女性ホルモンと生理周期について
女性ホルモンと1ヶ月の体のリズム、女性の体のサイクルは女性ホルモンに左右されています。自分の体のリズムを知ることが大切です。
     女性ホルモンと生理周期の関係について

女性ホルモンと生理周期

女性の体のサイクルは、女性ホルモンによって左右されています。エストロゲンプロゲステロンというふたつの異なった働きをもつホルモン。このふたつは、いつも同じ量を分泌しているわけではありません。
一定のリズムで増えたり減ったりします。実はこれが女性の生理の周期を決めているのです。生理の始まった日から次の生理が始まる前日まで月経周期といい、だいたい25日〜38日で1サイクルになります。
このサイクルの中で、女性の体の変化をみると、ホルモンの分泌によって(1)卵胞期(2)排卵期(3)黄体期(4)生理の4つに分類することができます。

体も心も順調な卵胞期
生理から、排卵が起こるまでの時期を卵胞期といいます。脳下垂体から卵胞刺激ホルモンが分泌され、卵巣にある卵胞が発育にともなってエストロゲンが分泌され、子宮内膜が厚くなります。つまり妊娠のための体の準備が整う期間です。卵胞期は体調はよく、心も安定す、お肌の調子もいいという、心身ともに元気な時期です。

妊娠OKの排卵期

脳下垂体から分泌される卵胞刺激ホルモン、黄体ホルモンの両方が急激に増え、その作用によって発育した卵胞の卵胞壁が破れ、卵子が飛び出します。これを排卵といいます。排卵は4、5日〜排卵後1日が妊娠が可能な時期です。
生理の周期が28日のひとなら、生理が始まってから14日目ぐらいに排卵が起こります。


不調が表れる黄体期

排卵後から次の生理まで黄体期といいます。排卵の終わった卵胞は黄体という組織になってプロゲステロンエストロゲンを分泌します。
排卵後はエストロゲンよりもプロゲステロンのほうがたくさん分泌されるようになり、そのため、心身ともに不安定になりやすい時期です。


妊娠しなければ生理が来ます

妊娠するとプロゲステロンエストロゲン、ふたつのホルモンの分泌は続きますが、妊娠しなかったときは、両方とも分泌量がガクンと減ります。そして、増殖した子宮の内膜がはがれ落ちて、血液と一緒に子宮の外に排出されます。これが生理です。
生理の期間は通常3〜7日間です。

エーサプリメントは、「より元気に、より健康に」を合言葉に、身体にやさしく負担もすくなく、その上安心と安全の、天然純粋100%のサプリメントで、お悩みの症状へのお役立ちをしたいと思っています。 お手軽なお試用もご準備いたしておりますので、まずはお試しくださいませ。         

女性ホルモンを整えるマカ
マカには、体内でホルモンをつくるときに不可欠なアミノ酸がたくさん含まれています。しかもマカのアミノ酸はきわめて良質で、その組成のバランスが非常に優れているといわれています。特にアルギニンは、ホルモンをコントロール中枢である脳の視床下部や下垂体の機能を活性化するのに不可欠なアミノ酸です。したがってアルギニンがからだの中に十分にあれば、必要なホルモンがバランスよく生成され、自律神経も正常に維持されていきます。                       >>>ホルモンバランスを整えるマカのご案内


女性ホルモンガイド
女性ホルモン
女性ホルモンと生理周期
女性ホルモンとストレス
女性ホルモンプチ更年期
    マカの知識
マカについて
マカの栽培地
マカの加工会社
当店のご案内
お問い合わせ
法律に関する表示
お支払いと送料
ご購入
お試し用お申し込み
個人情報の保護
会社概要
                       Copyright c 2005 a-supplement.Co Ltd, All rights reserved