む食品を控える必要があります。
プリン体を多く含む食品
あん肝、レバー、モツ、白子、牛肉ヒレ、ロース、えび、かにみそなど、主に動物性食品に多く含まれています。
魚の内臓
内臓を除くだけでも、プリン体は減少します。
いわしは、プリン体を多く含みますが、目刺し、煮干し、しらす干し、ちりめんじゃこ、アンチョビ、オイルサーディンも同じイワシです。
酒の肴としていわしの丸干し、朝食でのしらす干し、みりん干し、だしの素となる煮干しなど良く使われますので、気をつけましょう。またこれらは、塩分も高いので注意が必要です。
肉や魚のプリン体を減らす調理法
プリン体は、水溶性なため料理をするときには水中に溶け出します。肉や魚は茹で汁を捨てることにより、プリン体を減らせます。
旨味のする汁
プリン体は、水溶性なため、煮干し、かつお節、干ししいたけを使った出し汁には、プリン体が溶け出します。出し汁を使った料理にも注意が必要です。また、調味料のだしにもプリン体の一部である、旨味成分のイノシン酸を含むため使用には注意しましょう。
豚骨、鶏がらを使用したラーメンやスープ、肉を焼いたあとの肉汁など、旨味のする汁の部分にはプリン体は多く含まれていますので控えましょう。
食品中のプリン体含有量
分    類 食品名と1人前の分量 その分量に含まれるプリン体の量(mg)
たまにしか食べないがプリン体が極端に多い食品 あん肝(酒蒸し)50g
199.6
イサキの白子50g
152.8
牛焼肉レバー120g
122.2
プリン体の多い食品 牛肉ヒレステーキ200g
84.6
豚ロースステーキ200g
79.8
カツオ切身80g
72.2
クルマエビ80g
68.6
アジの干物60g
65.3
サンマ切身一切れ80g
54.4
マグロ切身一切れ80g
53.8
タラバガニ100g
47.4
ヒラメ切身一切れ80g
46.0
マダコ80g
45.8

体内での尿酸の産生を抑え、排泄を良くしましょう
1. アルコールを控えましょう
アルコールは肝臓での尿酸産生を増加させ、アルコールが体内で分解される時に作られるアセトアルデヒドは腎臓からの尿酸排泄を阻害します。またアルコールの飲みすぎは、高エネルギーとなり、エネルギー過剰につながり肥満の原因になります。これらのことからも、高尿酸血症の人は蒸留酒、醸造酒など種類に関係なく飲酒の制限が必要になります。
とくにビールは他のアルコール飲料と比べてプリン体が多く、エネルギーも高いので特に控えましょう。アルコール飲料の一日に取る目安は、ビールなら、小1本程度、日本酒なら一合弱、ウイスキーならシングル2杯程度、ワインなら200CCのいずれかに抑えましょう。

2. 果糖を控えましょう
果糖は尿酸産生を促進させるため摂取には注意が必要です。果糖は果物に多く含まれていますが、砂糖にも半分含まれます。果物、砂糖の過剰摂取は控えましょう。

3. 脂肪を控えましょう
高エネルギーであることと、尿酸排泄を低下させることから控えることが大切です。

水分を十分にとりましょう
水分を多く取り、尿量を多くすることで尿酸の排泄を良くし、尿中の尿酸を薄めるようにしましょう。一日の尿量は、2l以上になるようにしましょう。
水分といっても、アルコール飲料、ジュース、缶コーヒー、清涼飲料水などは高エネルギーになりますので控えましょう。水、ウーロン茶、お茶、麦茶などを十分にとりましょう。

野菜は十分に取りましょう

野菜は、ビタミン、ミネラルを多く含むアルカリ性食品です。
体内の酸性、アルカリ性は食事に関係なく調節されていますが、尿中は食事のとり方により多少変化します。尿酸は、アルカリ性、中性によく溶けます。
尿酸の排泄を促進させるためにも、野菜、果物、いも類などのアルカリ性食品を十分にとりましょう。
腎臓結石の予防にもなります。


塩分はは控えましょう
痛風は、高血圧、高脂血症などを悪化させます。血圧に関係する塩分は控えましょう。

バランスの良い食事にしましょう
高尿酸血症の人は 肉や魚に片寄った食事をしている人が多いのも特徴で このような場合、芋類、野菜、海藻、キノコ類などを適度に取り入れたバランスの良い食事を心掛けることが必要です。
バランスの良い食事は、合併症となる動脈硬化や腎臓病の予防のためにも必要です。

痛風と合併症
痛風はほかの生活習慣病を招きます
痛風は高血圧、糖尿病などとともに生活習慣病の一つです。したがって、痛風などの生活習慣病を1つでも発病したときは、すでにほかの病気も発病していたり、発病しかかっていることが多いのです。
腎障害 腎臓は、病気になっても自覚症状があらわれにくい臓器で、「我慢強い臓器」ともいわれます。したがって、自覚症状があらわれたときには、腎機能障害が相当悪化していることになります。
尿路結石 尿路結石とは、尿中のカルシウム、マグネシウム、尿酸などが腎臓で結石となり、尿管や膀胱などにつまって激しい痛みを起こす病気です。痛みは脂汗をかくほど激しく、尿はにごり、血尿になることが多くみられます。
糖尿病 血液中のブドウ糖の量と、膵臓(すいぞう)から分泌されるインスリンというホルモンの作用のバランスに問題が生じ、結果的に血糖値が高くなるのが「糖尿病」です。
高脂血症 血液中の脂質(脂肪)、特にコレステロールと中性脂肪(トリグリセライド)が増えた状態のことをいいます。高脂血症は痛くもかゆくもなく全く自覚症状がありません。高脂血症は自覚症がでた時には、すでに心臓や脳または下肢の動脈硬化が進み、突然、脳梗塞のような脳動脈疾患や狭心症、心筋梗塞などの冠動脈疾患を引き起こします。
高血圧症 血圧とは血管の中の圧力で、高血圧症とは動脈に異常に高い圧がかかる状態で、 ほかっておくと色々な合併症を引き起こします。症状は、頭痛 ( 後頭部から肩にかけての痛み ) 、肩凝り、耳鳴り、めまい、動悸、吐き気、手足のしびれ等です。
虚血性心疾患 心臓を取り巻く冠動脈の血液が流れにくくなる、あるいは流れなくなることで起こる病気で、狭心症や心筋梗塞などがその代表です。虚血性心疾患の最も大きな原因は動脈硬化であり、発症には生活習慣が深く関わっています。
脳血管障害 脳内の血管の異常によって起きる脳や神経の病気です。血管に瘤(こぶ)状のふくらみができる「脳動脈瘤」(のうどうみゃくりゅう)、動脈硬化によって血栓ができ、血液の流れが滞る「脳血栓」(のうけっせん)などの疾患があります。

エ−サプリメントこだわりのキャッツクローは高品質で痛風の痛みを緩和
キャッツクローは、副作用も無く痛風などの炎症を治めて、痛みや腫れを改善します。 薬理学的にみてもキャッツクローには6種類のアルカロイド(イソテロポデイン、 テロポデイン、 イソミトラフィリン、 ミトラフィリン、 イソリンコフィリン、 リンコフィリン)と呼ばれる物質が相乗的に作用をして、生体内で鎮痛効果や抗炎症効果など有益な効果を発揮する事がわかっております。さらに、キャッツクローに含まれるキノビック酸のグリコシドは炎症を抑える作用がありまた、アルカロイドの相乗的な作用で痛みを緩和します。
特に、鎮痛・抗炎症作用は、一般的に普及している健康食品では見られない効用があり、毎日、痛みで苦しんでおられる痛風などの慢性疾患患者には、キャッツクローの研究者の間で、多くの実績と期待が寄せられております。

斎藤 隆志様 千葉県柏市 37歳 男性  
2ヵ月ほど仕事がなく毎日考え事をしていたら、足の指の関節が腫れていました。最初は蚊にでもさされて腫れているのだろうと思い、くすりを塗っていましたがなかなか腫れがおさまらず、そのうち歩くのがつらくなりました。
家の横にある整形外科に行き血液検査をしてもらった結果、あなたは通風ですと診断されました。知人にも通風の方がいて病院でもらう薬は胃を壊したりするので、気をつけたほうがいいと言われ飲んでいましたが、なかなか痛みの消えず胃の調子もよくありませんでした。たまたま新聞を読んでいると、痛風に効くキャッツクローの記事をみたのです。
注文して飲んでみました、1ヵ月ほどして痛みがとれ歩けるようになりました。本当に不思議でなりません。


杉山真次さん 日立市 62才男性
慢性の痛風で歩けない程に足の親指が痛み身動きが取れない状態でしたが、キャッツクロースーパーDXを飲み出して2週間ほどするとうそみたいに痛みがとれて、外に出て歩けるようになりました。不思議に思えてなりません。




                            薬用植物キャッツクローのご紹介     
私たちは、何よりもお客様の安全とご満足を大切に致したいと思っております。
天然100%の副作用がない健康食品でも、
私たちの経験では、人により合う、合わないもあるようです
初めてマカをお飲みになる方
いきなり商品をお求めになることが心配の方へ
他社商品をお飲みになられて実感が持てない方へ
一度安い価格のお試し用でお試しいただくことをお勧めしております。
ご自分に合うかどうか試されてから、ご判断されても遅くはございません。
 


キャッツクローの良さをご実感頂く為に
キャッツクロー お試用定価2.040円を特別価格1.200円にてご準備いたしております
キャッツクロースーパーDXのお試用お申し込みはこちらから

今ならお試し用お申し込みの皆様に
内容量350mg×30カプセルとキャッツクローの小冊子をプレゼントしています
*服用目安1日6〜9カプセル(*3日〜5日の目安で服用下さい)


キャッツクロースーパーDX純粋100%

 



一回目のお届け時に左の詰め替え容器をお送りいたします
アルミ袋のパッツクより、詰め替えてご愛飲ください

弊社は環境問題及びコスト削減を目的に詰め替え容器のご愛用をお願いいたしております

アルカロイドの抗炎作用・鎮痛作用で、慢性痛を緩和し免疫力を高めます。

 目安:1日3〜6カプセルほど
 成分:キャッツクロー樹皮粉末
 容量:100カプセル(35g)
 使用目安:1ヶ月ほど
 副作用:なし                
 価格 6.800円
 表示価格は消費税込み価格

2回目以降のご注文では、アルミ袋パックにて、お届け致しますので、ガラス容器に詰め替えてご愛飲くださいませ

健康食品:ビタミン・ミネラルの補給1カプセル当たりの栄養成分表示
エネルギー:0.46Kcal 
たんぱく質:9.39mg 
脂質:0.51mg  
炭水化物:109.142mg 
ナトリュウム: 0mg   
添加物:無添加 

原産地:ペルー
製造会社:ビダ・ナチュラル社
品質保証:ペルー衛生省(ペルー衛生省食品衛生登録商品)
植物由来カプセル(NPcaps)
輸入検査:社団法人 日本衛生協会 食品衛生研究所  輸入許可:東京免疫所
注意:当ホームページは、エ−サプリメントによって、制作、管理、運営されております。
よって、内容、画像などを権利者に無断で複製、改変、第三者への譲渡、販売、頒布など、行うことを固く禁止致します。
Copyright c 2005@SUPPLEMENT.Co Ltd, All rights reserved