健康食品サプリメントマカは、成長ホルモンを整える効果が期待されます
マカの関連情報
男性不妊
女性不妊
更年期障害
生理不順・生理痛
若返り・老化防止
ストレス
シミ・シワ・肌荒れ
自立神経ホルモン失調
眼精疲労
精力減退
物忘れ
マカのこだわり
マカの選びのポイント
マカの栽培地
マカの製造会社
マカのはたらき
 
ショッピングのご案内
商品のお届け
お支払い方法
ご購入
お試し用
プライバシーの保護


 
 
 老化のメカニズム
人の細胞は、20歳くらいを境に増加から減少に転じると言われます。 これは生理的現象なので、どんなに医療技術が発達しても、おそらく避けることは不可能です。 細胞が減っていくとともに老化が進むと考えられます。 しかし、同じ年齢でも若く見える人、歳をとって見える人がいるのも事実です。 ということは、老化を防ぐことは出来ないが、遅らせることはできるはずです。
 老化の悪循環について
人は年を取るとともに体力が低下します。
           
この体力の低下にともない環境への適応能力が低下します。
           
このため、ストレスに対抗する能力が低下します。
           
ここから体調を壊したり、食べ過ぎて肥満になったりします。
            
これがまた体力の低下へとつながります。

 


この悪循環から、老化とは、体力の低下だけではなく、 ストレスや忍耐力などの心理的な部分に関する能力の低下も含んでいるとわかります。 しかし、このサイクルを断ち切ることが出来れば、老化を遅らせることが出来ると言えるでしょう。 、老化サイクルにはまってしまわないよう努力しましょう。

 身体の老化
「身体の老化」とは、身体的能力の低下、身体の機能の低下など身体に現れる老化現象です。 体の老化には遅らせることの出来ないものがあります。
 更年期障害 女性ホルモンの分泌が、閉経を機に急激に減少するために起こる身体の不調。
 眼の老化 老眼、白内障などは、水晶体の劣化が原因で起こる現象。
 毛髪の老化 頭皮の下にある細胞が老化して毛髪を作れなくなり、 さらに毛髪の根本を包む組織が破壊され、髪が抜けてしまう現象。
努力次第で遅らせることが出来る老化
 皮膚のシミしわ 皮膚の老化には個人差と部位による違いがあり、 皮膚の老化の80%以上が日光によるもの、日光のあたりやすい皮膚ほど早く老化します。 よって日焼け止めや帽子の使用などで日光にさらされないようにすることにより、老化を遅らせることが可能です。
 体力筋力 筋肉や骨の力は20歳くらいまでの間に発達し、それ以後はゆるやかに衰えていく。 これは成長ホルモンの分泌がこの年齢を境に激減するからである。 しかし、それ以降でも、ある程度の運動をしていれば体力、筋力の衰えを遅らせることができます。
歯のぐらつき抜け 歯周病などが直接の原因になる場合が多いです。 毎日の手入れ次第で80歳くらいまで入れ歯不要でいることができます。

 心の老化
「心の老化」とは喜怒哀楽などの情動が低下し、意欲や気力が低下することを言います。
 記憶力 記憶力は老化によって最も衰えやすく、 特に新しいことを覚える習慣がない人は衰えが早いです。 忘れても覚えようとすると、注意を集中させるなどのトレーニングになり、記憶力の老化を防ぐことができます。 また、睡眠不足、アルコールの飲みすぎなどは記憶力を衰えさせる一因になってしまいます。
 知 能 知能は、興味や感心が旺盛で、積極的に知的情報を得ている人ほど衰えにくいという調査報告があります。 また、知能の衰えがひどい人は、身体も不健康であることが多いとも言われます。
 性 格 人によって変化の仕方が異なります。 欠点が修正される方向に変わる場合、ますますひどくなる場合など両極端です。
 感 情 情熱や情動は年を取るとともに弱まっていきます。 さらに忍耐力も弱くなります。

人間は、なんといっても心の生き物です。心と身体のバランスが大切です。 老化の悪循環は、「身体の老化」が「心の老化」を招き、「心の老化」が「身体の老化」を招いています。すなわち、心身ともに気をつけなくてはならないということです。

 若返りに必要な成長ホルモン
成長ホルモンで老化を遅らせることは努力によって可能です。おなじ年齢のお年寄りでこうも違うのかと驚かされることがありますが、老化の差がでるのは、食習慣や労働環境などさまざま求められます。老化を防ぐポイントの一つは、成長ホルモンです。
正式にはヒト成長ホルモンといいますが、成長ホルモンは脳下垂体でつくられ分泌される、人間の生命活動の中でも最も重要なホルモンです。成長ホルモンの分泌は新生児で高く、20歳ぐらいから減少します。成長ホルモンの減り方が少ない人ほど若々しく、肌もハリや潤いがあります。逆に成長ホルモンの減り方が多い人ほど老化が進み、肌にもシワやシミが多く現れることになります。したがって、老化が進んでいる人は成長ホルモンが減っている可能性があります。

成長ホルモンを補充する治療法もありますが、アメリカなどでは最近様々な弊害が報告されてきていますし、費用が高額になりやすいです。しかしながら、アルギニンを多く含むマカを飲用すれば、こうした人為的治療に頼らずとも成長ホルモンを自力で増やすことができますので一時的な外部的なホルモン注入と違い、マカは長期飲用によって持続的に、しかもあなたの体内で自力で成長ホルモンの分泌を促すことができ、その成長ホルモンが老化を防ぎ若返りの促進が期待されます。

アルギニンは成長ホルモンの生成に不可欠な必須アミノ酸ですが、アメリカン植物治療センターの調べによると、アルギニンの含有量(100g当たり)は大豆で2600mg、鶏ムネ肉1500mgに対して、なんとマカは9940mgもあります。つまり、大豆の約3・8倍、鶏ムネ肉の約6・6倍ものアルギニンが含まれていることになります。

                          副作用がなく純粋100%のマカのご紹介
私たちは、何よりもお客様の安全とご満足を大切に致したいと思っております。
天然100%の副作用がない健康食品でも、
私たちの経験では、人により合う、合わないもあるようです
初めてマカをお飲みになる方
いきなり商品をお求めになることが心配の方へ
他社商品をお飲みになられて実感が持てない方へ
一度安い価格のお試し用でお試しいただくことをお勧めしております。
ご自分に合うかどうか試されてから、ご判断されても遅くはございません。
 


マカの良さをご実感頂く為に
マカお試用定価2.040円を特別価格1.200円にてご準備いたしております
マカサポートDXのお試用お申し込みはこちらから

今ならお試し用お申し込みの皆様に
内容量350mg×30カプセルとマカの本をお送り申し上げます
*服用目安1日6〜9カプセル(*3日〜5日の目安で服用下さい)


マカサポートDX純粋100%

一回目のお届け時に左の詰め替え容器をお送りいたします
アルミ袋のパッツクより、詰め替えてご愛飲ください

弊社は環境問題及びコスト削減を目的に詰め替え容器のご愛用をお願いいたしております

ホルモンバランスを調整し、 精力増強や活力増進をする

 目安:1日3〜6カプセルほど
 成分:微粒子のチューベの根
 容量:100カプセル(35g)
 使用目安:1ヶ月ほど
 副作用:なし                
 価格 6.800円
 表示価格は消費税込み価格

2回目以降のご注文では、アルミ袋パックにて、お届け致しますので、ガラス容器に詰め替えてご愛飲くださいませ

健康食品:ビタミン・ミネラルの補給1カプセル当たりの栄養成分表示
エネルギー:1.06Kcal 
たんぱく質:42.3mg 
脂質:4.9mg  
炭水化物:256.2mg 
ナトリュウム:0.1mg  
添加物:無添加 
原産地:ペルー
製造会社:ビダ・ナチュラル社
品質保証:ペルー衛生省(ペルー衛生省食品衛生登録商品)
品質保証期間:2009年5月 
植物由来カプセル(NPcaps)
輸入検査:社団法人 日本衛生協会 食品衛生研究所  輸入許可:東京免疫所
注意:当ホームページは、エ-サプリメントによって、制作、管理、運営されております。
よって、内容、画像などを権利者に無断で複製、改変、第三者への譲渡、販売、頒布など、行うことを固く禁止致します。
Copyright c 2005 a-supplement.Co Ltd, All rights reserved